ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



4分の1の自治体が介護保険事業のための借入れを予定

−ミック経済研究所、介護保険者の財政安定化基金借入れ状況に関する調査結果を発表−

2005/08/10(Wed.)

大人の青汁
 情報・通信分野、アウトソーシング・人材ビジネス分野専門の市場調査機関である株式会社ミック経済研究所は、国内の主要介護サービス事業者11社と326自治体への調査をまとめた戦略マーケティング資料「ビジネスモデルの転換期を迎える介護サービス市場の現状と展望2005」(調査期間2005年4月〜7月)を発刊。今回、自治体の介護保険事業のための借入予定についての状況を発表した。

 全国の市と東京23区の749自治体を対象に郵送によるアンケート調査を実施したところ、回収回答数は326件(カバー率43.5%)だった。調査では、新予防給付の施行予定時期や高齢者福祉サービスの導入予定、財政安定化基金からの借入れ状況などについて質問している。

 「326自治体アンケート調査」によると、約4分の1の介護保険者(自治体)が、2005年度に財政安定化基金からの「借入れを予定」と回答。財政不足の深刻化が明確となった。

 自治体からの注目度が高かった借入れ状況についての調査結果をみると、2003年度に借入れを受けた自治体は22団体(構成比6.7%)、2004年度に借入れを受けた自治体は72.7%増の38団体(構成比11.7%)だった。

 2005年度に借入れの「予定がある」とした自治体は、326自治体のうち85団体で、構成比は26.1%。前年度の38団体から123.7%増(47団体増)となる見込みであることが分かった。4分の1超の自治体が借入れを予定しており、財政不足が深刻化していることがわかる。その要因としては介護利用者が事業計画で想定した以上に増えていること、施設介護なみの費用がかかると言われるグループホーム利用者が急増していることがあげられる。

 また、2005年度に借入れ予定の自治体が急増するのは、介護保険事業は3ヵ年ごとの事業計画で行うため、最終年度である2005年度に借入れしなければならなくなる自治体が増えるという制度上の要因もあると考えられる。

 同マーケティング資料では、自治体を対象とした介護動向に関するアンケート調査回答の集計・分析のほか、国内の主要介護サービス事業者11社を対象に、各社の介護サービス関連売上高、動向、事業戦略について調査。訪問介護への依存から脱却すべく各社が展開している事業の多角化などについて詳しく解説している。同資料体裁はA4版(ファイル製本)で全738頁。税込価格はハードカバー版が199,500円、CD-ROM版が399,000円、ハードカバー版とCD-ROM版のセットが567,000円となっている。


所属する都道府県の財政安定化基金からの借入れについて
写真:所属する都道府県の財政安定化基金からの借入れについて


株式会社ミック経済研究所概要
関連記事

2005/08/10
4分の1の自治体が介護保険事業のための借入れを予定−ミック経済研究所、介護保険者の財政安定化基金借入れ状況に関する調査結果を発表−

2005/07/22
介護サービス市場は2005年度に6兆7875億円へ−ミック経済研究所、介護サービス市場の現状と展望に関する調査報告書を発売−


介護保険制度に関する調査関連記事

2007/11/20
男性は妻に介護を、女性は介護のプロに希望−ゼクス、「介護に関する意識調査」−

2007/08/24
介護サービスの年間実受給者数が制度開始以来、初めて減少−厚生労働省、「2006年度介護給付費実態調査」−

2006/11/17
特定施設入所者生活介護事業所数が前年比50%以上の増加−厚生労働省、「2005年介護サービス施設・事業所調査結果の概況」−

2005/08/10
4分の1の自治体が介護保険事業のための借入れを予定−ミック経済研究所、介護保険者の財政安定化基金借入れ状況に関する調査結果を発表−

2005/05/18
訪問介護は前年比78,957人増加、介護老人福祉施設は前年比17,694人増加−厚生労働省、「2004年介護サービス施設・事業所調査」−

2004/12/22
要介護者の状態は全体的に悪化−厚生労働省、「介護給付費実態調査」−

2004/12/02
全国の介護サービスの提供体制・内容、利用者・在所者等を調査−厚生労働省、「介護サービス施設・事業所調査」−

2004/11/17
介護サービスについての調査結果「サービス内容の認知拡大と今後の品質向上が課題」−NTTレゾナントと三菱総合研究所、gooリサーチ「介護サービスに関する一般生活者の意識」−

2004/09/22
「介護、精神的に休まらない」68.5%、「介護保険サービス、手続きが面倒」56.6%−ヤフーとインテージ、介護の実態と介護保険制度に関するアンケートを実施−

