ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



夫婦ふたりの余裕ある老後生活に必要と思う金額は月額37万円

−三井住友海上火災保険、元気な老後・万一の介護・損保会社への要望に関するアンケート調査−

2004/07/16(Fri.)

大人の青汁
 三井住友海上火災保険株式会社は、2004年3月11日から13日まで3日間にわたって開催された「第14回シルバーサービス展」に、「公的介護保険制度と損保の介護保険の関係」「三井住友海上の介護分野への取組」をテーマに出展し、開催期間中に来場者に実施したアンケート調査の結果をとりまとめた。

 アンケート調査は、テーマを「元気な老後」「万一の介護」「三井住友海上(損害保険会社)への要望」とし、有効回答数は456名だった。

 「元気な老後のための経済的準備」について聞いたところ、夫婦ふたりの余裕ある老後生活に必要な金額は、平均で月額364,868円(前年対比+3,227円)。いっぽう、夫婦ふたりの老後生活に最低でも必要な金額は、月額252,169円(前年対比-2,138円)で、両者のかい離は112,699円と前年の107,334円から5,365円拡大している。

 男女別にみると、余裕ある生活では男性平均361,180円・女性平均367,400円、最低でも必要な金額では男性平均255,966円・女性平均249,618円と、女性の人が両者の開きが大きい。最多回答は、余裕ある生活では40万円(2位は45万円)、最低でも必要な金額では25万円(2位は20万円)となっている。

 元気な老後のための経済的な準備については、「準備している」「検討中」の合計が74.6%と前年の78.8%から若干低下しているものの、老後の準備への関心の高さがうかがえる。

 年代別でみると、前年同様に年代が高い世代で「準備している」が多く(50代34.9%、60代44.1%、70代52.1%)、若年層では「考えたことはない」が多い(10代82.4%、20代47.4%)という対照的な結果となっている。また、30代・40代については「検討中」の割合が大きく、30代の「検討中」は59.4%(「準備している」は18.8%)、40代の「検討中」は56.8%(「準備している」は29.6%)となっている。

 元気な老後のための具体的な準備内容としては、例年同様に「預貯金」が最も多く42.4%(前年対比-3.1ポイント)を占めており、「生保の個人年金」が23.5%、「銀行・郵便局の個人年金」が17.1%と続き、「損保の年金タイプ商品」は10.6%(前年対比+0.1ポイント)となっている。

 生損保の年金の保険料(=掛け金)として妥当と思う金額は、全世代平均で月額8,016円(前年対比+115円)と前年から若干上昇した。最多回答は「5千円」で126人(29.4%)、「1万円」が119人(27.8%)、「3千円」が92人(21.5%)と続いている。

 「介護に関する意識・準備について」について聞いたところ、自分自身や家族が痴呆・寝たきりになったときの介護に必要と考える金額は、平均で月額228,398円(前年対比-1,835円)となっている。

 男女別にみると、男性平均236,667円に対して女性平均222,874円と、男性が女性を13,793円上回っている。また、介護経験の有無別にみると、「経験なし」の人の232,982円は「経験あり」の人の214,943円を18,039円上回っている。

 実際に介護のために支出可能な金額は、月額192,159円(対前年比+3,970円)と前年から若干上昇している。この金額と前述の“介護に必要と考える金額(228,398円)“とのかい離は36,239円と、前年の42,044円から5,805円縮小している。引き続き厳しい経済環境下ではあるものの、今後はこのかい離を埋める自助努力が求められる。

 自分自身の介護のための準備については、全体で18.0%(前年17.3%)が準備しており、検討中も含めると56.8%(前年56.7%)と60%近い人が準備または検討している。

 年代別では、「準備している」「検討中」の合計は、50代以上では高い(50代61.4%、60代76.3%、70代75.3%)のに対し、若年層は低い(10代29.4%、20代28.9%)結果。10代から40代についても「検討中」の割合は高くなってきており、公的介護保険制度の定着とともに介護に関する意識が高まっていることがうかがえる。

 「介護の準備をしている」「検討中」と回答した人についての具体的な準備内容では、「預貯金」が全体で47.0%(前年対比-2.0ポイント)、「生保・郵便局の介護保険」が23.5%(前年対比+3.3ポイント)、「損保の介護保険」が14.2%(前年対比+1.6ポイント)、「子どもと同居」が8.6%(前年対比-1.8ポイント)の順となっている。

