ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



楽しみながら運動機能と脳機能を活性化する新リハビリテインメントマシンを発売

−ナムコ、「ドキドキへび退治RT」−

2006/09/26(Tue.)

大人の青汁
 株式会社ナムコは、九州大学病院と共同で研究開発した高齢者用リハビリテインメントマシン「ドキドキへび退治RT」を、今冬より全国の病院やデイサービスセンターなど各高齢者施設向けに発売する。リハビリテインメントマシンとは、アミューズメントの要素を取り入れて、高齢者や障害のある人が楽しみながら機能回復やトレーニング効果が得られることを目的としたゲーム機器。

 「ドキドキへび退治RT」は、既存ゲーム機をリハビリに活用したこれまでのリハビリテインメントマシンとは異なり、開発当初から運動機能や脳機能の活性化を目的に企画され、介護、医療の視点から製作された初めてのリハビリテインメントマシン。

 転倒予防やバランス維持に重要な前脛骨筋(ぜんけいこつきん)や、大腿直筋(だいたいちょくきん)、中臀筋(ちゅうでんきん)などの筋力運動を、設計段階から計画的に組み込み、その有効性については、同大学リハビリテーション部の筋電図データによって確認されている。あわせて、脳の活性化に着目して脳血流を測定したところ、前頭葉の著しい活性化が認められている。

 同マシンに加え、ナムコからすでに発売されている上肢のトレーニングに効果のある「ワニワニパニックRT」、「太鼓の達人RT〜日本の心〜」と併用することによって、上肢や下肢の筋力強化、バランスや敏捷性の向上などが図られ、介護予防のための心身機能の活性化が可能となる。

 また、「ドキドキへび退治RT」は、9月27日から29日にかけて東京ビッグサイトにて行われる「H.C.R.2006国際福祉機器展」に初出展。その有効性については、九州大学病院より各種学会で今後発表されていく予定。

 製品は、「いたずらへびを退治する」ことをモチーフとした、軽快な音と共に出現する4つのへび型ターゲットを踏み、得点を競うゲーム機。シートベルトで体を安定化できる専用イスとセット構成になっている。ゲームのプレイ時間は60秒。序盤では1匹ずつ、ゆっくりとへびが出現するが、一定の点数を超えるか、一定時間を経過するとへびの出現スピードが段階的に増加し、運動強度が徐々に高まる仕組みとなっている。へびは一度現われたら踏まれるまで出現したままとなるため、下肢を動かしにくい人でも自分のペースでプレイできるようになっている。ゲーム終了後は、5段階のランキング表示と音声による一言コメントがあり、利用者の向上心と継続意欲を刺激する工夫を行った。


