ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



年間20日まで在宅勤務を認める育児・介護支援の適用範囲を拡大

−ジョンソン・エンド・ジョンソン「Flexibility SOHO Day制度」−

2006/12/15(Fri.)

大人の青汁
 ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社メディカルカンパニーは、2007年1月1日より、育児や介護に従事している社員に年間20日間までの在宅勤務を認める「Flexibility SOHO Day(フレキシビリティソーホーデイ)」の対象者を、これまでの未就学児までの親から、小学校就学児を持つ親までに拡大し、小学校入学から卒業まで適用期間を延長する。

 同制度は、在宅勤務を必要とする社員が、その希望日の前日もしくは当日の朝10時までに上司または管理者の許可を受けることにより、有給休暇を取得せずに、自宅での就業を可能とするもので、2005年4月から導入している。介護の場合は要介護度1級以上を制度の対象としている。

 これまで、およそ1年半の運用期間中に社員からの要望として、子どもの小学校入学後はベビーシッターを利用できない、学童保育の終了時間が早くその後面倒を見てくれる人がいない、保護者が参加すべき学校での行事が多い、宿題の面倒を見る必要がある、小学生を狙った事件や突発的な事故が多く大人の目が離せないなど、小学校入学後にも利用できる支援制度が求められていた。

 そうした社員の声に応え、かつ多くの企業や政府の育児支援の取組みが未就学児までに重点的にフォーカスされ、小学校入学後の子を持つ親への支援制度が手薄となっている現状を踏まえ、長期間にわたり働く親に手厚く支援を行う目的から、同社における在宅勤務制度を小学校卒業まで延長することとした。

 同制度は、男女を問わず、育児・介護に従事している社員に、年間20日間までの在宅勤務を認める。適用期間は毎年1月1日から12月31日までで、連続取得も可能となっている。

 同社では、「今回の育児支援制度の変更のみならず、今後も時代の変化に伴い、先駆けて制度を変化させていくことで、社員から真に必要とされる労働環境の整備、支援制度の拡充に取り組んでいく」としている。


ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社概要
  • WEBSITE:Johnson & Johnson
  • 所在地:東京都江東区東陽6-3-2 イースト21タワー
  • TEL:03-5632-7200

関連記事

2006/12/15
年間20日まで在宅勤務を認める育児・介護支援の適用範囲を拡大−ジョンソン・エンド・ジョンソン「Flexibility SOHO Day制度」−

2005/04/08
育児・介護に従事する社員向けに在宅勤務許可制度を導入−ジョンソン・エンド・ジョンソンメディカルカンパニー、「Flexibility SOHO Day」制度−

2004/07/05
高齢者の痴呆など伴う「特発性正常圧水頭症」認知度の調査結果を発表−ジョンソン・エンド・ジョンソン、「治る痴呆”特発性正常圧水頭症”を知らない人が86%」−

2003/10/16
ユーザーの走行をサポートする「マニュアルアシスト」機能搭載の車いすを発売−ジョンソン・エンド・ジョンソン、「INDEPENDENCE iGLIDE マニュアルアシスト車いす」−

2000/01/21
医療機器リース事業で ジョンソン・エンド・ジョンソンとダイヤモンドリース提携


育児・介護休業関連記事

2008/02/12
育児・介護支援策など「ワークライフバランス」の取り組みを拡充−伊藤忠商事、少子化を見据えた優秀な労働力確保などを目指す−

2007/12/17
育児や介護を行う従業員を支援する「短時間勤務制度」を導入−富士火災、職場におけるワーク・ライフ・バランスとダイバーシティを推進−

2007/05/10
子育てと仕事を両立しやすい環境作りのため育児支援制度を強化−豊田通商、少子高齢化社会への対応として実施−

2006/12/15
年間20日まで在宅勤務を認める育児・介護支援の適用範囲を拡大−ジョンソン・エンド・ジョンソン「Flexibility SOHO Day制度」−

2006/10/02
仕事と育児や介護などを含めた家庭との両立支援策を拡充−カゴメ、専用サイトを開設し女性活躍推進プロジェクトを立ち上げ−

2006/08/16
育児や介護などを理由とした退職者の再雇用制度を導入−アストラゼネカ、結婚、妊娠、出産、育児、介護を理由とした退職の場合に適用−

2006/08/07
最長6年の育児・介護休業制度を設定−サイボウズ、ワーク・ライフ・バランス支援制度を改定−

2006/04/18
育児・介護休業期間延長など家庭と仕事の両立を支援する制度を拡充−ポーラ化粧品、家庭と仕事の両立で、生涯働ける環境を提供−

2005/04/08
育児・介護に従事する社員向けに在宅勤務許可制度を導入−ジョンソン・エンド・ジョンソンメディカルカンパニー、「Flexibility SOHO Day」制度−

2001/08/09
介護休暇を3ヶ月から6ヶ月、育児休業対象を1歳から3歳−人事院、育児休業制度と介護休暇制度の改正−

2001/03/12
育児休業、介護休業等育児又は家族介護をおこなう労働者の福祉に関する法律の一部を改正する法律案−厚生労働省−

2000/12/25
堂々と育児・介護休暇がとれる時代に向けて−労働省の女性少年問題審議会の建議書−

2000/11/27
育児・介護休業申請・取得を行う人を保護−女性少年問題審議会女子部会の公益委員案−

2000/02/18
在宅勤務で介護支援−日立製作所と日本IBM−

1999/12/16
育児・介護休業手当、40%に




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。