ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



高齢者に優しい他動性トレーニング・マシンを発売

−コンビウェルネス、「新モタサイズ」シリーズ−

2006/01/31(Tue.)

大人の青汁
 コンビウェルネス株式会社は、マシンが自動(電動)で動く、まったく新しい発想から生まれた高齢者に優しいトレーニング・マシン、コンビ「新モタサイズ」シリーズを、全国の介護予防施設・デイケアサービス施設・高齢者向けスポーツ施設へ販売開始した。

 「新モタサイズ」のシリーズには、CMC1(チェスト&ステップ)、CMC2(ショルダー&レッグプレス)、CMC3(トランク&サイツイスト)、CMC4(フライ&アブダクション・アダクション)の4種類を設定した。

 コンビウェルネスと社会福祉法人横浜市リハビリテーション事業団障害者スポーツ文化センター「横浜ラポール」との共同開発により、日本の高齢者向けに開発された純国産マシンで、特徴はマシンが自動で動くという点。高齢者はその動きに合わせてトレーニングできるので、過負荷がかからず、筋肉への負担がゼロからスタートできる。またマシンの動きに合わせ自ら力を加えることもでき、筋力トレーニングマシン同様の効果も期待できる。

 トレーニング・プログラムは、関節の「受動的」運動、筋肉の「等張性」運動、呼吸循環器系の有酸素性運動を含む、さまざまな種類の運動から構成されている。身体の各部分を順番に運動させ、全身を活動させるのに4機種でわずか12分間で終了する。また、それぞれのマシンは、複合した動作を組み合わせ、身体の2つ以上の部分を同時に活動させる「多機能性」を有している。

 他動性トレーニングシステム「コンビ新モタサイズ」の効果には、「関節可動域の拡大、柔軟性の向上」「姿勢保持筋のバランス調整力の向上」「血液循環の促進と脂肪燃焼効果」「筋力と筋持久力の向上」「老化スピードの抑制」などが挙げられる。

 利用目的に合わせて運動時間、運動範囲、運動速度、ブザー音をカスタマイズできる機能も搭載した。税込価格は、それぞれ1,449,000円。また、同社では、初年度販売目標を600台としている。


コンビウェルネス株式会社概要
関連記事

2007/03/06
国内初、介護予防向け摂食・嚥下(えんげ)トレーニング器具を開発−コンビウェルネス、「ラビリントレーナー」−

2006/07/31
大容量の保冷機能ボックス付きシルバーカーを発売−コンビウェルネス、「スルーンボックスHi」−

2006/04/12
介護用品等の製造販売を行う「コンビウェルネス」をコナミに譲渡−コンビ、ベビー関連事業へ経営資源を集中−

2006/01/31
高齢者に優しい他動性トレーニング・マシンを発売−コンビウェルネス、「新モタサイズ」シリーズ−

2005/10/17
着座時のショックやお尻の圧迫痛を和らげるソフト便座と超厚カバー付き介護用トイレチェアを発売−コンビウェルネス、「優福CP328」−

2005/04/06
ユニバーサルデザインを採用し業務用ACモーターを搭載した家庭用ウォーカー−コンビウェルネス、「エアロウォーカーライト」−

2005/02/25
段差スルー機能を搭載した外出時の歩行を補助するシルバーカー2種を発売−コンビウェルネス、「コンビキャリースルーン」−

2004/10/22
家具調の腰掛用便座4機種を発売−コンビウェルネス、「優福DXシリーズ」−

2004/09/03
骨盤固定ベルト、介護用歯ブラシ、ポータブルトイレ用マットなど介護用製品3点を発売−コンビウェルネス、コンビ骨盤固定ベルト「パワフルギア」、コンビ介護用「360度歯ブラシ」、ポータブルトイレ用「優福防水・消臭マット(バリアフリータイプ)」−

2003/06/12
高さや幅調整などが自由自在にできる入浴用いすを発売−コンビウェルネス、「折りたたみシャワーチェアFA(肘かけつき)」−

2003/04/14
身体状況などにきめ細かく対応が可能な介護保険対象の腰掛用便座を発売−コンビ、腰掛用便座「優福」−

2003/01/22
ケアマネジャー・介護商品販売店・メーカーをつなぐ支援ネットワークを設立−コンビウェルネス、「いきいき健康プラザ」−

2002/04/05
高齢者・体の不自由な人の入浴をサポートする2製品を発売−コンビウェルネス、「コンビ浴槽内いす」と「コンビ入浴踏み台」−

2001/10/25
介護保険対象商品の腰掛用便座「暖房ルームレットW680」を発売−コンビウェルネス、座ると暖かくて快適な介護用トイレ−


介護予防・運動関連記事

2008/02/05
50歳以上限定のフィットネスクラブと、機能訓練に特化したデイサービスを開始−OMG、イオンモール羽生に「GENKI NEXT」を開設−

2007/07/11
認知症予防・介護予防を総合的に支援する介護予防支援ASPサービスの提供を開始−テルウェル東日本とNTTアイティ、ASPサービス「はつらつ製造器」−

2007/07/02
膝に負担をかけず運動ができる「膝らく運動」方式採用の健脚フィットネス機器を発売−松下電器産業、「らくらくウォーク」−

2006/11/28
温熱シートによる加温と軽い運動の筋肉への効果を検討、介護予防にも期待−花王と豊橋創造大学リハビリテーション学部、筋力・筋肉量増加を確認−

2006/10/26
映像配信により介護予防を支援するのASPサービスを開始−テルウェル東日本、「はつらつ製造器」−

2006/09/19
介護予防に関する調査を実施−グラファージ、「介護保険法改正後、約半年を経過して」−

2006/07/11
高齢者の転倒予防と生活の質の向上を主目的とする振動刺激トレーニング装置を発売−エルクコーポレーション、「G-Flex」−

2006/03/27
介護予防システムを利用した介護予防トライアルの結果を公表−テルウェル東日本など3社、参加者の運動機能向上を確認−

2006/03/03
介護保険改正に対応した介護予防支援ASPサービスを開始−テルウェル東日本など、運動機能の向上、栄養改善、口腔機能向上などのメニューを提供−

2006/01/31
高齢者に優しい他動性トレーニング・マシンを発売−コンビウェルネス、「新モタサイズ」シリーズ−

2005/12/12
高齢者の転倒防止、歩行の改善に効果が期待できる健康器具を発売−日本テレビサービス、「ヒラオカ式健康・運動用補助具 足もとくん」−

2005/09/13
リハビリ・介護予防専門店「ラオックス・グラファージショップ」をオープン−ラオックス、グラファージ、シグマスタッフの3社−

2005/08/12
映像ストリーミングや多地点テレビ会議を組み合わせた介護予防システム−NTTなど6社、ブロードバンドを活用した介護予防事業トライアルを開始−

2005/08/02
ITと電話介入を活用した介護予防サービス−安全センター、「すこやか生活」−

2005/05/09
シニア住宅「グランクレールあざみ野」で介護予防プログラムを提供−東急不動産など、「予防重視型」介護保険制度改革に先駆け−

2005/04/08
介護予防サービスを本格的に開始−安全センター、東京都高齢者研究・福祉財団東京都老人総合研究所と提携−

2005/03/10
高齢者向け筋力向上トレーニング用具を発売−羽立工業、「毎日10分間筋力向上トレーニング」用具−

2004/11/11
介護施設へのインストラクター派遣で業務提携−メデカジャパンとセントラルスポーツ、介護予防事業として展開−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。