ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



名古屋駅ビルに聴覚障害者向けパソコンスクールを開校

−かがやきパソコンスクール、現地説明会も実施−

2004/10/15(Fri.)

大人の青汁
 かがやきパソコンスクールは、手話・筆談・文字通訳等の情報保証環境を整え、聴覚障害者向けのIT系資格取得などを支えるスクールを名古屋駅ビルに開校する。

 同スクールは、代表者自らが聴覚障害の当事者者で、同障の置かれた環境や立場の良き理解者であることから、手話・筆談・文字通訳などの情報保障を前提とし聴覚障害者が健常者と一緒でも安心して学習できる環境を整えている。東京本校では開校して2年で生徒数約250名を擁し、そのうち58名の聴覚障害者がパソコン検定などのIT系の資格を取得し就職などに役立てている。

 これまでに地方の聴覚障害者からも地元に開校して欲しいとの要望を受け検討を進めてきたが、聴覚障害者の立場を理解し手話や筆談を苦にせず根気良く対応できるプロのITスキルを持った人材が希少であることと、資金的な条件から東京本校において合宿レッスンを開催し、地方から受講生の受け入れを行ってきた。今回、人材と施設等の条件が整ったことから、名古屋開校に踏み切った形となった。施設はJR東海の社内ベンチャーであるラーニングフォレスト(名古屋市中村区名駅1丁目1-2 名古屋ターミナルビル8階)の協力により、同社が開校しているパソコンスクールの1室を借りる形となった。

 同施設の受付窓口には手話等のできるスタッフは常駐しないが、東京本校とテレビ電話で接続し常時顔を見ながら手話や文字での対応のほか、補聴システムと連動させた音声会話を可能にする。

 名古屋校では、手話や筆談・文字通訳を一人でこなし、MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)の資格を持つプロの現地スタッフが対応する。同スタッフは地元での手話通訳ボランティアなども行っている。学べる講座は、東京本校と同様パソコンの入門から文書作成や表計算等のオフィス系ソフトウエアの資格取得に向けた講座などを用意する。

 開校は11月3日だが、当面はスモールスタートとし、週に1回程度の講座を開きながら、受講者希望数を見ながら将来的に開校時間数などを拡大していく考え。かがやきパソコンスクールの代表である益田氏は「私達聴覚障害者は、一般の方と違い耳から情報を得るのは困難です。情報保障により早く一般の方と同様のスキルを身に付け、自立した個人として社会参加を果たして欲しい。また、こういった聴覚障害者に対する情報保障は、一般の企業の中にも取り入れていただき、実力をつけた聴覚障害者が活躍できる就労の場所を提供してくれることを祈っている」と話している。また、開校に先立ち、同スクールでは10月20日と27日に現地説明会を行う予定。


かがやきパソコンスクール概要
関連記事

2005/05/19
聴覚障害者のスキルアップと就職を支援するPC講座を開講−ジョイコンサルティングとかがやきパソコンスクール、パソコンスキルアップとキャリアカウンセリングなどの就職サポートを実施−

2004/10/15
名古屋駅ビルに聴覚障害者向けパソコンスクールを開校−かがやきパソコンスクール、現地説明会も実施−

2004/04/20
携帯テレビ電話を利用した聴覚障害者のコミュニケーションを紹介−かがやき友の会、「聴覚障害者のためのかしこい携帯電話の使い方教室」−

2004/02/04
聴覚障害者を対象としたデジカメ撮影・編集講座を開催−かがやきパソコンスクール、「デジカメ撮影・編集講座」−

2003/06/24
聴覚障害者向けパソコンスキルアップ通信講座を開講−かがやきパソコンスクール、10%割引のオープニングサービスも実施−

2002/09/27
難聴者・聴覚障害者に優しいパソコンスクールが開校−かがやきパソコンスクール、情報保障によるバリアフリーの実現を目指して−


バリアフリー教育・放送関連記事

2008/05/16
タッチパネルの機能を持った触覚ディスプレイを開発−NHK、「インタラクティブ触覚ディスプレイ」−

2008/03/05
Web上で学習できる「はじめての人の手話講座」のストリーミングを開始−NECシステムテクノロジー、映像配信システム「StreamGallery」の活用事例として−

2007/06/12
パソコン上でDVDに「聴覚障がい者用字幕」を表示するサービスを本格化−キュー・テック、「web-shake」−

2005/12/09
聴覚障害者向け緊急災害放送でIPテレビ電話を活用−ギンガネット、“聴覚障害者向け緊急災害放送の生中継”の実証実験を実施−

2005/06/16
障害福祉や学校教育を柱とした事業構築で連携−マイクロソフトと宮城県、「宮城UPプログラム」−

2004/10/15
名古屋駅ビルに聴覚障害者向けパソコンスクールを開校−かがやきパソコンスクール、現地説明会も実施−

2004/07/29
子供向け交通バリアフリー学習教材を作成−国土交通省、「みんなで考える交通バリアフリー」−

2003/11/28
目の不自由な人に“音で読む“メールマガジンを発行−ライオン、「ライオン製品&生活情報“音メール“」−

2003/06/24
聴覚障害者向けパソコンスキルアップ通信講座を開講−かがやきパソコンスクール、10%割引のオープニングサービスも実施−

2003/05/23
「音のボランティア」に新しい朗読CDを追加−早耳ネットのハヤミミCDストア、「蜘蛛の糸/酒虫(しゅちゅう)」−

2003/04/22
「がん」と「介護」の情報番組をインターネット配信−AII、医療福祉総合研究所、「医療福祉チャンネル774」−

2003/03/24
日本手話を使った旬の情報をリアルタイムでインターネット配信−エー・アイ・アイ、「DeafTV-Japan」−

2002/12/25
在宅重度障害者へのIT教育を最新技術で実施−日本IBMと東京コロニー、「在宅重度障害者向けIT教育支援」−

2002/12/12
花王社員がボランティアでCD-ROMを製作、全国の盲学校へ配布−花王、「からだのノート〜子どもからおとなへ」−

2002/09/27
難聴者・聴覚障害者に優しいパソコンスクールが開校−かがやきパソコンスクール、情報保障によるバリアフリーの実現を目指して−

2002/06/21
視覚障害者などに向け、長編文芸朗読をメールマガジンで無料配信−アイ文庫、「AudioBook」第一弾は夏目漱石作「坊っちゃん」−

2002/06/10
高音質の朗読CDを低価格で販売−早耳ネット、ボランティア活動の一環として−

2002/03/28
相手の声をクリアーな音声に変換する「聴取補助システム」を開発−日本ビクター、クリアーで聞き取りやすい音声コミュニケーションを実現−

2001/07/03
視聴覚障害者向け放送が増加−総務省調査「視聴覚障害者向け放送の現状」−

2001/03/06
障害者向けブロードバンドコンテンツ−総務省の実証実験がネットで開始−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。