ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



介護予防システムを利用した介護予防トライアルの結果を公表

−テルウェル東日本など3社、参加者の運動機能向上を確認−

2006/03/27(Mon.)

大人の青汁
 テルウェル東日本株式会社、テルウェル西日本株式会社と日本電信電話株式会社は、2005年7月〜2005年12月に実施していた介護予防システムを利用した介護予防トライアルの結果をとりまとめた。

 今年4月、介護予防を重視した改正介護保険制度が施行されるが、NTTグループでは、実施効果の検証、事業運営ノウハウの蓄積とシステム機能へのフィードバックを目的として、2005年7月末より、テルウェル西日本の運営する介護施設において、介護予防施策のトライアルを実施した。具体的には、デイサービスセンターにおける、要介護認定者向けの介護予防施策として、ケアポート松原(名古屋)、ケアポート八幡(静岡)の2施設をネットワークで接続し、転倒骨折予防運動を中心とした介護予防指導を行ったもの。

 介護予防システムを利用した転倒骨折予防運動教室の参加者は、2施設で141名。介護レベルが要支援から要介護5の人(平均レベルは要介護1.5)だった。運動の種類は、要介護認定者向けの転倒骨折予防に効果が期待できる、1回20分程度の椅子に座ったまま行う運動で、運動の頻度は週に1-2回。

 トライアルの総合結果としては、制度改正で新予防給付対象となる可能性が高い要支援から要介護1の人で、下肢筋力や動的バランス能力の向上が確認され、また、全参加者で、同運動機能の向上の傾向が確認された。

 新予防給付候補となる要支援と要介護1の人(28名)については、下肢筋力を示す脚伸展力は、60%の人に改善効果があり、平均では126Nから161Nと30%向上した。動的バランス能力を示すファンクショナルリーチの結果は、70%の人に改善効果があり、平均で23cmから28cmと20%向上した。

 要支援から要介護4までの人(37名、平均介護レベル要介護1.1)については、下肢筋力を示す脚伸展力は、60%の人に改善効果があり、平均では125Nから163Nと30%向上した。動的バランス能力を示すファンクショナルリーチの結果は、50%の人に改善効果があり、平均で23cmから25cmと10%向上した。また、移動能力を示す歩行時間も若干向上した。

 老年症候群リスク判定(おたっしゃ21)が改善し、老研式活動能力指標が向上。高齢者自身が、「元気になった」、「体調がよい」、「外に出やすくなった」、「歩くのが楽になった」と実感するなどの効果もあった。

 今回の結果では、転倒骨折のリスクに直接関係する歩行時間は、統計的に有意なレベルの改善には達しなかったが、歩行時間の短縮に繋がる下肢筋力と動的バランス能力という2つの指標が改善したことは注目に値する。介護認定レベルの高い人々にも運動機能の向上の傾向が表れ、そして何よりも、高齢者自身に改善の実感が得られたことは、本取組みが“運動することで自立を促す”という介護予防施策の目標に合致していることを示している。今後の課題として、介護認定レベルが改善速度に与える影響、運動の頻度や身体の痛み等疾患の状況との相関などについてさらに検証していく。

 結果から、加齢とともに減退する各種筋力が、週1-2回程度の運動により、重度化を食い止めることに一定の効果を示し、さらには改善の傾向を確認できたことはトライアルの大きな成果として、今後も東京都老人総合研究所の指導のもと、さらに評価分析を行い、運動を継続していくことで、効果検証とサービスの改善を目指す。

 NTTでは、今回のトライアルを通じて、新予防給付で対象となる運動機能の向上、栄養改善、口腔機能向上のメニューを備え、健診から指導までをトータルに支援するシステムを完成した。テルウェル東日本は、参加者の運動機能向上など良好なトライアル結果を踏まえ、本システムを採用し、自治体・介護事業者向けに、予防事業の導入コンサルテーションや人材教育事業を加えた介護予防支援ASPサービスを4月より開始する。


トライアル(転倒骨折予防運動教室)風景
写真:トライアル(転倒骨折予防運動教室)風景


東京都老人総合研究所金先生による結果説明風景
写真:東京都老人総合研究所金先生による結果説明風景


テルウェル東日本株式会社概要
関連記事

2007/07/11
認知症予防・介護予防を総合的に支援する介護予防支援ASPサービスの提供を開始−テルウェル東日本とNTTアイティ、ASPサービス「はつらつ製造器」−

