ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



「個人年金保険の銀行窓口販売」70歳以上の高齢者とのトラブルが増加

−国民生活センター、「高齢者に多い個人年金保険の銀行窓口販売に関するトラブル」−

2005/07/19(Tue.)

大人の青汁
 国民生活センターは、「高齢者に多い個人年金保険の銀行窓口販売に関するトラブル」をまとめた。

 個人年金保険とは、保険料を支払って、あらかじめ定められた年齢から年金の支払が開始されるもので、代表的な私的年金の金融商品。個人年金保険は2002年10月より銀行での窓口販売(銀行の店舗窓口のほか、銀行員による訪問販売も含む)が解禁されたが、国民生活センターをはじめ全国の消費生活センターに寄せられる「個人年金保険の銀行窓口販売」に関する相談は年々増加傾向にある。

 相談事例をみると、「高齢なため、元本保証のある定期預金を希望していたにもかかわらず、リスクのある変額個人年金保険を強く勧められた」「銀行で個人年金保険を契約したとは認識していなかったし、そもそも個人年金保険がどういう金融商品なのか分からない」「契約後クーリング・オフはできないと言われた。中途解約をしたところ高額な解約手数料がかかり、元本を下回った」など、銀行窓口販売においてリスク説明や適合性原則の遵守が不十分であることに起因するトラブルが多い。また、70歳以上の高齢者の被害や高額な契約金額が特に目立つ。

 「個人年金保険の銀行窓口販売」に関する相談は2002年10月から2005年3月までの間に264件寄せられており、増加傾向にある。契約当事者の年代をみると、70歳代が41.3%ともっとも多く、70歳以上の高齢者で約半数(49.0%、)を占めている。

 消費生活相談からみた問題点としては、「消費者の希望の確認、適合性原則の遵守、リスク説明等が不十分」「消費者の同意を得ずに個人情報を保険募集に利用」「クーリング・オフが適用されない」「保険会社との契約であることやアフターサービスに関する説明が不十分」などがある。

 同センターでは、消費者へのアドバイスとして「その場ですぐに契約するのはトラブルのもと」「個人年金保険がどのような金融商品であるか理解すること」「契約先の保険会社を確認すること」「トラブルにあったら最寄りの消費生活センター等に相談すること」などを挙げている。

 また、銀行の窓口販売における個人年金保険のトラブルを未然防止・拡大防止するために、関係行政と関係業界団体に対して「クーリング・オフ制度の適用を検討すること」「銀行窓口販売の全面解禁に向けて、消費者保護を踏まえた対応を強化すること」などの要望を行ったほか、関係業界団体に対しては「消費者の希望や適合性をよく考慮したうえで説明責任を果たすこと」「消費者の確認・同意を十分に得ること」などの要望を行った。


独立行政法人国民生活センター概要
関連記事

2008/08/04
「当選商法」に関する注意喚起情報を公表−国民生活センター、「高齢者に送られてくるDMには周囲も注意を」−

2008/06/11
「ロコ・ロンドン取引」について、消費者に対する注意喚起を実施−国民生活センター、相談急増「ロコ・ロンドン取引」−

2008/02/14
電動リクライニングベッドに挟まれて幼児が窒息死した事故について調査−国民生活センター、低価格・高価格の電動リクライニングベッドの安全性を検証−

