ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



シニア住宅「グランクレールあざみ野」で介護予防プログラムを提供

−東急不動産など、「予防重視型」介護保険制度改革に先駆け−

2005/05/09(Mon.)

大人の青汁
 東急不動産株式会社と、東急不動産の関連会社でフィットネスクラブ運営会社である株式会社東急スポーツオアシスは、東急不動産が経営するシニア住宅第1号施設「グランクレールあざみ野」において、早稲田大学エルダリーヘルス研究所と連携して、入居者の人への介護予防プログラムの提供を5月9日から7月29日迄(約3ヶ月間)実施する。

 2005年度の介護保険の改正では、制度全体を「予防重視型システム」へ転換することが重要な課題となっている。このため、要介護状態になる前の段階から、要支援、要介護1程度迄の高齢者に対して、統一的な体系の下で、効果的な介護予防サービスが提供される「総合的な介護予防システム」を確立する必要があり、現在各方面で様々な研究がなされている。

 同社が今回実施する介護予防プログラムは、入居者の人の健康増進を主な目的とした3ヶ月のプログラムとなっており、プログラム内容として期間中には、早稲田大学エルダリー研究所や、東急スポーツオアシス等が提供するストレッチ運動や体操等の様々なメニューを提供する。

 グランクレールあざみ野では、プログラム開始時と終了時に実施する体力測定に基づき、体力評価や健康状態改善の為の相談・アドバイス等を提供することで、入居者の今後の健康管理に役立ててもらいたいと考えており、今回のプログラムに対して入居者からのアンケート等も実施し、効果の高かったメニューや、人気の高かったメニューなどを、今後の入居者向けのサービスに取り入れて行きたいとしている。

 早稲田大学エルダリーヘルス研究所は、2003年10月に設立され、スポーツ科学、体力科学、健康科学、運動科学等をテーマに研究を行ってきた。早くからシニア向け健康増進・介護予防プログラムの開発やプログラム推進指導者の育成等に取り組んでおり、すでに、公的施設入居者へのプログラム提供や、自治体等に対するコンサルティング等の基盤となる研究成果を蓄積している。

 東急不動産では、迫り来る高齢化社会に向けて、2003年3月に三菱商事株式会社と、高齢者住宅・介護施設の経営運営ならびに、高齢者向け会員制ビジネス立上げの為の合弁会社、株式会社イーライフデザインを設立し、2004年2月に第1号施設となるシニア住宅「グランクレールあざみ野」を開業し、シニア向けビジネスへの積極的な取り組みを開始している。

 東急スポーツオアシスでは、シニア層の健康志向の増大によるフィットネスクラブへの参加意識の高まりによる会員増等の背景から、介護保険制度改革による「介護予防型制度への転換」に向けた取り組みとして、2004年7月から早稲田大学エルダリーヘルス研究所へ参画、研究スタッフを派遣し、高齢者向け介護予防プログラムの開発、プログラム指導者の育成等を目的とした研究を実施している。

 このような背景から、東急不動産では、健常者向けシニア住宅である「グランクレールあざみ野」において、いち早く介護予防プログラムの実施、検証を行うことにより、入居者に対するサービスメニュー(余暇・健康管理)の拡充を図り、入居者の健やかな生活をサポートしていきたいとしている。また、将来的に事業化を検討している高齢者向け会員制事業における重要なコンテンツとして、介護予防プログラムの検証を行っていく方針。

 また、東急スポーツオアシスでは、早稲田大学エルダリーヘルス研究所と連携して、健常者向け高齢者住宅へのプログラムの実施、検証を行うと共に、引き続き積極的に介護予防プログラム開発と指導者育成・養成に取り組んでいく。


グランクレールあざみ野
写真:グランクレールあざみ野


東急不動産株式会社概要
  • ホームページ:東急不動産
  • 所在地:東京都渋谷区道玄坂1-21-2
  • 電話:03-3463-6611

関連記事

2006/04/18
東急田園都市線沿いに健常高齢者向け住宅と介護付住戸の複合型施設を開業−東急不動産、「グランクレール藤が丘」−

2005/05/09
シニア住宅「グランクレールあざみ野」で介護予防プログラムを提供−東急不動産など、「予防重視型」介護保険制度改革に先駆け−

2004/09/10
高齢者住宅事業第一号となる介護施設を開業−東急不動産と三菱商事、「グランケアあざみ野」−

2004/02/16
高齢者住宅事業の第一号施設が横浜市に開業−東急不動産、シニア住宅「グランクレールあざみ野」−

2003/11/19
シニア住宅の提携介護施設建設に着手−東急不動産、「グランケアあざみ野」−

2003/03/05
介護施設とシニア住宅の経営・運営等を目的とした新会社を設立−東急不動産と三菱商事、シニア向け住宅・介護施設事業で提携−


介護予防・運動関連記事

2008/02/05
50歳以上限定のフィットネスクラブと、機能訓練に特化したデイサービスを開始−OMG、イオンモール羽生に「GENKI NEXT」を開設−

2007/07/11
認知症予防・介護予防を総合的に支援する介護予防支援ASPサービスの提供を開始−テルウェル東日本とNTTアイティ、ASPサービス「はつらつ製造器」−

2007/07/02
膝に負担をかけず運動ができる「膝らく運動」方式採用の健脚フィットネス機器を発売−松下電器産業、「らくらくウォーク」−

2006/11/28
温熱シートによる加温と軽い運動の筋肉への効果を検討、介護予防にも期待−花王と豊橋創造大学リハビリテーション学部、筋力・筋肉量増加を確認−

2006/10/26
映像配信により介護予防を支援するのASPサービスを開始−テルウェル東日本、「はつらつ製造器」−

2006/09/19
介護予防に関する調査を実施−グラファージ、「介護保険法改正後、約半年を経過して」−

2006/07/11
高齢者の転倒予防と生活の質の向上を主目的とする振動刺激トレーニング装置を発売−エルクコーポレーション、「G-Flex」−

2006/03/27
介護予防システムを利用した介護予防トライアルの結果を公表−テルウェル東日本など3社、参加者の運動機能向上を確認−

2006/03/03
介護保険改正に対応した介護予防支援ASPサービスを開始−テルウェル東日本など、運動機能の向上、栄養改善、口腔機能向上などのメニューを提供−

2006/01/31
高齢者に優しい他動性トレーニング・マシンを発売−コンビウェルネス、「新モタサイズ」シリーズ−

2005/12/12
高齢者の転倒防止、歩行の改善に効果が期待できる健康器具を発売−日本テレビサービス、「ヒラオカ式健康・運動用補助具 足もとくん」−

2005/09/13
リハビリ・介護予防専門店「ラオックス・グラファージショップ」をオープン−ラオックス、グラファージ、シグマスタッフの3社−

2005/08/12
映像ストリーミングや多地点テレビ会議を組み合わせた介護予防システム−NTTなど6社、ブロードバンドを活用した介護予防事業トライアルを開始−

2005/08/02
ITと電話介入を活用した介護予防サービス−安全センター、「すこやか生活」−

2005/05/09
シニア住宅「グランクレールあざみ野」で介護予防プログラムを提供−東急不動産など、「予防重視型」介護保険制度改革に先駆け−

2005/04/08
介護予防サービスを本格的に開始−安全センター、東京都高齢者研究・福祉財団東京都老人総合研究所と提携−

2005/03/10
高齢者向け筋力向上トレーニング用具を発売−羽立工業、「毎日10分間筋力向上トレーニング」用具−

2004/11/11
介護施設へのインストラクター派遣で業務提携−メデカジャパンとセントラルスポーツ、介護予防事業として展開−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。