ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



建物などから情報をセンサーで取得し自在に移動する「車いすロボット」を開発

−清水建設、福岡市ロボット特区の公道で実証実験に成功−

2005/12/20(Tue.)

大人の青汁
 清水建設株式会社は、ロボット技術と建築物の融合した利便性が高く安全・安心な生活空間創出研究の一環として、建物や周辺施設から必要な情報をセンサで取得しながら屋内・外を自由・自在に移動する「車いすロボット」を開発、福岡市の「ロボット特区」事業の一環として、市内のアイランドシティの公道において市の協力を得ながら進めて来た実証実験を終了、その信頼性、安全性を確認し、実用化に目途をつけた。このような自動走行する「車いすロボット」の公道での実証実験は、国内ではこれが初めての事例。

 これまで同社では、高度な画像処理など複雑な処理や判断を行うことなく、建築物やその周辺施設側に設けた無線タグと情報のやり取りを行うことで、屋内・外を自由自在に移動する信頼性、安全性に優れた実用性の高いロボットの開発を進めており、その実用化に向けての各種実証実験を計画していた。

 いっぽう、福岡市では、ロボット研究開発を促進し、ロボット産業創出を図るため、2003年に「ロボット開発・実証実験特区」の認定を受け、企業のロボットに関する研究開発を積極的に支援している。

 その「ロボット特区」事業の一環として、同社は市から、博多湾にあるアイランドシティの「照葉まちびらきフェア」の会場内と、その周辺の公道を、実証実験の場として提供してもらうとともに、実施にあたっての行政手続きを始めとした様々な支援・協力を受けた。

 実験に使用した「車いすロボット」は、市販の電動車いすをベースに、新たに制御装置や各種センサなどを組み込んだもの。具体的には、移動する環境を認識するためのレーザレンジセンサ、建物や周辺施設などから情報を取得するためのICタグアンテナ、障害物検知と追随移動用の超音波センサなどのセンサシステム、車輪駆動用の制御装置と緊急停止装置などの安全装置を装備した。

 ロボットの機能としては、「自動」、「追随」、「手動」の3つのモードが設定されている。「自動」モードでは、ロボットは周囲の建物、壁、塀などに埋め込まれたICタグの情報や、レーザレンジセンサにより検知した移動経路の環境条件の情報等をもとに、道路や壁に沿って自動的に移動する。また、「追随」モードでは、超音波発信機を所持した人間の後を追うように移動する。さらに、「手動」モードでは、通常の電動車いすと同様に、乗車する人の操作によって移動する。

 今回の実験は、2005年9月25日〜11月20日にかけて、基本性能実験、主要性能実験、最終確認実験の三段階に分けて行った。具体的には、基本動作ならびに安全性の確認を行った後、データ取得のために公道における主要性能の実証実験を実施し、さらに、想定される実際の使用環境での検証という事で、追随モードや自動モードでの走行試験を行った。

 今回の実験により、通常の速度で歩行する人間の位置を超音波センサで認識し、所定の距離を保ちながら自在に追随移動する事や、歩道の端部に設けたICタグを読み取り、その情報に基づいて、左右への旋回や停止などの動作を自動的に行う事、歩道沿いにある壁の位置をレーザレンジセンサにより認識し、壁から所定の距離を保って自動的に走行する事、人が乗車した状態で、自動、追随、手動の各モードで安全に移動する事などが実証できた。

 これらの実験により、必要なセンサやコンピュータプログラムの性能、また、建物側に設ける設備の条件などを明らかにする事ができ、実用化に向けての改良・改善点を把握する事ができた。

 今後は、実用化に向けての技術面での改良・改善点、ロボットに適した建築設計のあり方の検討などを進めていく計画。また、「車いすロボット」を発展させて、病院や介護施設における高齢者向けのロボットシステム、オフィス空間における配送ロボットシステム、空港の荷物カートやスーパー・デパートの買い物カートなど、実用性の高いロボットシステムへの応用展開を図る。さらに、このような取組みを通して、屋内外の測位方式やセンサ、画像処理やワイヤレス通信などの要素技術を取り込み、将来的には、ロボットと人間が共生する新しい生活空間や地域空間の実現を目指していく。


福岡市アイランドシティで実証実験中の「車いすロボット」
写真:福岡市アイランドシティで実証実験中の「車いすロボット」


福岡市アイランドシティの公道で実証実験中の「車いすロボット」
写真:福岡市アイランドシティの公道で実証実験中の「車いすロボット」


清水建設株式会社概要
  • WEBSITE:清水建設
  • 所在地:東京都港区芝浦1-2-3 シーバンスS館
  • TEL:03-5441-1111

関連記事

2005/12/20
建物などから情報をセンサーで取得し自在に移動する「車いすロボット」を開発−清水建設、福岡市ロボット特区の公道で実証実験に成功−

1999/09/24
医療施設の災害時にパソコンで非難誘導−防災情報システム−


ロボット関連記事

2007/12/06
人の活動をサポートする「トヨタ・パートナーロボット」の開発概要を発表−トヨタ、「モビリティロボット」「バイオリン演奏ロボット」−

2007/08/06
介護現場で“やさしく”働く「支援ロボット」の導入を目指し理研と企業が連携センターを開設−理化学研究所と東海ゴム工業、「理研−東海ゴム人間共存ロボット連携センター」−

2007/02/15
住宅や医療・介護施設などで応用できるロボット事業で業務提携−大和ハウスとCYBERDYNE、ロボットスーツ量産化なども目的に合意−

2006/02/15
ロボットとシニア層のビジネス戦略と展望について調査・分析した資料を販売−ネットアンドセキュリティ、「家庭用ロボットの需要調査とシニア層の市場開発に関する調査」−

2005/12/20
建物などから情報をセンサーで取得し自在に移動する「車いすロボット」を開発−清水建設、福岡市ロボット特区の公道で実証実験に成功−

2005/03/28
愛・地球博へ次世代インテリジェント車いすロボットを出展−アイシン精機、「TAO Aicle(タオアイクル)」−

2005/03/25
医療介護分野のリハビリ実習用下肢ロボットの実証実験を実施−大阪産業創造館のロボットラボラトリー、理学療法士を目指している学生を対象に−

2005/01/14
高齢者向けパートナーロボット「よりそいifbot」を発売−ビジネスデザイン研究所、ドリームサプライ、フタバ産業など3社が共同開発−

2004/10/13
重度身障者向けで国内初の本格的な自立支援リフト、来年度早々に販売開始−セコム、要介護者自立支援ロボット「セコムリフト」の試作機が完成−

2003/02/07
高齢者の家族に異常が起きたことを知らせる人型ロボット、留守番や見守りも可能−三菱重工業、ホームユースロボットを開発、イメージモデル「ワカマル」を完成−

2002/10/08
外出先から携帯電話で操作し、要介護者の状況を確認できるホームロボット−富士通研究所、「MARON-1」を開発−

2002/05/30
介護施設向けに会話ができるロボットを開発−山武、個人を認識し、その人の好きな話題でコミュニケーションが可能−

2002/05/01
日本初の食事支援ロボット「マイスプーン」の販売を開始−セコムとセコム医療システム−

2001/01/12
要介護者をベッドなどから抱きかかえれる「介護ロボットアーム」−コーナン電子が「多関節(オフセット回転関節)ロボット」を開発−

2000/08/22
コミニケーション機能搭載のロボットを開発−ATR知能映像通信研究所、「ロボビー」−

2000/05/08
福祉ロボットなどの大会−知能ロボット「パートナーロボット」の全国競技大会が開催−

1999/12/22
仙台で介護ロボットの協議会が産官学で発足




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。