ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



高齢者向けリハビリテインメントマシンを発売

−ナムコ、「太鼓の達人RT〜日本の心〜」−

2004/09/17(Fri.)

大人の青汁
 エンターテインメント企業の株式会社ナムコは、高齢者用リハビリテインメントマシン「太鼓の達人RT〜日本の心〜」を開発。11月中旬より全国の病院・デイサービスセンター向けに発売する。また、2003年3月から発売している「太鼓の達人RT(ver.4)」向けに、「太鼓の達人RT〜日本の心〜」バージョンソフトの発売も行う。共にオープン価格を予定。

 リハビリテインメントマシンとは、ゲームの要素を取り入れて、高齢者や障害のある人が楽しみながら機能回復やトレーニング効果が得られることを目的としたゲーム機器。同社では「ワニワニパニックRT」をはじめ様々なゲーム機をラインアップしている。

 「太鼓の達人RT〜日本の心〜」は、高齢者が楽しい時間を過ごすことで、心身機能の維持と活性化を期待して開発したリハビリテインメントマシンのひとつ。高齢者が「太鼓の達人」の面白さを実感できるよう様々な工夫を行い、音楽療法士の協力で民謡・唱歌・童謡など20曲を収録した。

 音楽療法とは、音楽に備わっている心理的・生理的・社会的な働きを活用して、心身の成長・発達を援助したり、心理的な悩みの解決に力を貸したり、生きる意欲を高めたりすることを目的にした、音楽による心理療法のこと。

 車いすの人でも手が届くよう太鼓は低い移動式の台座に設置、握力の弱い人にも叩き易くするため、バチには握力支援ベルトを付けたほか、「かんたんコース」は練習用としても使えるような打点を、「ふつうコース」は音楽性を重視した打点を設定し、穏やかにかつのりやすさを追求した。

 また、楽曲にあわせて太鼓を叩くモードのほかにオリジナルの「太鼓を叩く」モードを収録した。このモードでは、太鼓を叩くとモニターに花火が上がり、太鼓の音色だけが響き渡る。楽曲が流れないため、カラオケや体操などといったレクリエーションやイベントにも活用できる。

 なお、「太鼓の達人RT〜日本の心〜」は2004年10月1日オープン予定のナムコが運営する通所介護事業所「かいかや」にも設置するほか、2004年10月より、フランスベッド株式会社がリハビリテインメントマシンの販売代理店になる。


太鼓の達人RT〜日本の心〜「画面(開発中のもの)」
写真:太鼓の達人RT〜日本の心〜「画面(開発中のもの)」


太鼓の達人RT〜日本の心〜「筐体」
写真:太鼓の達人RT〜日本の心〜「筐体」


株式会社ナムコ概要
関連記事

2006/10/26
中高年齢層向け「テレビゲーム講座」を開催−ナムコ、コミュニティサロン「談話室かいかや」秋の公開講座として−

2006/09/26
楽しみながら運動機能と脳機能を活性化する新リハビリテインメントマシンを発売−ナムコ、「ドキドキへび退治RT」−

2006/03/17
中高齢者層が気軽に集えるコミュニティサロンを開設−ナムコ、「談話室かいかや」−

2005/06/03
障害者・高齢者向け携帯用会話補助装置「トーキングエイド」の軽量・小型版を発売−ナムコ、「トーキングエイドライト」−

2005/03/01
エンターテインメント要素を持ったデイサービスセンター2号店を開設−ナムコ、神奈川県綾瀬市に−

2004/09/30
横浜ワールドポーターズにデイサービスセンターを開設−ナムコ、「かいかや」−

2004/09/17
高齢者向けリハビリテインメントマシンを発売−ナムコ、「太鼓の達人RT〜日本の心〜」−

2004/07/07
ゲーム機を利用し、要支援・介護高齢者の身体機能を維持・向上−ナムコと九州大学、リハビリテインメントマシンの有効性を初めて科学的に実証−

2004/01/28
高齢者と園児、施設、ボランティア、企業によるイベント−ナムコ、高齢者施設でのバリアフリーエンターテインメントイベントに協力−

2003/10/17
電子メールや電話対応機能を搭載した携帯型意思伝達装置を発売−ナムコ、「トーキングエイドIT」−

2003/10/14
「第30回国際福祉機器展H.C.R.2003」に出展−ナムコ、ヤマハ発動機がブース概要を公表−

2003/09/02
デイサービスセンター「ささえ愛」にて介護現場を見直すイベント−ナムコ、銀の舟グループと共催−

2003/05/29
「バリアフリーエンターテインメントイベント」を開催−ナムコ、長野の福祉複合施設「あさぎりの郷」にて−

2001/07/26
楽しめるリハビリ空間をプロデュース−ゲームメーカーのナムコ、病院内に「妖精の森」を−

2000/01/17
ナムコ、ケアハウスにゲーム空間

1999/09/08
ナムコ横浜ハッスルに福祉仕様のゲーム機


ゲーム・レクリエーション関連記事

2008/08/06
ぬり絵で脳を活性化する健康レクリエーションキットを発売−バニーコルアート、「毎日30分健康ぬり絵キット」−

2007/03/07
介護予防の高齢者用脳トレーニングマシンを発売−TMC、「フレッシュブレイン」−

2007/01/10
共生社会に関わるキーワードをまとめたかるたを発売−日本ケアフィットサービス協会、「ケアフィットかるた」−

2006/10/27
高齢者向けレクリエーショングッズとして「陶芸」を提案−ふくチャン本舗、「ろくろ倶楽部」を販売−

2006/09/26
楽しみながら運動機能と脳機能を活性化する新リハビリテインメントマシンを発売−ナムコ、「ドキドキへび退治RT」−

2006/01/25
シニア層向けジグソーパズル入門版6種を発売−エポック社、「楽組パズル」−

2005/05/17
バーチャルリアリティ技術の応用による高齢者向けリハビリ機器を発売−エルクコーポレーションとVRスポーツ「VR(バーチャルリアリティ)スポーツシステム」−

2004/09/17
高齢者向けリハビリテインメントマシンを発売−ナムコ、「太鼓の達人RT〜日本の心〜」−

2004/09/09
体の不自由な人でも楽しく遊戯ができ、リハビリ効果が期待できる「リハビリ麻雀卓」を発売−フランスベッド、高齢者の老化予防や健康維持、障害のある人の機能回復をサポート−

2004/07/07
ゲーム機を利用し、要支援・介護高齢者の身体機能を維持・向上−ナムコと九州大学、リハビリテインメントマシンの有効性を初めて科学的に実証−

2003/07/17
視覚障害者向けPCゲームソフトを発売−タイトーと日本障害者ソフト、「スペースインベーダーフォーブラインド」−

2003/01/31
高齢者向け「お遍路さん」体験ゲームソフトを開発−ジャパン・デジタル・コンテンツ、松下子会社のピンチェンジに制作協力−

2002/03/08
シニア世代とゲームとの接触状況などを調査「2002CESAシニア調査報告書」−コンピュータエンターテインメントソフトウェア協会が初の試み−

2001/07/26
楽しめるリハビリ空間をプロデュース−ゲームメーカーのナムコ、病院内に「妖精の森」を−

2000/09/25
高齢者・障害者向けの音楽で遊ぶゲームを発売予定−ヤマハ、ミュージックテーブル「MCT-90」−

2000/09/20
大きな文字表示の高齢者向け電子辞書を発売−セイコーインスツルメンツの電子辞書「UD550」−

2000/01/17
ナムコ、ケアハウスにゲーム空間

1999/09/08
ナムコ横浜ハッスルに福祉仕様のゲーム機




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。