2006/10/26
映像配信により介護予防を支援するのASPサービスを開始−テルウェル東日本、「はつらつ製造器」−

2006/03/27
介護予防システムを利用した介護予防トライアルの結果を公表−テルウェル東日本など3社、参加者の運動機能向上を確認−

2006/03/03
介護保険改正に対応した介護予防支援ASPサービスを開始−テルウェル東日本など、運動機能の向上、栄養改善、口腔機能向上などのメニューを提供−

2006/01/19
NTT研究所開発のシステムを活用した介護予防センターを開設−テルウェル東日本、「テルウェル世田谷介護予防センター」−

2005/08/12
映像ストリーミングや多地点テレビ会議を組み合わせた介護予防システム−NTTなど6社、ブロードバンドを活用した介護予防事業トライアルを開始−


テルウェル西日本株式会社概要
関連記事

2006/03/27
介護予防システムを利用した介護予防トライアルの結果を公表−テルウェル東日本など3社、参加者の運動機能向上を確認−

2005/08/12
映像ストリーミングや多地点テレビ会議を組み合わせた介護予防システム−NTTなど6社、ブロードバンドを活用した介護予防事業トライアルを開始−


日本電信電話株式会社概要
  • ホームページ:NTT Home Page
  • 所在地:東京都千代田区大手町2-3-1
  • 電話:03-5205-5111

関連記事

2008/04/23
ユニバーサルデザインに配慮した、ひかり電話専用ホームテレホンを発売−NTT東西、ひかり電話専用ホームテレホン「IPテレホンUD」−

2007/10/22
水道・ガスメーターの使用量による高齢者見守りシステムを開発−名古屋市上下水道局と東邦ガス、NTT、実証実験を2008年1月から開始−

2006/12/04
耳や言葉の不自由な人向けのコミュニケーションツールを発行−NTT東西、2007年版「電話お願い手帳」−

2006/03/27
介護予防システムを利用した介護予防トライアルの結果を公表−テルウェル東日本など3社、参加者の運動機能向上を確認−

2005/12/15
耳や言葉の不自由な人向けのコミュニケーションツールを発行−NTT東西、2006年版「電話お願い手帳」−

2005/08/12
映像ストリーミングや多地点テレビ会議を組み合わせた介護予防システム−NTTなど6社、ブロードバンドを活用した介護予防事業トライアルを開始−

2004/08/03
障害者の雇用促進を目的とした新会社を設立−NTT、「NTTクラルティ株式会社」−

2001/09/12
従来困難だった日常生活に即した聴き取り能力測定法を開発−NTTと東北大学−


介護予防・運動関連記事

2008/02/05
50歳以上限定のフィットネスクラブと、機能訓練に特化したデイサービスを開始−OMG、イオンモール羽生に「GENKI NEXT」を開設−

2007/07/11
認知症予防・介護予防を総合的に支援する介護予防支援ASPサービスの提供を開始−テルウェル東日本とNTTアイティ、ASPサービス「はつらつ製造器」−

2007/07/02
膝に負担をかけず運動ができる「膝らく運動」方式採用の健脚フィットネス機器を発売−松下電器産業、「らくらくウォーク」−

2006/11/28
温熱シートによる加温と軽い運動の筋肉への効果を検討、介護予防にも期待−花王と豊橋創造大学リハビリテーション学部、筋力・筋肉量増加を確認−

2006/10/26
映像配信により介護予防を支援するのASPサービスを開始−テルウェル東日本、「はつらつ製造器」−

2006/09/19
介護予防に関する調査を実施−グラファージ、「介護保険法改正後、約半年を経過して」−

2006/07/11
高齢者の転倒予防と生活の質の向上を主目的とする振動刺激トレーニング装置を発売−エルクコーポレーション、「G-Flex」−

2006/03/27
介護予防システムを利用した介護予防トライアルの結果を公表−テルウェル東日本など3社、参加者の運動機能向上を確認−

2006/03/03
介護保険改正に対応した介護予防支援ASPサービスを開始−テルウェル東日本など、運動機能の向上、栄養改善、口腔機能向上などのメニューを提供−

2006/01/31
高齢者に優しい他動性トレーニング・マシンを発売−コンビウェルネス、「新モタサイズ」シリーズ−

2005/12/12
高齢者の転倒防止、歩行の改善に効果が期待できる健康器具を発売−日本テレビサービス、「ヒラオカ式健康・運動用補助具 足もとくん」−

2005/09/13
リハビリ・介護予防専門店「ラオックス・グラファージショップ」をオープン−ラオックス、グラファージ、シグマスタッフの3社−

2005/08/12
映像ストリーミングや多地点テレビ会議を組み合わせた介護予防システム−NTTなど6社、ブロードバンドを活用した介護予防事業トライアルを開始−

2005/08/02
ITと電話介入を活用した介護予防サービス−安全センター、「すこやか生活」−

2005/05/09
シニア住宅「グランクレールあざみ野」で介護予防プログラムを提供−東急不動産など、「予防重視型」介護保険制度改革に先駆け−

2005/04/08
介護予防サービスを本格的に開始−安全センター、東京都高齢者研究・福祉財団東京都老人総合研究所と提携−

2005/03/10
高齢者向け筋力向上トレーニング用具を発売−羽立工業、「毎日10分間筋力向上トレーニング」用具−

2004/11/11
介護施設へのインストラクター派遣で業務提携−メデカジャパンとセントラルスポーツ、介護予防事業として展開−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。