2008/02/08
「高齢期の生活資金準備と金融商品」の調査結果を公表−国民生活センター、第38回国民生活動向調査−

2008/01/11
「テレビが見られなくなる」というトークに惑わされる高齢者が増加−国民生活センター、ケーブルテレビに関する相談が20%増−

2007/12/11
60歳代以上が狙われているクレジットを利用した販売被害−国民生活センター、「次々販売のトラブル」−

2007/11/21
「海外宝くじ」について、高齢者苦情が多数発生−国民生活センター、「誘いに乗らない、買わないことが肝心」と警鐘−

2007/10/12
高齢者の金融取引に関する相談内容等を公表、平均契約金額は523.9万円−国民生活センター、「高齢者金融取引110番」実施結果−

2007/09/28
生命保険の販売トラブルが高齢者に急増−国民生活センター、子や孫を被保険者とした悪質なケースなどが明らかに−

2007/09/11
補聴器はフィッティングを受けて購入するべき−国民生活センター、「通信販売の補聴器等の安全性や補聴効果」−

2007/04/06
「シニアカー・電動カート」の安全性などについて検証−国民生活センター、モニターテスト「電動3・4輪車の安全性」−

2007/01/22
新手の投資話「ロコ・ロンドン金」のトラブル事例を公表−国民生活センター、「ロコ・ロンドン金取引」の情報提供を開始−

2007/01/12
60歳以上の電話勧誘販売トラブル相談、6年間で3倍に−国民生活センター、「高年層をターゲットにした電話勧誘販売」−

2006/11/07
70歳以上高齢者からの消費生活センターへの相談が約14万件に−国民生活センター、高齢者を狙う悪質商法に関する相談事例−

2006/06/09
高齢者が被害にあっている架空請求の手口を公開−国民生活センター、2005年度の相談内容などを分析−

2006/03/30
有料老人ホームでの契約に関する問題などを明らかに−国民生活センター、「有料老人ホームをめぐる消費者問題に関する調査研究」−

2005/07/29
訪販リフォームに係る消費者トラブル、高齢者などが被害に−国民生活センターが注意喚起を公表−

2005/07/19
「個人年金保険の銀行窓口販売」70歳以上の高齢者とのトラブルが増加−国民生活センター、「高齢者に多い個人年金保険の銀行窓口販売に関するトラブル」−

2005/03/30
認知症高齢者、知的障害者、精神障害者のグループホームにおける消費者問題と権利擁護に関する調査研究を実施−国民生活センター、ホームを対象に行った調査から利用者保護を考察−

2004/05/28
施設で暮らす痴呆性高齢者・知的障害者の金銭的消費者被害を浮き彫りに−国民生活センター、「入所施設とグループホームで暮らす痴呆性高齢者・知的障害者の金銭管理と権利擁護に関する調査研究」−

2003/11/25
高齢者の消費者トラブル、70歳以上の平均契約金額は約98万円−国民生活センター、「深刻な高齢者の消費者トラブル−狙われる70歳以上−」−

2003/10/07
高齢者の家庭内事故4,176件を分析−国民生活センター、「危害情報からみた高齢者の家庭内事故」−

2003/10/01
悪徳商法被害に遭った障害者・痴呆性高齢者の相談が5年間で2.6倍−国民生活センター、「知的障害者、精神障害者、痴呆性高齢者の消費者被害と権利擁護に関する調査研究」−

2003/02/13
高齢者等が利用する歩行補助車についてテストを実施−国民生活センター、「歩行補助車の安全を考える」−

2002/10/10
自走式手動車いすの走行耐久性、安全性などをテスト−国民生活センター、「自走用手動車いすの安全性を考える」−

2002/07/17
尿の吸収量表示に問題があった失禁ケア用品について調査−国民生活センター、失禁パンツや失禁パッドなどを対象に−

2002/06/04
介護保険の住宅改修に関する相談や消費者被害について公表−国民生活センター、「介護が必要な高齢者のための住宅改修」−

2002/02/14
「やわらかく食べやすい」ことをうたった食品をテスト−国民生活センターが調査、やわらかさには好評価、利用意欲は低い−

2002/01/22
高齢者の消費者トラブル「次々販売」が増加−国民生活センターが警笛−

2002/01/16
車いすを利用していての事故情報を公開−国民生活センター−

2000/11/08
介護サービスの問題点はお金と質−国民生活センターが「介護契約にかかわる相談の実態」を発表−

1999/08/17
介護サービスの契約書 不備多数発覚-国民生活センター


個人年金保険関連記事

2008/08/20
ステップアップ型の変額個人年金保険を発売−明治安田生命、「MYパレットVA」−

2008/07/24
ステップアップ機能を強化した変額年金保険を販売開始−アイエヌジー生命、「アイエヌジースマートデザイン55」−

2008/05/13
リタイアメント・ソリューション提供など新事業戦略を策定−ハートフォード生命、変額終身保険など新規商品を開発、教育啓蒙活動を強化−

2008/03/03
将来の年金への不安を感じる割合は90%−マイボイスコム、「個人年金」に関する調査結果を発表−

2008/02/19
市場金利の上昇に対応した一時払個人年金保険を発売−あいおい生命、「新積立利率変動型一時払個人年金保険(無配当)」−

2008/01/23
5年ごと利差配当付一時払変額個人年金保険(超過給付金型)を販売−明治安田生命、「年金果実」−

2007/12/25
米国ドル建年金支払型特殊養老保険を発売−ジブラルタ生命保険、「米国ドル建リタイアメント・インカム」−

2007/11/26
変額個人年金保険に「加算年金1年更新特則」を付加−三井住友海上メットライフ生命、「Sweet&SweetSTB(スィート&スィートSTB)LGシリーズ」に−