2004/06/09
ケアマネジャー「兼務93%、休日出勤48%、サービス残業70%、報酬に不満59%」−全国介護支援専門員連絡協議会、「2003年度介護支援専門員の実態にかかる全国調査」(その2)−

2004/06/08
ケアマネジャー「報酬低い、時間がない」など介護保険制度の問題点を指摘−全国介護支援専門員連絡協議会、「2003年度介護支援専門員の実態にかかる全国調査」(その1)−

2004/05/20
介護サービス事業所あたりの利用者数、通所・訪問介護で減少、他サービスは増加−厚生労働省、「2003年介護サービス施設・事業所調査」結果速報−

2004/02/10
介護サービス利用料の自己負担については95%が認知、財源については40〜70%程度−東京都、「インターネット福祉改革モニター第1回アンケート結果 介護保険制度について」−

2004/01/06
「家庭に介護が必要な人がいる」は全体の11%−インターワイヤード、DIMSDRIVEの調査「介護に関するアンケート」−

2003/12/25
介護サービスの年間実受給者数は335万人−厚生労働省、「介護給付費実態調査報告」−

2003/06/27
介護保険施設は11,661施設、前年比439施設増加−厚生労働省、「2002年介護サービス施設・事業所調査」−

2003/05/09
要介護認定者数は298万人、要支援・要介護1が増加−厚生労働省、「2001年度介護保険事業状況報告(年報)」−

2003/05/02
介護サービス受給者数の年間累計は約2637万人−厚生労働省、「介護給付費実態調査報告」−

2002/10/18
要介護者数256万人、介護保険給付費用総額は3兆6,273億円−厚生労働省、「2000年度介護保険事業状況報告」−

2002/06/27
都内の高齢者のうち、痴呆の疑いがある人の割合は4.4%−東京都、「介護保険制度における痴呆性高齢者等実態調査」−

2002/05/14
介護保険施設の利用者、要介護度5が増加−厚生労働省、2001年介護サービス施設・事業所調査結果速報−

2002/04/24
介護保険制度の要介護等認定や身体的拘束、保険料の徴収などの問題を指摘−総務省が厚生労働省に勧告「介護保険の運営状況に関する実態調査結果」−

2002/03/19
居宅サービスを中心に介護保険適用サービス分野の競争状況を調査−公正取引委員会、競争政策上の考え方を公表−

2002/01/11
居宅介護サービス受給者数が大幅増、支給額は516億円増−厚生労働省、介護保険事業状況報告より前年同期と比較−

2001/12/14
介護給付、受給者総数が2百万人を突破−厚生労働省、2001年6月分介護給付費実態調査月報概況−

2001/10/24
2000年介護サービス施設・事業所調査概況−厚生労働省−

2001/08/02
介護保険給付「客単価」最高は通所リハビリテーション−国民健康中央会の分析−

2001/07/27
介護給付状況は3.9兆円、老人医療移行分は1.8兆円−国民健康保険中央会、2000年度のまとめ−

2001/06/29
厚生労働省、介護保険施行後、初の総合調査結果を公表−2000年介護サービス世帯調査の概況−

2001/04/27
厚生労働省が高齢者介護実態調査−6月より開始、全国で1,000人を対象−

2001/04/19
2000年介護サービス施設・事業所調査結果速報−厚生労働省−

2001/04/10
暫定版介護保険事業状況報告月報12月分−厚生労働省−

2001/01/23
1ヶ月の介護給付費3000億円突破−国民健康保険中央会−

2000/12/27
介護保険料の上位と下位10市町村名−厚生省が公表−

2000/12/05
介護サービスの利用状況を発表−厚生省の1999年版「老人保健福祉マップ」−

2000/11/08
介護サービスへの相談230件についての詳細があきらかに−国民生活センターが「介護契約にかかわる相談の実態」を発表−

2000/11/07
予想を若干上回る利用状況−厚生省が介護保険の在宅サービス利用状況を調査−

2000/10/11
介護保険制度施行後、半年間の状況を発表−日本世論調査会の介護保険制度についての調査−

2000/06/05
介護保険サービスの利用状況や要望について調査−厚生省が介護保険サービスについて調査を実施−

2000/04/21
介護保険制度の実態調査を公表−厚生省が調査、3248市町村が回答−

2000/03/30
3万人分のケアプラン作成「間に合わず」−厚生省がケアプラン作成状況の緊急集計調査結果を発表−

2000/03/28
介護保険制度の始動状況を調査−厚生省がケアプラン作成状況の緊急集計調査結果を発表−

1999/09/21
介護保険の初年度推計−在宅介護198万人、施設70万人

1999/07/09
70歳以上の高齢者の半数以上 介護費用への不安




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。