 前年と比較すると、「預貯金」が一番多い点は変わりないが、「子どもと同居」に変わって「生保・郵便局の介護保険」「損保の介護保険」へのニーズが増えていることがうかがえる。

 訪問介護・老人ホーム・デイサービス等の家族以外の介護事業者のサービスの利用については、全体で「積極的に活用したい」との回答が75.7%(前年76.0%)と多く、公的介護保険制度における介護事業者のサービスの定着が進んでいることがうかがえる。男女別では、女性82.2%・男性67.0%と、前年同様に女性が大きく上回っている。

 介護経験の有無別では、「経験あり」の人の83.2%が「積極的に活用したい」と答えており、「経験なし」の人の73.7%を9.5ポイント上回っている。“(家族以外の介護事業者のサービスを積極的に利用したい場合に)利用したいサービス“では、「訪問介護」52.3%(前年34.8%)、「老人ホーム」24.3%(前年26.8%)、「デイサービス」23.4%(前年34.8%)の順となっており、在宅サービス同様に施設サービスのニーズも高いといえる。

 サービス別では「訪問介護」の割合が前年から大きく増加している。「介護事業者のサービス利用は少なくしたい(15.6%)」「あくまで家族に頼りたい(3.7%)」と介護事業者のサービスの利用に消極的に回答した人についての理由では、全体で「他人に介護してもらうのに抵抗感がある」が51.1%、「自己負担分の支払に負担感がある」が33.0%だった。

 これを男女別に見ると、男性・女性ともに最多回答は「他人に介護してもらうのに抵抗感がある」であったが、男性(57.1%)方が女性(45.7%)よりも他人による介護に抵抗があることがうかがえる。

 「損保の介護保険商品の活用・損保会社に期待するサービス」について聞いたところ、公的介護保険制度に加えて損保の介護保険を活用することについては、「活用したい」が33.3%(前年18.3%)、「検討したい」が27.6%(前年32.9%)、合算で61.0%と前年を9.8ポイント上回り、損保の介護保険のニーズが高まっている。

 損保の介護保険の月額保険料(=掛け金)として妥当と思う金額については、平均で6,597円(前年対比+296円)と上昇している。最多回答は「5千円」の108人(40.6%)、「3千円」の74人(27.8%)、「1万円」の50人(18.8%)と続いている。

 男女別では男性平均6,056円・女性平均6,699円、介護経験有無別では「経験あり」6,389円・「経験なし」6,453円となっている。

 損保会社に期待するサービス“では、「健康相談」18.5%、「介護相談」18.3%、「年金・資産運用相談」16.6%、「介護関連サービス」13.8%、「健康関連サービス」12.4%、「保険」7.4%、「資産運用」3.3%の順となっており、損保会社は保険以外にも健康・介護分野を中心に豊かなシニアライフに関する様々なサービスを期待されている。

 男女別では、男性は「介護相談」、「健康相談」・「年金・資産運用相談」の順で多く、女性は「健康相談」、「介護相談」、「年金・資産運用相談」の順となっている。また、年代別にみると、30代・40代・50代の最多回答は「年金・資産運用相談」(30代:19.0%、40代:23.4%、50代:19.2%)であったことが特筆される。


三井住友海上火災保険株式会社概要
  • ホームページ:三井住友海上
  • 所在地:東京都中央区新川2-27-2
  • 電話:03-3297-1111

関連記事

2005/11/22
視覚障害者や高齢者が音声で保険の内容を確認できる商品パンフレットを導入−三井住友海上、読み取り装置「スピーチオ」と「SPコード」を保険業界で先駆けて導入−

2005/08/19
70才以上の高齢者専用、満期返れい金重視型積立傷害保険を販売−三井住友海上、「スーパー晴れやか世代」−

2005/06/06
元気な老後・万一の介護・損保会社への要望に関するアンケート調査を実施−三井住友海上、老後生活、介護事業者のサービス、損保の介護保険商品などについて−

2005/01/13
老後資金を融資する「リバースモーゲージ」の取り扱い開始−中央三井信託銀行と三井住友海上、保険を活用した新たな仕組みを開発−

2004/07/16
夫婦ふたりの余裕ある老後生活に必要と思う金額は月額37万円−三井住友海上火災保険、元気な老後・万一の介護・損保会社への要望に関するアンケート調査−

