ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



寄附金付年賀葉書・切手による寄附金を社会福祉・社会貢献団体等に配分

−日本郵政公社、2007年度「年賀寄附金配分による社会貢献事業助成」−

2006/09/25(Mon.)

大人の青汁
 日本郵政公社年賀寄附金事務局は、2007年度の「年賀寄附金配分による社会貢献事業助成」の対象団体の募集を行う。年賀寄附金配分による助成とは、1949年に制定された「お年玉付郵便葉書等に関する法律」に基づき日本郵政公社が実施しているもので、寄附金付お年玉付郵便葉書(絵入り年賀葉書)と、寄附金付お年玉付郵便切手(年賀切手)の寄附金(3円/1枚)を配分するというもの。開始以来57年間での配分総額は442億円となっている。

 申請資格のある団体は、社会福祉法人・更生保護法人、公益法人(社団・財団)、NPO法人などで、1年以上の活動実績があり、1年以上の決算報告実績のある法人格を有する団体とする。また、対象10事業分野を設定しており、「社会福祉の増進、風水害・震災等非常災害の救助・予防、特殊疾病の研究・治療・予防、原子爆弾被害者の治療・援助、交通事故・水難の救助・防止、文化財の保護、青少年の健全育成のための社会教育、健康の保持増進を図るためのスポーツ振興、開発途上にある海外の地域からの留学生・研修生援護、地球環境保全」などのテーマを設けた。

 配分対象事業としては、活動・施設整備・機器購入・車両購入などがあり、助成総額は約7.2億円、1件あたりの上限金額は500万円を予定している。また、数十万円規模の事業も歓迎する方針としている。


日本郵政公社概要
関連記事

2006/09/25
寄附金付年賀葉書・切手による寄附金を社会福祉・社会貢献団体等に配分−日本郵政公社、2007年度「年賀寄附金配分による社会貢献事業助成」−

2006/03/02
民間援助団体が行う国際ボランティア活動を支援−日本郵政公社、「2006年度国際ボランティア貯金の寄附金の配分」−

2005/11/09
社会貢献に関する”物”または”活動”を助成−日本郵政公社、2006年度年賀寄附金配分−

2005/03/01
開発途上地域の人々の福祉の向上に貢献するNGO等に対し寄付金を配分−日本郵政公社、「2005年度国際ボランティア貯金の寄附金配分」−

2004/11/22
公益に貢献する法人に寄附金付お年玉付郵便葉書の寄附金を配分−日本郵政公社、2005年用年賀寄附金配分−

2004/02/18
開発途上国地域の福祉事業を行う民間援助団体を助成−日本郵政公社、2004年度国際ボランティア貯金寄付金配分−

2003/03/26
郵便貯金の利子を原資とした寄附金をNGOに配分−郵政事業庁、「国際ボランティア貯金の寄附金配分」−

2002/02/27
国際ボランティア貯金の寄附金配分団体の公募受付を開始−郵政事業庁、各郵便局にて−

2002/02/15
金利を1%優遇、ニュー福祉定期郵便貯金の取扱を開始−郵政事業庁、現行の福祉定期郵便貯金に次いで−

2002/01/23
国際ボランティア貯金による寄附金をNGOに配分−郵政事業庁、説明会を開催−


助成、表彰(2006年07月〜09月)関連記事関連記事

2006/09/27
精神疾患に対する社会の正しい理解を育む機会となる活動などを表彰−精神障害へのアンチスティグマ研究会、「第3回精神障害者自立支援活動賞(通称:リリー賞)−ひとりひとりの輝くあしたへ−」募集−

2006/09/26
「NPOサポート団体支援事業」と「NPO交流促進事業」を実施−県民ボランティア振興基金、「2006年度NPO・ボランティア活動支援事業」−

2006/09/25
寄附金付年賀葉書・切手による寄附金を社会福祉・社会貢献団体等に配分−日本郵政公社、2007年度「年賀寄附金配分による社会貢献事業助成」−

2006/09/21
障害者の暮らしやすい環境作りなどの推進を行う個人・団体を表彰−読売光と愛の事業団、「第4回読売プルデンシャル福祉文化賞」−

2006/09/20
障がい人の自立支援などで活躍している個人を表彰−ヤマト福祉財団、「第7回ヤマト福祉財団小倉昌男賞」−

2006/09/15
ボランティア活動を行った応募者全員に対し感謝状を進呈する賞−ボランティア・スピリット・アワード事務局、「第10回ボランティア・スピリット賞」−

