ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



お年寄りでもテレビで簡単にオンライン健診できる在宅健診システム

−松下電器産業の「Tナビ」に日本ヘルスバンクの「e-ヘルスバンク」が参画−

2005/03/11(Fri.)

大人の青汁
 松下電器産業株式会社が提供しているテレビのインターネット・サービス「Tナビ」に、株式会社日本ヘルスバンクが参画し、健康状態を手軽にチェックすることができる在宅健診システム「e-ヘルスバンク」を開設した。

 ヘルスバンクのパソコン・携帯電話向け在宅健診システム「e-ヘルスバンク」サービスは、発売以来、延80万人の人々に利用され、医療関係者にも高い評価を得ている。同サービスにより、使い慣れたテレビから簡単なリモコン操作で手軽に健診を受けることができるため、高齢者の人でも安心して在宅健診システムを利用してできるようになる。

 ヘルスバンクは、新規顧客獲得を目的に「Tナビ」に参画。「Tナビ」に「e-ヘルスバンク」を提供することで、より多くの人々に在宅健診システムを手軽に利用してもらい、健康管理を身近なものにしてもらうことを目指す。

 「Tナビ」は、松下電器が運営するポータルサイトと各サービス提供事業者が運営する「Tナビ」サイトとの連携により提供されている。なお「Tナビ」では、今回オープンする「e-ヘルスバンク」を含めると合計107社が参画、125サービスを提供することになる。

 Tナビ版「e-ヘルスバンク」のサービス利用税込み料金は1サービスあたり(1回の利用)300円。画面上の問診に回答するだけで、体の9系統(消化器、循環器、泌尿・生殖器、内分泌、呼吸器、感覚器、運動機能、精神・神経、血液)33項目の診断結果を直ちに画面上に表示。健診プログラムは、春・夏・秋・冬の各季節に対応したプログラムが用意されている。

 サービスの利用にあたっては、別途「Tナビ専用カード」を用意。「Tナビ専用カード」もしくは「e-ヘルスバンクカード」を購入すると税込サービス利用料1,050円で年に4回までサービスを利用することができる。なお、両カードはヘルスバンクが提携する日本全国の電機店もしくは薬局にて購入できる。

 「e-ヘルスバンクカード」は「e-ヘルスバンク」利用に必要なIDとパスワードが内蔵された名刺サイズのカード。カードには、あらかじめユーザーIDとパスワードが内蔵されているので、購入後直ちにサービスを利用することができる。また、同カードは3メディア(パソコン・携帯電話・「Tナビ」)共通で利用が可能。また、カードの1枚当りの利用回数は、4回/年で、初回利用時から1年間が経過、もしくは4回のチェックが完了すると、自動的にユーザーIDとパスワードは消滅する。


サイト画面例
画像:サイト画面例


松下電器産業株式会社概要
関連記事

2007/07/02
膝に負担をかけず運動ができる「膝らく運動」方式採用の健脚フィットネス機器を発売−松下電器産業、「らくらくウォーク」−

2006/07/26
民間非営利組織が行う「子ども」と「環境」分野の活動を応援−松下電器産業「Panasonic NPOサポートファンド」−

2006/04/26
32バンドデジタル信号処理搭載のデジタルオーダーメイドの耳あな型補聴器を発売−松下電器産業、「AYA PASSION」6機種−

2006/02/10
高齢者の使用に配慮した乗馬フィットネス機器を発売−松下電器産業、「ジョーバ 介護予防施設向 EU6415」−

2006/01/18
「初めて使う・気軽に使うデジタル補聴器」を開発コンセプトとした補聴器を発売−松下電器産業、デジタルレディメイド耳あな型補聴器「こみみ」−

2005/12/02
エコとユニバーサルデザインを提案する情報発信拠点を設立−松下グループ、「イーユーハウス」−

2005/07/26
ユニバーサルデザインを追及し、左右のIHで金属製鍋が使えるIHクッキングヒーターを開発−松下電器産業、「ダブルオールメタルIHクッキングヒーター」−

2005/03/11
お年寄りでもテレビで簡単にオンライン健診できる在宅健診システム−松下電器産業の「Tナビ」に日本ヘルスバンクの「e-ヘルスバンク」が参画−

2005/01/07
ユニバーサルデザインを追求したシステムキッチンを発売−松下と松下電工、ウェーブフォルム採用の中高級タイプのシステムキッチン−

2004/12/09
32バンドディジタル信号処理搭載、オーダーメイドディジタル耳あな形補聴器を発売−松下電器産業ヘルスケア社など、「AYAPROシリーズ」6機種−

2004/07/06
NPOやNGOの基盤強化、質的向上を図る事業を支援−松下電器産業、「Panasonicサポーターズ☆マッチング基金」−

2004/06/10
東京・御茶ノ水に「パナソニック補聴器プラザ」を開設−パナソニック補聴器が神尾記念病院と業務提携−

2003/11/12
車いすユーザーも使いやすいユニバーサルデザインのドラム式洗濯乾燥機を発売−松下電器産業、洗濯乾燥機「Lab(ラブ)」−

2003/06/27
子ども・環境NPO/NGOの基盤強化を支援する基金の2003年度事業を開始−松下電器産業、「Panasonicサポーターズ☆マッチング基金」−

2003/06/09
重度障害者向け生活支援機器の開発販売会社「ファンコム株式会社」を設立−松下電器産業、パナソニック・スピンアップ・ファンドによる会社設立−

2002/02/20
高齢者の体への水圧による負担を軽減、全身浴シャワーの利用で−松下電器産業、「全身浴シャワー(N-SH1)」を発売−

2001/11/30
21世紀の高齢者施設の理想形を追求した介護専用型老人ホームが開所−松下電器産業−

2001/10/23
家庭と病院をネットワークで結ぶ「在宅ヘルスケア支援システム」を発売−松下電器産業−

2001/07/10
業界最高の99%脱臭効率を実現した便座−松下電器産業、爽快脱臭「ビューティ・トワレ」を発売−

2000/10/18
介護専用型有料老人ホームを建設し介護事業に本格参入−松下電器産業、IT系サービス・技術を採用−

2000/09/26
日本最大の系列家電販売店網で、介護関連商品レンタルを展開−松下電器産業が介護関連商品サービスを本格展開−

2000/05/26
介護事業向け、ICカードシステムを共同開発−ディーシーカード、明治生命保険、松下電器産業、三菱電機−

1999/12/24
明治生命と松下電器産業の連携

1999/10/13
日進医療器の電動車いす−1回の充電で21キロ走行可能


在宅健康管理・在宅ケア支援システム関連記事

2006/02/20
IPv6を用い、「在宅ケア支援サービス」の高度化を実証−KDDIと富士通、総務省「IPv6移行実証実験」に参画−

2005/03/11
お年寄りでもテレビで簡単にオンライン健診できる在宅健診システム−松下電器産業の「Tナビ」に日本ヘルスバンクの「e-ヘルスバンク」が参画−

2002/02/05
インターネットで要介護者の生活を支援するケア支援システムを発売−富士通、「富士通在宅ケア支援システム/IP」−

2001/10/23
家庭と病院をネットワークで結ぶ「在宅ヘルスケア支援システム」を発売−松下電器産業−

2001/03/22
Web機能を搭載した家庭用健康管理端末を利用−NECの在宅健康システム−

2000/06/23
「在宅健康管理システム」の実証実験を開始−旭化成−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。