ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



高齢者を対象としたスポーツフェスティバルを開催、9種目を実施

−東京都高齢者研究・福祉振興財団と東京都、「第9回シニア健康スポーツフェスティバルTOKYO」−

2004/07/27(Tue.)

大人の青汁
 東京都高齢者研究・福祉振興財団は、「明るく活力ある長寿社会づくり」を推進することを目的に、東京都と共催して「第9回シニア健康スポーツフェスティバルTOKYO」を開催する。高齢者に適したスポーツや健康づくり活動を通して、社会参加や仲間づくり、世代間交流を進める狙い。

 参加対象者は、都内在住で2005年3月31日現在満59歳以上になる人。参加費は監督・選手を問わず一人1,000円となっている。

 種目は、ゲートボール・ラージボール卓球・テニス・ソフトテニス・ソフトボール・弓道・剣道・ロードレース・ペタンクの9種目で、開催期間は10月2日(土)〜11月4日(木)。日程・会場は種目により異なる。


財団法人東京都高齢者研究・福祉振興財団概要
関連記事

2007/02/05
高齢期特有の病気を予防するための食事や運動についての講座を開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、特別公開講座「食生活とサクセスフルエイジング」−

2007/01/29
地域の住民による「認知症予防」を考える無料講座を開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、第90回老年学公開講座「認知症に強いまちを作ろう!」−

2007/01/16
口腔機能、栄養状態、運動機能などに焦点をあてた介護予防講演会を開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、「あきらめない老化予防最前線」−

2006/10/13
「散歩のための第一歩、無理せずできる老化予防」をテーマとした講座を開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、「東京都老人総合研究所第87回老年学公開講座」−

2006/07/31
約2,000人のシニアが参加するスポーツイベントを開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、「第11回シニア健康スポーツフェスティバルTOKYO」−

2006/02/13
最先端の介護予防についてのシンポジウムを銀座で開催−東京都老人総合研究所、「介護予防サミットin東京」−

2006/02/01
認知症にならないまちづくりを考える講演会を開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、「認知症予防講演会」−

2006/01/27
「養老孟司氏に聞く、生きがいある高齢期の過ごし方」を開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、東京都老人総合研究所特別公開講座−

2005/11/14
シニア世代向け都民講座「地域への軟着陸〜退職後も社会参加でイキイキと〜」を開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、「東京都老人総合研究所第83回老年学公開講座」−

2005/10/12
老化ゲノムについての都民向け講座を開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、「ゲノムで知る長寿の秘密」−

2005/09/07
口や足のケアなど、身近な介護予防をテーマとした3つの講演を開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、「東京都老人総合研究所第81回老年学公開講座」−

2005/07/20
「第10回シニア健康スポーツフェスティバルTOKYO」の参加者を募集−東京都高齢者研究・福祉振興財団、約2,000人が参加見込み−

2004/07/27
高齢者を対象としたスポーツフェスティバルを開催、9種目を実施−東京都高齢者研究・福祉振興財団と東京都、「第9回シニア健康スポーツフェスティバルTOKYO」−

2004/04/19
事業者のためのサービス評価学習会を開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団「2004年度東京都福祉サービス第三者評価」−

2004/03/02
福祉サービス事業者に向け、第三者評価を生かすためのセミナーを開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団と東京都、「第三者評価セミナー2004」−

2004/02/12
要介護状態にならないための都民向け講演会を開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、「介護予防講演会 85歳現役への挑戦!〜今からでも遅くない介護予防の取り組み〜」−

2004/01/21
介護予防事業に取り組む専門職をサポートする介護予防実務指南書を刊行−東京都高齢者研究・福祉振興財団、「指導者のための介護予防完全マニュアル」−

2003/08/29
高齢期を過ごすための秘訣等の講座を無料・申込み不要で開催−東京都高齢者研究・福祉振興財団、「第73回老年学公開講座」−


イベント(2004年7月〜9月)関連記事

2004/09/30
障害者雇用優良事業所や優秀勤労障害者、障害者雇用に貢献した個人などを表彰−厚生労働省、「障害者雇用支援全国表彰式」−

2004/09/28
地域の障害者と家族の人々等を招待し「さつまいも収穫祭」を開催−アイシン精機、約300名を招待−

2004/09/21
視覚障害者の外出をIT機器でサポートするプロジェクトの実証実験を実施−日本サスティナブル・コミュニティ・センター(SCCJ)、「音のお出かけ地図」−

2004/09/17
医療・福祉の専門家による実践的ISOコンサルタント養成コースを開催−医療国際認証技研、2コース限定で実施−

2004/09/16
高年者のために高年者が教えるパソコン体験会を開催−トランスジェンダーネットワーク、「高年者のためのパソコン体験会」−

2004/09/10
オリンピック発祥のアテネの地で初のパラリンピックに合わせて取材プロジェクトを展開−国際障害者スポーツ写真連絡協議会(パラフォト)「2004パラフォト・アテネ取材プロジェクト」−

2004/09/09
全国のイトーヨーカドーで「無料介護相談」を開催−ニチイ学館、イトーヨーカ堂の敬老の日キャンペーンに協賛−

2004/09/03
在宅医療・介護に携わっている人へ向けた介護食提案と情報交換、懇談パーティーを開催−在宅栄養アドバイザーE-net、「第9回フーズパーティー」−

2004/09/01
「障害について知っておきたいこと・知ってほしいこと」の意見を募集−内閣府、障害に係る具体的な啓発内容の検討の参考に−

2004/08/23
障害者を対象にヨットの楽しさを知ってもらうイベントを開催−アイシン精機、「さわやかふれあいセーリング体験教室」−

2004/08/18
障害者や高齢者に向けたWEBアクセシビリティをテーマにセミナーを開催−毎日新聞社、第1回「ユニバーサロン・アクセシビリティセミナー」−

2004/08/12
学生向け介護福祉の合同就職説明会を開催−「ケア人材バンク」を運営するエス・エム・エス−

2004/08/09
各社ユニバーサルデザインフード商品詰め合わせをプレゼント−日本介護食品協議会、「敬老の日ユニバーサルデザインフードプレゼントキャンペーン」−

2004/08/06
「第11回全国中途失聴者・難聴者福祉大会 in Tokyo」を開催−全日本難聴者・中途失聴者団体連合会と東京都中途失聴・難聴者協会−

2004/08/02
情報分野のバリアフリーに関するJIS規格についてのセミナーを開催−アライド・ブレインズ、第2回A.A.O.セミナー「WebアクセシビリティJIS規格対応」−

2004/07/30
ユニットケアと痴呆ケアに特化した施設訪問や実践研修を含む研修ツアーを開催−ラ・ヴィータ、「メルボルンユニットケア・痴呆ケア研修ツアー」−

2004/07/27
高齢者を対象としたスポーツフェスティバルを開催、9種目を実施−東京都高齢者研究・福祉振興財団と東京都、「第9回シニア健康スポーツフェスティバルTOKYO」−

2004/07/16
イベント「自立支援のためのテクノロジーの活用」を開催マジカル・トイ・ボックス、ナムコ、日立、MES、AT-Marketなども参加

2004/07/13
「国際モダンホスピタルショウ2004」「病院・福祉施設住環境フェア2004」を同時開催−日本経営協会と日本病院会、他、2つの展示会を同時に開催−

2004/07/07
「心の輪を広げる体験作文」「障害者週間のポスター」を募集−内閣府、12月の障害者週間に向け−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。