「ドキドキへび退治RT」筐体
写真:「ドキドキへび退治RT」筐体


株式会社ナムコ概要
関連記事

2006/10/26
中高年齢層向け「テレビゲーム講座」を開催−ナムコ、コミュニティサロン「談話室かいかや」秋の公開講座として−

2006/09/26
楽しみながら運動機能と脳機能を活性化する新リハビリテインメントマシンを発売−ナムコ、「ドキドキへび退治RT」−

2006/03/17
中高齢者層が気軽に集えるコミュニティサロンを開設−ナムコ、「談話室かいかや」−

2005/06/03
障害者・高齢者向け携帯用会話補助装置「トーキングエイド」の軽量・小型版を発売−ナムコ、「トーキングエイドライト」−

2005/03/01
エンターテインメント要素を持ったデイサービスセンター2号店を開設−ナムコ、神奈川県綾瀬市に−

2004/09/30
横浜ワールドポーターズにデイサービスセンターを開設−ナムコ、「かいかや」−

2004/09/17
高齢者向けリハビリテインメントマシンを発売−ナムコ、「太鼓の達人RT〜日本の心〜」−

2004/07/07
ゲーム機を利用し、要支援・介護高齢者の身体機能を維持・向上−ナムコと九州大学、リハビリテインメントマシンの有効性を初めて科学的に実証−

2004/01/28
高齢者と園児、施設、ボランティア、企業によるイベント−ナムコ、高齢者施設でのバリアフリーエンターテインメントイベントに協力−

2003/10/17
電子メールや電話対応機能を搭載した携帯型意思伝達装置を発売−ナムコ、「トーキングエイドIT」−

2003/10/14
「第30回国際福祉機器展H.C.R.2003」に出展−ナムコ、ヤマハ発動機がブース概要を公表−

2003/09/02
デイサービスセンター「ささえ愛」にて介護現場を見直すイベント−ナムコ、銀の舟グループと共催−

2003/05/29
「バリアフリーエンターテインメントイベント」を開催−ナムコ、長野の福祉複合施設「あさぎりの郷」にて−

2001/07/26
楽しめるリハビリ空間をプロデュース−ゲームメーカーのナムコ、病院内に「妖精の森」を−

2000/01/17
ナムコ、ケアハウスにゲーム空間

1999/09/08
ナムコ横浜ハッスルに福祉仕様のゲーム機


ゲーム・レクリエーション関連記事

2008/08/06
ぬり絵で脳を活性化する健康レクリエーションキットを発売−バニーコルアート、「毎日30分健康ぬり絵キット」−

2007/03/07
介護予防の高齢者用脳トレーニングマシンを発売−TMC、「フレッシュブレイン」−

2007/01/10
共生社会に関わるキーワードをまとめたかるたを発売−日本ケアフィットサービス協会、「ケアフィットかるた」−

2006/10/27
高齢者向けレクリエーショングッズとして「陶芸」を提案−ふくチャン本舗、「ろくろ倶楽部」を販売−

2006/09/26
楽しみながら運動機能と脳機能を活性化する新リハビリテインメントマシンを発売−ナムコ、「ドキドキへび退治RT」−

2006/01/25
シニア層向けジグソーパズル入門版6種を発売−エポック社、「楽組パズル」−

2005/05/17
バーチャルリアリティ技術の応用による高齢者向けリハビリ機器を発売−エルクコーポレーションとVRスポーツ「VR(バーチャルリアリティ)スポーツシステム」−

2004/09/17
高齢者向けリハビリテインメントマシンを発売−ナムコ、「太鼓の達人RT〜日本の心〜」−

2004/09/09
体の不自由な人でも楽しく遊戯ができ、リハビリ効果が期待できる「リハビリ麻雀卓」を発売−フランスベッド、高齢者の老化予防や健康維持、障害のある人の機能回復をサポート−

2004/07/07
ゲーム機を利用し、要支援・介護高齢者の身体機能を維持・向上−ナムコと九州大学、リハビリテインメントマシンの有効性を初めて科学的に実証−

2003/07/17
視覚障害者向けPCゲームソフトを発売−タイトーと日本障害者ソフト、「スペースインベーダーフォーブラインド」−

2003/01/31
高齢者向け「お遍路さん」体験ゲームソフトを開発−ジャパン・デジタル・コンテンツ、松下子会社のピンチェンジに制作協力−

2002/03/08
シニア世代とゲームとの接触状況などを調査「2002CESAシニア調査報告書」−コンピュータエンターテインメントソフトウェア協会が初の試み−

2001/07/26
楽しめるリハビリ空間をプロデュース−ゲームメーカーのナムコ、病院内に「妖精の森」を−

2000/09/25
高齢者・障害者向けの音楽で遊ぶゲームを発売予定−ヤマハ、ミュージックテーブル「MCT-90」−

2000/09/20
大きな文字表示の高齢者向け電子辞書を発売−セイコーインスツルメンツの電子辞書「UD550」−

2000/01/17
ナムコ、ケアハウスにゲーム空間

1999/09/08
ナムコ横浜ハッスルに福祉仕様のゲーム機




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。