ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



高齢者向けレクリエーショングッズとして「陶芸」を提案

−ふくチャン本舗、「ろくろ倶楽部」を販売−

2006/10/27(Fri.)

大人の青汁
 介護用品や高齢者の暮らしを支える生活便利用品のインターネット販売サイト「ふくチャン本舗」<http://www.fukuchanhonpo.com>を運営する株式会社福祉用具研究会は、高齢者向けレクリエーショングッズ「ろくろ倶楽部」を販売する。税込価格は9000円。

 「ろくろ倶楽部」は、場所をとらずにろくろ挽きが楽しめる電動ろくろ台と天然色の専用土が1kg、作品作りに欠かせない「弓」や「ヘラ」、「しっぴき」といった道具、防水加工とツヤだしのための専用うわぐすりなどがすべてセットになった陶芸入門セット。初心者でも簡単に陶芸にチャレンジできる。

 基本的な形の器の作り方は、まず、充分に練った専用土をろくろの回転台に置き、ろくろを回転させながら円柱を作る。円柱ができたら、親指を使って中心に穴を開け、カタチを整えていく。カタチが整ったら、器の口になる部分のでこぼこを付属の「弓」を使ってキレイに切り落とす。その際、まっすぐに切り落とせるように、本体に支柱をセットし「弓」を固定することができる。平らになった切り口を、親指と人差し指で滑らかに整える。

 思い通りの作品ができたら、ろくろを止め、「しっぴき」を使って回転台から作品を切り離す。「しっぴき」は両端にリングのついた糸で、片方のリングを支柱にセットし、もう片方のリングを指にかけ、糸が回転台と平行になるようにピンと張った状態で手前にひいて切り離す。

 作品は回転台からはずし乾燥させる。半渇きの状態で、厚みが均一になるよう削り作業を行い、作品の中の水分を完全にとばすために2回目の乾燥を行う。完全に水分をとばすためには、自然乾燥で3〜5日(天候、気温によって幅がある)かかるため、時間に余裕がない場合は、120℃に設定したオーブンレンジで20〜30分焼成し、1〜2時間かけて冷ます。完全に乾燥したら、130℃に設定したオーブンレンジで30〜40分本焼きし、そのまま1〜2時間冷まして完成となる。


ろくろ倶楽部
写真:ろくろ倶楽部


関連リンク

社団法人日本福祉用具供給協会概要
関連記事

2006/10/27
高齢者向けレクリエーショングッズとして「陶芸」を提案−ふくチャン本舗、「ろくろ倶楽部」を販売−

2005/07/01
福祉用具が生活に溶け込んでいる様子を捉えた写真を募集−日本福祉用具供給協会、「福祉用具のある風景フォトコンテスト2005」−

2004/06/17
「福祉用具の日」創設3周年記念フォトコンテストの作品を募集−「福祉用具の日」推進協議会事務局、「福祉用具のある風景」をテーマに開催−

2002/07/26
10月1日を「福祉用具の日」と設定、標語を募集−福祉用具関連6団体で設立した「福祉用具の日」創設連絡会−


ゲーム・レクリエーション関連記事

2008/08/06
ぬり絵で脳を活性化する健康レクリエーションキットを発売−バニーコルアート、「毎日30分健康ぬり絵キット」−

2007/03/07
介護予防の高齢者用脳トレーニングマシンを発売−TMC、「フレッシュブレイン」−

2007/01/10
共生社会に関わるキーワードをまとめたかるたを発売−日本ケアフィットサービス協会、「ケアフィットかるた」−

2006/10/27
高齢者向けレクリエーショングッズとして「陶芸」を提案−ふくチャン本舗、「ろくろ倶楽部」を販売−

2006/09/26
楽しみながら運動機能と脳機能を活性化する新リハビリテインメントマシンを発売−ナムコ、「ドキドキへび退治RT」−

2006/01/25
シニア層向けジグソーパズル入門版6種を発売−エポック社、「楽組パズル」−

2005/05/17
バーチャルリアリティ技術の応用による高齢者向けリハビリ機器を発売−エルクコーポレーションとVRスポーツ「VR(バーチャルリアリティ)スポーツシステム」−

2004/09/17
高齢者向けリハビリテインメントマシンを発売−ナムコ、「太鼓の達人RT〜日本の心〜」−

2004/09/09
体の不自由な人でも楽しく遊戯ができ、リハビリ効果が期待できる「リハビリ麻雀卓」を発売−フランスベッド、高齢者の老化予防や健康維持、障害のある人の機能回復をサポート−

2004/07/07
ゲーム機を利用し、要支援・介護高齢者の身体機能を維持・向上−ナムコと九州大学、リハビリテインメントマシンの有効性を初めて科学的に実証−

2003/07/17
視覚障害者向けPCゲームソフトを発売−タイトーと日本障害者ソフト、「スペースインベーダーフォーブラインド」−

2003/01/31
高齢者向け「お遍路さん」体験ゲームソフトを開発−ジャパン・デジタル・コンテンツ、松下子会社のピンチェンジに制作協力−

2002/03/08
シニア世代とゲームとの接触状況などを調査「2002CESAシニア調査報告書」−コンピュータエンターテインメントソフトウェア協会が初の試み−

2001/07/26
楽しめるリハビリ空間をプロデュース−ゲームメーカーのナムコ、病院内に「妖精の森」を−

2000/09/25
高齢者・障害者向けの音楽で遊ぶゲームを発売予定−ヤマハ、ミュージックテーブル「MCT-90」−

2000/09/20
大きな文字表示の高齢者向け電子辞書を発売−セイコーインスツルメンツの電子辞書「UD550」−

2000/01/17
ナムコ、ケアハウスにゲーム空間

1999/09/08
ナムコ横浜ハッスルに福祉仕様のゲーム機




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。