2006/09/11
在宅老人、障害児・者、児童問題等に対するボランティア活動を支援−大和証券福祉財団、「第13回(2006年度)ボランティア活動助成」−

2006/09/07
障害者の福祉活動を行う団体を対象に自動車の購入を支援−損保ジャパン記念財団、「2006年度社会福祉助成自動車購入費助成」−

2006/09/04
ボランティア活動・地域福祉に関する研究を支援−大和証券福祉財団、「第13回(2006年度)ボランティア活動等に関する調査研究助成」−

2006/08/31
神戸市を中心とする地域の個人と市民団体による公益を目的とした活動に対して助成−しみん基金こうべ、「2006年度しみん基金こうべ助成事業」−

2006/08/30
非営利の事業に自主的に取り組む活動を推進−かながわ県民活動サポートセンター、「かながわボランタリー活動推進基金21」−

2006/08/28
NPOやNGOが行う活動の内容を評価し、賞を贈呈−大阪NPOセンター、「大阪NPOセンター10周年記念特別アワード」−

2006/08/24
障害のある人たちの芸術活動の「制作」と「展覧会」に関わる支援を実施−エイブル・アート・ジャパン、2006年度「エイブル・アート・アワード」−

2006/08/23
地域で行う福祉・環境・食と農・コミュニティづくりなどの非営利活動を支援−街づくり夢基金事務局、「第4回助成事業」−

2006/08/18
NPOが行う提案作成活動に対して助成金を交付−ひょうごボランタリープラザ、「行政・NPO協働事業助成(NPO提案型)」−

2006/08/16
NPOが行う地域における子育て支援企画を募集−埼玉県、「2006年度次世代育成支援対策推進事業」−

2006/08/11
平和・環境・福祉・文化・国際交流などの分野で活躍する若者を表彰−生活クラブ生活協同組合・神奈川、「第16回キララ賞(かながわ若者生き活き大賞)」−

2006/08/09
NPOと企業との協働の推進に高く貢献したパートナーシップ事業を顕彰−パートナーシップ・サポートセンター、「第4回パートナーシップ大賞」−

2006/08/07
有料老人ホーム事業者が福祉サービス第三者評価を積極的に受審できるよう支援−東京都、「東京都有料老人ホーム第三者評価受審費補助事業」−

2006/08/03
NPOを対象とした人材育成事業・ネットワーク形成促進事業の第2次募集を実施−内閣府、「2006年度市民活動団体等支援総合事業」−

2006/07/28
高齢者の就労と地域コミュニティ課題解決などの活動を行う高齢者グループを支援−大阪府総合福祉協会、「高齢者コミュニティワーカーズ先導モデル支援事業」−

2006/07/27
ボランティア団体やNPO法人が必要とする福祉車両購入の一部を助成−日本財団、「2006年度福祉車両助成事業」−

2006/07/26
民間非営利組織が行う「子ども」と「環境」分野の活動を応援−松下電器産業「Panasonic NPOサポートファンド」−

2006/07/25
NPO法人などが行う環境・障がい者・青少年育成・地域社会貢献活動に投資−ボーダフォン、ボーダフォン社会的投資「2006年度第2四半期」−

2006/07/21
社会福祉に関する事業・研究を行う施設・団体に助成−松翁会、「2006年度社会福祉助成金」−

2006/07/19
障害のある人自身の体験記録や、障害児・者の教育・福祉の実践記録を募集−NHK厚生文化事業団、第41回「NHK障害福祉賞」−

2006/07/18
NPOの専門性や柔軟性などを活かした事業提案を公募−新宿区、「協働事業提案制度」−

2006/07/13
障害者などを対象とした情報通信人材研修事業を助成−横須賀テレコムリサーチパーク、「2006年度情報通信人材研修事業助成金」−

2006/07/10
NPOやボランティア団体等からの企画案を募集−熊本県、「パートナーシップ創造事業」−

2006/07/07
高齢化に対応する住環境の整備を支援する民間のグループに助成−秋田県、「秋田花まるっ住宅サポートネットワーク活動支援助成金」−

2006/07/06
県とNPOなどが協働で実施する事業の企画案を募集−鹿児島県、「2006年度共生・協働企画公募推進事業」−

2006/07/04
「地域福祉力」を高める中間支援の基盤づくり事業に対し助成−大阪府と大阪府地域福祉推進財団、「社会起業家育成支援基盤づくり事業」−

2006/07/03
地域に根ざすNPO・市民活動団体を応援−せんだい・みやぎNPOセンター、「ふくふくファンド」−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。