ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



築30年以上の建物で「親の老齢化」をリフォームの理由に挙げる人は12.7%

−野村総研、「住まいのリフォームに関するアンケート調査」−

2006/03/15(Wed.)

大人の青汁
 株式会社野村総合研究所は、高齢化対応を含む住宅リフォーム市場規模の見通しを推計した。2005年12月にインターネット上で実施した「住まいのリフォームに関するアンケート調査」の結果から、現状7兆円程度のリフォーム市場は、2010年までの今後5年間で8兆円程度まで拡大すると予想した。

 今後、新設住宅着工数が減少する中で、建材・住設企業にとっては、リフォーム市場の獲得が重要な経営課題となっている。同社は、建材・住設業界に対し、拡大する市場をとらえる方策として、「市場の多様性に対応した営業・流通戦略」、「異業種とのコラボレーション」、「安心リフォーム推進のための品質保証のプラットフォーム構築」の3つを提案する。

 現状では、住宅の築年数が25〜35年になると住宅活用率(住宅ストックの中で実際に利用されている割合)が減少し、築年数が50年を過ぎると、約半数が建て直されるか空き家となっている。いっぽう、残りの半数は築25〜35年に大掛かりなリフォームが行われ、その後も利用されていると同社では推定している。

 今後、2010年に向けて、団塊世代が定年退職を迎えるがこの世代によって高度成長時代に大量に建てられた住宅がリフォームの時期(築25〜35年)に差し掛かる。この世代が退職金を得ることによりリフォームを実施すると予想され、また、国が住宅の耐震化を促進しており、改修補助や税優遇を行っていることから、1981年施行の改正建築基準法の「新耐震基準」以前の住宅において、耐震リフォームが推進されると考えられる。

 これらの要因から、同社では、今回、2010年のリフォーム市場規模を予測した。具体的には、築年数別の「住宅ストック」の予測値に、今回の同社の調査により判明した築年数別の「リフォーム出現率」と「平均リフォーム単価」を掛け合わせてリフォーム市場の金額規模を算出している。

 リフォーム市場は、対象とする部位や金額の規模が多岐にわたっている。また、今回の調査で築年数別のリフォーム対象部位を分析したところ、リフォームのピークは築25〜30年前後で、この時期には水周り、内装、外装などが同時に発注される傾向がうかがえる。

 リフォーム発注については、現在の住宅を建てた業者とは関係なく、リフォーム専門店に発注している割合が最も多く、27.3%だった。リフォーム企業選定の理由を聞いたところ、「対応が丁寧だったから」が34.1%と最も多く、次いで「友人・知人や近所の人からの推薦」が27.0%となっている。

 これらの結果を踏まえると、建材・住設企業が今後拡大するリフォーム市場を獲得していくためには、営業体制、商品の品揃え、販売流通についての見直しが必要となる。具体的には「顧客ニーズに即したソリューション型の提案ができる営業体制」、「複数のリフォーム部位に対応可能な幅広い品揃え」、「業種横断型の施工機能と営業機能を兼ね備えた販売チャネルの再構築」の3つの変革が必要になると、同社は結論付けた。

 リフォーム市場をソリューション提案型の市場ととらえた場合、建材・住設によるハード面の提案にとどまらず、異業種間のコラボレーションが重要になるとみられる。今回の調査では、住宅リフォームを行う理由としては、「家の老朽化」が48.9%で最多数の回答、次いで「住環境のグレードアップ」を図りたいというニーズが29.7%あった。

 また、築年数別の回答を見ると、築30年以上の建物では「親の老齢化」をリフォームの理由に挙げる人が12.7%と、30年未満の建物よりも目立って多く見られた。今後急速に進む高齢化に伴って拡大するであろう高齢者介護の需要に対応するためには、高齢者福祉の業界などとのコラボレーションによって、ソフト面を強化することも重要な課題。また、住宅リフォームにおけるエネルギーインフラ更新に伴って、オール電化住宅や床暖房、燃料電池などの導入では、電力会社、ガス会社などと業界の垣根を越えて対応を進める必要がある。