2003/05/27
介護が長期化した場合の補償や家族の介護の補償機能を備えた民間介護保険を発売−三井住友海上火災保険、「V-CARE(ヴイケア)」−

2003/04/18
企業とNPOのコラボレーションによるモンゴル支援事業−三井住友海上火災保険とワールド・ビジョン・ジャパンが手編みセーターを送る活動などを展開−

2003/03/20
介護・福祉サービス事業者向け総合補償プランを発売、支援費制度に対応−三井住友海上、「福祉事業者総合補償プラン」−

2002/06/11
老後の生活や介護に必要な金額などをアンケート調査−東京海上火災保険と三井住友海上火災保険が共同実施−


民間介護保険・高齢・障害者対応保険関連記事

2006/12/06
三大疾病保障と介護保障を提供する無配当終身医療保険を発売−AIGスター生命、「プレミアメディプラス」−

2006/11/24
要介護状態になったときの収入を確保する保険を発売−ソニー生命保険、「5年ごと利差配当付終身介護保障保険」と「三大疾病収入保障保険(無配当)」−

2006/11/20
死亡保障に加え、重度の要介護状態にも高額の保障を行う保険を発売−大同生命保険、「無配当歳満期定期保険(生活障害保障型)」−

2006/09/27
保障を一生涯継続できるシニア向けの積立型傷害保険を販売−アメリカンホーム保険、「満期返れい金付まいにち安心」−

2006/09/15
介護リスクと三大疾病リスクをカバーする介護保険を発売−AIGスター生命、「無配当終身介護保険」−

2006/09/07
50歳から98歳までのシニア層を対象に幅広い補償を提供する傷害保険を発売−富士火災、「シニアの救急箱」−

2006/06/29
介護保障に特化したシンプルな保障内容の保険を発売−太陽生命保険、無配当年金払終身介護保障保険「一生健命イ・キ・ル」−

2006/06/23
介護保障を含む終身生命共済と個人長期生命共済の制度を改定−全労済、「新総合医療共済」と「新せいめい共済」−

2006/06/19
医療保障と介護保障を融合した新たな特約を発売−アフラック、「特約MAX21介護プラス」「充実医療&介護特約」−

2005/08/19
70才以上の高齢者専用、満期返れい金重視型積立傷害保険を販売−三井住友海上、「スーパー晴れやか世代」−

2005/08/03
保障内容を介護保障に特化した終身介護保障保険を発売−太陽生命保険、「一生健命」−

2005/06/07
40歳からの無配当介護保障定期保険を発売−富国生命、「安心ケア」−

2005/06/06
元気な老後・万一の介護・損保会社への要望に関するアンケート調査を実施−三井住友海上、老後生活、介護事業者のサービス、損保の介護保険商品などについて−

2005/05/23
50歳以降の年齢層を対象とした「介護保障保険」を発売−プルデンシャル生命、高齢者層を対象に、公的介護保険制度を補う商品として−

2005/04/19
40歳から70歳までの中高年層を対象とした5年ごと利差配当付医療保険を発売−明治安田生命保険、「医療保険MYどっく」−

2005/04/07
一時金や年金、介護保障を充実できるユニット・リンク保険(終身移行型)を発売−クレディ・スイス生命、「ユニット・リンクヴァリアス」−

2005/03/31
解約返戻金をなくし重度の介護状態を保障した「介護特約」を発売−ジブラルタ生命、保険料負担を抑えた介護保障を提供−

2005/03/15
生前給付特約「新介護保障特約」などを付加した生きるための保障を発売−三井生命、「ザ・ベクトルSatisfy」−

2005/03/03
聴覚障害者を対象とした自動車保険を発売−AIU保険、「アイドラ自動車保険」−

2004/12/24
満50歳〜79歳が対象の傷害保険を発売−アメリカンホーム保険、「まいにち安心」(アクティブシニア傷害保険)−

2004/12/15
高齢化社会に対応し「指定代理請求特約」を創設−ジブラルタ生命保険、カスタマー・フォーカスの一環として−

2004/07/16
夫婦ふたりの余裕ある老後生活に必要と思う金額は月額37万円−三井住友海上火災保険、元気な老後・万一の介護・損保会社への要望に関するアンケート調査−

