ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



バーチャルリアリティ技術の応用による高齢者向けリハビリ機器を発売

−エルクコーポレーションとVRスポーツ「VR(バーチャルリアリティ)スポーツシステム」−

2005/05/17(Tue.)

大人の青汁
 株式会社エルクコーポレーションは、株式会社VRスポーツと販売協力に係わる契約を締結し、同社の開発した「VR(バーチャルリアリティ)スポーツシステム」の販売を開始する。

 「VRスポーツシステム」は香川大学工学部・医学部、徳島大学医学部、奈良県立医科大学の広域医工連携による共同研究の成果を事業化して開発された製品で、VR技術を応用して大画面スクリーンを見ながらさまざまなスポーツをゲーム感覚で体験し、心身機能の維持と回復に役立つITヘルスケアシステム。昨年2月からの1年間のテストマーケティングによって裏付けされた、高齢者がプレイする際の安全性や、リハビリテーションの有効性に基づき、楽しみながらリハビリテーションを行ってできる高齢者向けリハビリ機器となっている。

 カルテ機能を搭載しており、利用者の健康状態・症状等を記録できる。利用者一人ひとりの状態によって、プログラムの難度をクリックするだけで簡単に調整できるため、利用者にとって「難しすぎず・簡単すぎない」快適なプレイ環境を実現することができる。例えば、五十肩で腕が上がらない人は上のほうにボールを飛ばさない等の細かい設定をすることが簡単にできる。

 12週間にわたる臨床試験においては、テニスでは肩関節可動域や筋力、スノーボードでは平衡感覚等の向上が見られるという結果が出ている。また、同時に行なったアンケートでもほとんどの人が「継続してVRスポーツシステムを使いたい」と答えている。筋力トレーニングに加えて、画面を見ながら考える要素による頭のトレーニング、仲間と会話しながらリラックスできる心のリハビリテーションという「身体・知能・心」のリハビリテーションを狙いにしたシステムとした。

 現在のリハビリ機器、レクリエーション機器の多くは非常に広いスペースを必要とし、限られた施設の空間を圧迫している。「VRスポーツシステム」では、60インチ以上の映像機器を利用してプレイを行うが、それ以外の時も専用のスポーツ用具一式を片付けて、多目的に活用することができる。映画・TVを見るエンターテイメントスペースとして、また環境音楽と風光明媚な景色を映し出すリラクゼーションスペースとして、「VRスポーツシステム」利用時にはアクティビティスペースとして介護施設の限られた空間を有効に活用できる。

 ソフトウェア、スポーツ用具一式の基本システム価格は1,800,000円。プロジェクター、スクリーン、パソコンを加えたシステム価格は2,600,000円。同社では、初年度50台の販売を見込んでいる。


VRテニスをプレイする車いすの高齢者
写真:VRテニスをプレイする車いすの高齢者


関連リンク

株式会社エルクコーポレーション概要
関連記事

2006/07/11
高齢者の転倒予防と生活の質の向上を主目的とする振動刺激トレーニング装置を発売−エルクコーポレーション、「G-Flex」−

2005/05/17
バーチャルリアリティ技術の応用による高齢者向けリハビリ機器を発売−エルクコーポレーションとVRスポーツ「VR(バーチャルリアリティ)スポーツシステム」−


ゲーム・レクリエーション関連記事

2008/08/06
ぬり絵で脳を活性化する健康レクリエーションキットを発売−バニーコルアート、「毎日30分健康ぬり絵キット」−

2007/03/07
介護予防の高齢者用脳トレーニングマシンを発売−TMC、「フレッシュブレイン」−

2007/01/10
共生社会に関わるキーワードをまとめたかるたを発売−日本ケアフィットサービス協会、「ケアフィットかるた」−

2006/10/27
高齢者向けレクリエーショングッズとして「陶芸」を提案−ふくチャン本舗、「ろくろ倶楽部」を販売−

2006/09/26
楽しみながら運動機能と脳機能を活性化する新リハビリテインメントマシンを発売−ナムコ、「ドキドキへび退治RT」−

2006/01/25
シニア層向けジグソーパズル入門版6種を発売−エポック社、「楽組パズル」−

2005/05/17
バーチャルリアリティ技術の応用による高齢者向けリハビリ機器を発売−エルクコーポレーションとVRスポーツ「VR(バーチャルリアリティ)スポーツシステム」−

2004/09/17
高齢者向けリハビリテインメントマシンを発売−ナムコ、「太鼓の達人RT〜日本の心〜」−

2004/09/09
体の不自由な人でも楽しく遊戯ができ、リハビリ効果が期待できる「リハビリ麻雀卓」を発売−フランスベッド、高齢者の老化予防や健康維持、障害のある人の機能回復をサポート−

2004/07/07
ゲーム機を利用し、要支援・介護高齢者の身体機能を維持・向上−ナムコと九州大学、リハビリテインメントマシンの有効性を初めて科学的に実証−

2003/07/17
視覚障害者向けPCゲームソフトを発売−タイトーと日本障害者ソフト、「スペースインベーダーフォーブラインド」−

2003/01/31
高齢者向け「お遍路さん」体験ゲームソフトを開発−ジャパン・デジタル・コンテンツ、松下子会社のピンチェンジに制作協力−

2002/03/08
シニア世代とゲームとの接触状況などを調査「2002CESAシニア調査報告書」−コンピュータエンターテインメントソフトウェア協会が初の試み−

2001/07/26
楽しめるリハビリ空間をプロデュース−ゲームメーカーのナムコ、病院内に「妖精の森」を−

2000/09/25
高齢者・障害者向けの音楽で遊ぶゲームを発売予定−ヤマハ、ミュージックテーブル「MCT-90」−

2000/09/20
大きな文字表示の高齢者向け電子辞書を発売−セイコーインスツルメンツの電子辞書「UD550」−

2000/01/17
ナムコ、ケアハウスにゲーム空間

1999/09/08
ナムコ横浜ハッスルに福祉仕様のゲーム機




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。