ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



調査モニタの回答謝礼ポイント現金交換時に振込手数料の一部を特定援助団体へ寄付

−マクロミル、イーバンク銀行の「ちょこっといいことプログラム」に参加−

2005/06/01(Wed.)

大人の青汁
 ネットリサーチのマクロミルは、インターネット専業銀行のイーバンク銀行株式会社が実施する「ちょこっといいことプログラム」に参加する。イーバンク銀行「ちょこっといいことプログラム」は、イーバンクの決済システムを利用するたびに手数料の一部が特定の援助団体へ自動的に寄付されるプログラム。

 同社がプログラムに参加することにより、マクロミルのモニタ会員が回答謝礼のポイント現金交換にイーバンク銀行振込みを利用した場合、マクロミルがイーバンク銀行に支払う振込み手数料の一部を、「財団法人日本盲導犬協会」「日本フォスタープラン協会」「骨髄移植推進財団」「人道的目的の地雷除去支援の会」の各援助団体に対して、年に2回、等分に寄付を行う。

 財団法人日本盲導犬協会は、盲導犬の育成によって視覚障害者の社会参加を促進し、盲人福祉の増進に貢献する団体。日本フォスタープラン協会は、途上国で子どもに焦点をあてた地域開発を支援する国連援助団体(NGO)。骨髄移植推進財団は、白血病等の血液難病に苦しむ人たちを救済するため、善意からの骨髄提供を仲介、推進している。人道目的の地雷除去支援の会は、人道目的の地雷除去活動を支援するために、世界で初めて企業・個人・団体が力を合わせて結成した非営利団体(NPO)。

 同社が寄付金額を含めた振込み手数料を負担するため、マクロミルのモニタ会員は寄付の費用負担や手続きは一切必要ない。これまでどおりマクロミルのアンケートに参加し、貯まった謝礼ポイントをイーバンク銀行で交換依頼するだけで、自動的に寄付活動に参加することができる。同社では、「イーバンク銀行ちょこっといいことプログラムへの参加により、マクロミルモニタのアンケートを通じた社会貢献に貢献してゆきたい」としている。


株式会社マクロミル概要
関連記事

2005/06/01
調査モニタの回答謝礼ポイント現金交換時に振込手数料の一部を特定援助団体へ寄付−マクロミル、イーバンク銀行の「ちょこっといいことプログラム」に参加−


寄付支援事業関連記事

2005/10/13
補助犬の育成事業のサポートができる社会貢献型カードを発行−ライフ、「日本補助犬協会ライフMasterカード」−

2005/09/21
チャリティー機能やオリジナル特典を付与した社会貢献カードを発行−DCカードがセーブ・ザ・チルドレンと提携−

2005/06/01
調査モニタの回答謝礼ポイント現金交換時に振込手数料の一部を特定援助団体へ寄付−マクロミル、イーバンク銀行の「ちょこっといいことプログラム」に参加−

2004/03/09
アテネパラリンピックにあわせた社会貢献型カードを発行−ライフ、「ジャパンパラリンピックカード」−

2003/06/25
NPO支援者向けの社会貢献型クレジットカードを発行−トヨタファイナンスとNPO推進ネットが提携、「NPO推進ネット NPO MEMBER'S CARD」−

2003/04/01
ボランティア団体「メイク・ア・ウィッシュオブジャパン」との提携カードを発行−ライフ、社会貢献型カード「メイク・ア・ウィッシュカード」−

2003/01/31
社会貢献型アフィニティーカードを発行、「交通安全母の会カード」−セントラルファイナンス、最大の婦人ボランティア団体と提携−

2002/10/04
人気コミック「あたしンち」をデザインした社会貢献型カードを発行−ライフ、「あたしンちCARD」−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。