2007/07/30
今後加入したい個人年金、トップは郵便局、民間ではアフラック−マイボイスコム、「個人年金」に関する調査結果を発表−

2007/07/13
フランスの金融グループが変額個人年金保険商品で日本市場に進出−クレディ・アグリコル生命、生命保険業免許を取得し生保市場に今秋から新規参入−

2007/06/25
運用成果を確保できる、分かり易く先進的な投資型年金保険を発売−マニュライフ生命、「びっくり箱」−

2007/06/06
目標値到達で運用成果を確定でき、元本相当額も最低保証する変額個人年金保険を販売−日興コーディアル証券、「ハートフォードNK TARGET」−

2007/05/28
横浜市福祉事業経営者会と総合型確定拠出年金制度を立ち上げ−あいおい損保、「横浜社会福祉法人総合型DC」−

2007/04/24
「マニュライフ投資型年金(年金額5年ラチェット型)」に新機能を追加−マニュライフ生命保険、特別勘定を増やすなど、商品力を強化−

2007/04/11
ハートフォード生命の変額個人年金保険「ダイワアダージオV3」を販売−大和証券、変額個人年金保険業界最大手と提携−

2007/03/30
運用実績に応じて最低保証額がステップアップする変額年金保険を販売−アイエヌジー生命保険、「アイエヌジースマートデザイン123」−

2007/02/14
運用成果確保と元本保証の機能を組み合わせたユニークな変額年金を発売−ハートフォード生命、変額個人年金保険「アダージオ3WIN」−

2007/01/31
年金原資額を「円」で元本保証する外貨建定額年金保険−AIGエジソン生命、「AIGエジソンの3つの約束」−

2006/07/28
5年ごと利差配当付き新一時払個人年金保険など発売−朝日生命、「ネンキンのそなえ」と「ダブルのそなえ」−

2005/07/19
「個人年金保険の銀行窓口販売」70歳以上の高齢者とのトラブルが増加−国民生活センター、「高齢者に多い個人年金保険の銀行窓口販売に関するトラブル」−

2005/04/01
日経平均株価指数連動型年金保険「Upside」を発売−アクサ生命、西日本シティ銀行と販売提携−

2005/01/07
新変額個人年金保険「リズナブール」を発売−クレディ・スイス生命保険、但馬銀行と業務提携−

2004/06/21
変額・定額融合型の変額個人年金保険を発売−みずほ銀行、「年金工房M」−

2004/03/30
積立型外貨建て個人年金を金融機関窓口で発売−AIGスター生命、「オリオン」−

2003/07/18
「年金原資保証」や「遺族年金支払制度」を採用した変額個人年金保険を発売−三井住友海上シティインシュアランス生命保険、「Reliable」「PREVALENT」「夢咲かせ」の3商品−

2003/07/08
総合型確定拠出年金における最低水準の料金体系を実現したプランを発売−日本興亜損害保険、「日本興亜DCエコノミープラン」−

2003/06/30
確定拠出年金事業強化で主要拠点に推進者40名〜50名を配置−損害保険ジャパン、確定拠出年金推進者の設置と総合型確定拠出年金の販売開始−

2003/06/03
キャッシュバランス型の年金制度を運営する企業年金基金を設立−コーセー、新企業年金制度を導入−

2003/05/22
高齢顧客層に好評価、「90歳開始年金原資保証特約」を持つ変額年金保険−ハートフォード生命保険、「アダージオ」販売会社が28社に−

2003/05/13
受取れる年金年額が契約時に確定する一時払個人年金保険−チューリッヒ生命、「ゆったりFA」を住友信託銀行で発売−

2003/04/28
中小・中堅企業向け確定拠出年金運営プランを発売−第一生命保険、「第一生命DCスマートプラン」−

2003/04/25
中小企業向「総合型401kプラン」の低コスト・簡単導入サービスを開始−ヒューマン・プライム、「総合型401k倶楽部企業型年金規約」−

2003/03/12
特別勘定運用実績に応じて積立金や年金額が変動する変額年金保険を発売−第一生命保険、「第一生命投資型年金α」−

2003/02/19
中堅・中小企業向け確定拠出年金制度で業務提携、邦銀で初めて−りそな信託銀行と大阪商工会議所、「大商401kプラン」−

2003/01/29
長生きするほど多く受け取れる変額生存年金保険を発売−アリコジャパン、「リタイアメントライフ」−

2003/01/17
介護保障のついた変額個人年金保険を発売−三井住友海上シティインシュアランス生命保険と大和証券、「生涯快晴」−

2002/03/01
90%の人が将来の年金受取りに対して不安−マイボイスコム、確定拠出年金に関するアンケート調査結果を発表−

2001/06/13
確定拠出年金施行は10月−衆議院本会議で可決、今国会成立は確実−

2001/06/05
グループ企業の約3千人の社員を対象に確定拠出年金を導入−ソフトバンク、関連法案の成立・施行後スタート−

2000/11/14
確定拠出年金が再度国会へ−政府が閣議で決定−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。