 さらに、最近の耐震強度偽装事件の影響で、住宅の品質保証制度の見直しが強く求められている。品質の高いリフォームを行うためには、「第三者による監査体制」、「欠陥不具合の保証のための保険」、「良質な中古住宅を流通させる市場構築」などを含むプラットフォームの構築が必要である、と同社では考えている。建材・住設企業、リフォーム施工会社に加え、品質監査会社、保険会社、中古住宅の流通会社が連携して、リフォーム品質を保証できるプラットフォームを構築することができれば、リフォーム融資を債権化し、電子債権として取り扱うことも可能になると思われ、今後、これらのプラットフォームを早急に構築してユーザーに提示できた企業群が、リフォーム市場において優位を獲得できると予想される。


株式会社野村総合研究所概要
  • WEBSITE:野村総合研究所
  • 所在地:東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビルディング
  • TEL:03-5533-2111

関連記事

2006/03/15
築30年以上の建物で「親の老齢化」をリフォームの理由に挙げる人は12.7%−野村総研、「住まいのリフォームに関するアンケート調査」−


住宅・住宅改修・リバースモーゲージ関連記事

2008/08/05
高齢者向けの仕様・設備を標準装備した平屋タイプの戸建貸家を発売−ミサワホーム、「Belle Lead Cassiya with Motherth(ベル リード カシーヤ ウィズ マザアス)」−

2008/07/11
アクティブシニア向けの平屋住宅を発売−ミサワホーム、SMART STYLE「A」−

2008/02/15
40%超の高齢者が住宅で「困っていることがある」−内閣府、「2005年度高齢者の住宅と生活環境に関する意識調査」−

2007/11/22
ユニバーサルデザインを導入した高級マンションのモデルルームをオープン−住友不動産、「グランドヒルズ成城」−

2007/09/07
団塊世代向け、安全・快適なシニアライフを提案する平屋建て住宅を発売−パナホーム、「ふたりスタイル」−

2007/08/23
医療や介護サービスを備えた多機能型の高齢者専用賃貸住宅を発売−パナホーム、住宅業界初、「ケアビレッジ・リビング」−

2007/08/08
室内バリアフリーを実現し、ゆとりある空間を実現した鉄鋼系平屋建住宅を発売−スズキビジネス、「グランドモダム」−

2007/08/01
「住宅も高齢化」、築年数が上昇する住宅ストック−日本総研、「拡大が期待されるリフォーム需要」調査結果を発表−

2007/07/20
アクティブシニアに向けた「大人を愉しむ」コンセプトの家を発売−ミサワホーム、「GENIUS Link-Age masters」−

2007/05/25
子会社を設立し介護付き高齢者専用賃貸住宅事業を開始−ニチイ学館、株式会社ニチイリビングを設立−

2007/04/17
高級シニア住宅「チャーミング・スクウェア」シリーズのモデルルームをオープン−ゼクスアクティブ・エイジ、チャーミング・スクウェア「白金」・「豊洲」−

2007/03/19
「脱施設化」をコンセプトとした高齢者専用賃貸住宅を開設−メッセージ、「Cアミーユ万博公園2」−

2007/03/16
家族の快適性と安全性を高めた外断熱・ユニバーサルデザインの家を発売−住友林業ツーバイフォー、「2×4 GARDENS・楽園(ツーバイフォーガーデンズ・楽園)」−

2007/01/29
団塊世代へ人生の楽しみを広げる平屋を提案住友林業、「MyForest-GRAND LIFE」

2006/12/25
日本レジデンシャルと生活科学運営が「シニア向け住宅」で協働−日本レジデンシャル、「ライフ&シニアハウス港北2」−

2006/12/22
やさしい光で階段を照らして高齢者の夜間の安全性を向上−松下電工、戸建住宅用木質階段にLED「ほたるライト」を標準装備−

2006/11/14
住まいから高齢者の自立支援を行い、終の棲家となりうる住まいを供給−積水化学、高齢者賃貸集合住宅「ハーベストメントIP」を発売−

2006/10/17
「第1回住まいのバリアフリーコンペティション」で住宅金融公庫賞を受賞−長谷工コーポレーションの萩中住宅−

2006/09/25
理想の住宅、70%が「ワンフロアー」に関心、男性は平屋派、女性はマンション派−住環境研究所、「老後の理想の住まいに関するアンケート調査」−

2006/07/13
2008年度から高齢者向けシニア住宅の入居者に教育プログラムを提供−関西大学文学部、社会開発研究センター、アンクラージュなど、日本初の「カレッジリンク型シニア住宅」を創設−