2004/06/04
障害者を持つ家庭向け「割増年金支払特約」サービスを開始−プルデンシャル生命保険、同時に「年金の代理人請求制度」を導入−

2004/05/27
中高年齢層向け「太陽生命の保険組曲介護保障重点プラン」を発売−太陽生命保険、「5年ごと利差配当付終身保険」−

2004/05/17
公的介護保険制度の要介護認定に連動して給付金・保険金を支払う介護保障特約と5年ごと利差配当付終身介護保障保険を発売−太陽生命保険、介護保障特約改定と「とことん介護Fシリーズ」−

2004/04/15
公的介護保険の要介護2以上に連動する新介護保険商品を発売−富国生命保険、「ケア・イズムアドバンス」−

2004/03/25
要介護状態などをサポートする5年ごと利差配当付終身医療保険を発売−第一生命保険、「医療の王道」−

2004/02/13
生前給付型の介護保障サービスの取り扱いを開始−ジブラルタ生命保険、「介護前払特約」−

2003/11/10
84歳まで新規加入できる熟年向け傷害保険を発売−ニッセイ同和損害保険、「こつこつ倶楽部」−

2003/06/19
高齢者に対応した5年ごと利差配当付無選択型終身保険を発売−T&Dフィナンシャル生命保険、T&Dフィナンシャル生命無選択型終身保険「ウエルカム」−

2003/06/10
60歳以降の保障日数が延びる終身医療保険を通信販売−オリックス生命保険、「fit(フィット)」−

2003/05/27
介護が長期化した場合の補償や家族の介護の補償機能を備えた民間介護保険を発売−三井住友海上火災保険、「V-CARE(ヴイケア)」−

2003/04/24
寝たきりから長期の介護まで保障する介護保障特約を発売−住友生命保険、「らぶ30(サーティ)」−

2003/04/15
生前給付型の介護保障サービスを発売−プルデンシャル生命保険、「ナーシングケア特約」−

2003/04/09
満50歳から満80歳まで、だれでも入れるシニア向け長期保障傷害保険を発売−アメリカンホーム保険、「人生まだまだこれからだ」−

2003/04/04
公的介護保険連動型の給付を採り入れた2商品を発売−富国生命、「CARE・ISM(ケア・イズム)」と「そのとき安心プラン」−

2003/03/20
介護・福祉サービス事業者向け総合補償プランを発売、支援費制度に対応−三井住友海上、「福祉事業者総合補償プラン」−

2003/01/08
保険金・給付金・年金の指定代理請求制度を拡充−日本生命保険、「保険金・給付金・年金のお受取制度」−

2002/12/18
明治生命保険との商品ノウハウの交換により大型介護保障商品を発売−安田生命保険、「健康物語フルケア」と「新・短期入院特約」−

2002/11/22
公的介護保険の「要介護2」以上向け「特定状態給付保険」を発売−朝日生命保険、「特定状態給付保険」−

2002/09/27
「寝たきり」にならないレベルから保障する介護保険を発売−アメリカンファミリー生命、「一生やさしい介護保険介護MASTER」−

2002/08/02
5年ごと利差配当付、経営者向けの介護保障逓増定期保険を発売−三井生命保険、「経営自慢-R」−

2002/06/21
介護・長期生活保障保険「介護終身年金」を発売−朝日生命保険、「保険王」のパワーアップ第4弾として−

2002/03/29
業界初、夫婦の介護保障を1つの契約で可能に−富国生命保険「介護保障定期保険特約<妻型>」を発売−

2002/03/14
定額払の新型介護保険「介護補償保険」を発売−日本興亜損害保険、要介護状態全般を対象に−

2002/02/01
100歳満了の長期平準定期保険を発売−アリコジャパン、非喫煙者割引も−

2001/12/10
介護、3大疾病の保障、準備に40才以上が対象の新商品を発売−安田生命保険「はつらつ健康物語」「シニアの健康物語」−

2001/11/29
業界初、投信保有者への後遺障害補償サービス−日興コーディアル証券−

2001/09/03
日本初、1ADL障害状態から保障する民間介護保険−GEエジソン生命「GEエジソンの介護保険」を発売−

2001/02/27
民間介護保険分野の提携−明治生命保険と日本火災海上保険−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。