2006/07/07
ユニバーサルデザイン採用の「埼玉県福祉のまちづくり条例」適合証交付予定物件を販売−藤和不動産、「リーデンススクエア谷塚」−

2006/06/20
介護する人、受ける人の快適共存を実現する在宅介護対応住宅を発売−パナホーム、「パナホームエイジングホーム」−

2006/05/26
シニア棟を含む総戸数1,028戸の賃貸マンションを建設−三井不動産など、「芝浦アイランドA3街区プロジェクト(住宅棟)」起工式を挙行−

2006/05/17
シニア世代のケアハウス入居支援で介護施設運営企業3社と営業協力−東京スター銀行、新型リバースモーゲージで自宅からの住み替えを容易に−

2006/04/03
リバースモーゲージ型の新型ローンを取り扱い開始−積水ハウス、りそな銀行と提携しシニア層向け新制度を導入−

2006/03/15
築30年以上の建物で「親の老齢化」をリフォームの理由に挙げる人は12.7%−野村総研、「住まいのリフォームに関するアンケート調査」−

2006/03/13
親子老人ふれあいマンションを大阪府枚方市に5月開業−フランスベッドメディカルサービス、「フラン・スラージュ枚方」−

2005/09/12
60歳以上を対象とした新世代リバースモーゲージの取り扱い開始−東京スター銀行、「充実人生」−

2005/08/30
千葉県松戸市に全室個室55室の介護付高齢者住宅を開発−シーズクリエイトとシーズライフケア、「シーハーツ松戸」−

2005/03/08
3〜5階建有料老人ホームを発売−大和ハウス工業、「ダイワレアンジュソプラ」−

2005/01/13
老後資金を融資する「リバースモーゲージ」の取り扱い開始−中央三井信託銀行と三井住友海上、保険を活用した新たな仕組みを開発−

2004/10/18
マンションのバリアフリー化などに対応した「段差付きPRCスラブ」を開発−長谷工コーポレーション、「段差付きプレストレスト鉄筋コンクリート造スラブ(PRCスラブ)」−

2004/08/19
治療と介護の融合で安定経営を実現するドクター向け複合型医療・介護施設を発売−パナホーム、「ドクター・クアケア」−

2004/07/14
一時金なし、月額利用料13万5千円の高齢者住宅を開設−萬コーポレーション、「ジュネスライフ」−

2004/07/01
2階建有料老人ホームを発売−大和ハウス、「ダイワレアンジュ」−

2004/02/16
高齢者住宅事業の第一号施設が横浜市に開業−東急不動産、シニア住宅「グランクレールあざみ野」−

2004/01/29
ペット共生型のシニア向け賃貸住宅を柏市にオープン−ハウジング恒産、「ソレイユひばりが丘」−

2004/01/07
バリアフリー、緊急通報設備に加え日常生活を支えるサービスを付加した高齢者向け賃貸住宅−結の会、「プレジール南大沢」−

2003/12/22
高齢者対応バリアフリーマンションを発売−明和地所株式会社、「クリオ西高島平参番館」−

2003/10/23
介護保険施設事業者向け融資プログラムが利用可能な複合型介護保険施設を発売−パナホーム、「ケアビレッジ」−

2003/08/22
介護専用型高齢者住宅の運営経験を活かし、低価格のグループホームを発売−ミサワホーム、グループホームプロトタイプ−

2003/08/07
有料老人ホームなど新規医療事業に参入−ダイナシティ、子会社のメディカルブレインを通じて−

2003/07/09
アクティブシニア向け賃貸マンション2棟を企画、南西諸島への短期移住も提案−ユニマット不動産、「「ユニマットサポートマンション」」−

2003/05/19
空間を広くとった玄関プランなどを用意したユニバーサルデザイン仕様マンション−リクルートコスモス、「セントラルスウィート大宮桜木町」−

2003/04/23
傷・防汚機能等を持った福祉・介護・医療施設向け壁紙−リリカラ、「2003-2007高耐久壁装材」−

2003/04/04
事例解説の介護建築学習用ビデオを無料貸し出し−AB企画開発、介護建築コンサルテイングを開始−

2003/03/17
グループホーム事業で培ったノウハウを盛り込んだ痴呆対応型共同生活用住宅を発売−パナホーム、「パナホームグランマ」−

2003/02/03
シニア用マンションの建設参加者を募集−山陽ライフサービス、ベル建築研究所と浅沼組の協力のもと−

2002/07/08
バリアフリー住宅改修の無料相談サービスを開始−リアライズ、工務店・リフォーム会社向けに−

2002/06/17
東北初の医療介護・終身ライフサポート付分譲マンション−メデカジャパン、「メデカマンション桂」−

2002/06/04
介護保険の住宅改修に関する相談や消費者被害について公表−国民生活センター、「介護が必要な高齢者のための住宅改修」−

2002/05/27
アクティブシニア向け木質系住宅を発売−ミサワホーム、「GENIUS往来の家」−

2002/05/21
シニア世代を含む住まい・リフォームに関する消費者動向調査−シニアコミュニケーションとホームプロ−

2002/04/11
ホテル並みのサービスがついたシニア向賃貸住宅を展開−ナショナル住宅産業と松下電工の「サンリスタ」事業−

2002/02/06
ケアマネジャーの住宅改修の取り組み状況を調査−東京いきいきらいふ推進センター−

2001/08/17
関西で民間第1号のシニア住宅と介護施設の複合施設が完成−神鋼ケアライフ−

2001/05/30
マンション改革「ケアデザインプラン」を全物件に導入−三井不動産が高齢者対応仕様を策定・標準化−

2001/04/06
街を若返らせる施策−兵庫県営住宅が若年世帯を優先して入居募集−

2001/03/15
高齢者向け賃貸マンション「リバーヒルズ」を発売−東建コーポレーション−

2001/01/29
高齢者の家賃を保証−国土交通省の高齢者居住安定確保法案−

2000/08/31
介護付きマンションを10棟、270戸供給−不動産中央情報センター、北九州市で2002年夏までに−

2000/08/11
バリアフリー化された賃貸住宅を5年で10万戸供給−建設省がバリアフリーの賃貸住宅供給拡大に新制度−

2000/06/28
10年で10万戸のケア付き住宅を供給−住宅供給公社が今後の中核業務をケア付き賃貸住宅に転換−

2000/05/23
高齢者の民間賃貸住宅入居に関する調査−日本賃貸住宅管理業協会のまとめ−

2000/05/11
独身寮や社宅などを介護施設に改築−リエイ、「コミュニケア24」−

2000/05/09
介護事業資金と有価証券−ベネッセが不動産証券化により介護施設を展開−

2000/04/28
住環境整備を進める政策の基本的方向を発表−建設省、「総合的な高齢者居住政策の基本的方向」−

2000/04/07
グループホーム建設資金用の新型ローンを取り扱い開始−あさひ銀行、最高で3億円を融資−

2000/03/29
2000年度公共事業額、バリアフリーに4,024億円−建設省、前年度比11%増−

2000/03/22
社会福祉・医療事業団の融資対象にグループホーム運営組織を追加−事業費の70%を上限に−

2000/03/01
自分の持ち家を賃貸物件とし、家賃収入と年金で老人ホームに入居する仕組みを提供−不動産中央情報センター、独り暮らしに不安を抱える高齢者向けに−

1999/10/19
未公開株公開で資金調達し在宅医療の受けられる賃貸マンション建設




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。