ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



「シニアカー・電動カート」の安全性などについて検証

−国民生活センター、モニターテスト「電動3・4輪車の安全性」−

2007/04/06(Fri.)

大人の青汁
 独立行政法人国民生活センターは、モニターテスト「電動3・4輪車の安全性」の結果を公表した。

 「電動3・4輪車」は、「シニアカー」「電動カート」等とも呼ばれており、足腰などの身体能力が低下した高齢者などが、自分で操縦して利用する電動車いすで、3輪タイプと4輪タイプがある。道路交通法では、6km/hを超える速度を出すことができないなど道路交通法施行規則で定める基準に該当する電動3・4輪車は、「原動機を用いる身体障害者用の車いす」とされている。その利用者は歩行者として扱うこととされており、運転免許は必要ない。電動車いす安全普及協会によると、ここ数年は出荷台数がやや減少しているものの、2005年度は20,792台が出荷されている。

 いっぽう、警察庁の調査によると、電動車いすの普及に伴い、高齢者が使用中の電動3・4輪車が関係した交通事故や他の交通とのトラブルは増加傾向にあり、交通事故では道路横断中の事故が最も多く、そのほとんどが自動車との衝突で中には死亡事故も起きている。また、操作を誤り道路下の用水路に転落して死亡した例や、ベビーカーとの衝突で赤ちゃんを負傷させ加害者になるケースも見られる。

 また、PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)には、「車いす」に関する事例のうち、電動3・4輪車に関すると思われるものが過去5年間に約40件寄せられており、その中には、「思ったより速度が速く、カーブで転倒しそう」「老父が乗っていたときに坂道でブレーキが利かず、石垣にぶつけて止め3針縫うけがをした」などの危害危険に関する事例や、「充電しても短時間で止まる、走行距離が短い」などのバッテリーに関する事例も見られた。

 そこで、高齢者が操作を誤ることなく安全に利用できるかどうかを、実際のモニターテストにより調べるとともに、前回のテスト(2001年2月公表)で問題のあった手動ブレーキや緊急停止機構の有無と作動性が改善されているか等の点もテストした。8銘柄について道路交通法への適合、20名の高齢者によるモニターテストを中心とした安全性、操作性などを調査している。

 調査の結果、安全面では、速度が道路交通法の基準を超え、危険と思われるものがあった。アクセルレバーに操作ミスを起こしやすいものがあり、着座しないとアクセルレバーを操作しても走り出さない安全機構が必要と考えられた。

 アクセルレバーの誤操作による危険防止の緊急停止機構がないものや、装備していても握り方によっては働かないものがあった。クラッチを切ったときの制動機構を装備していないものがあり、坂道では特に危険だった。電動3・4輪車は自動車から見えにくく危険であることもわかった。そのほか、要充電表示が出るまでの走行距離は約8〜18kmで、バッテリーが切れるまでは全銘柄ともさらに4km以上の走行が可能だった。

 消費者へのアドバイスとしては、「街中でスムーズな操作ができるようにとにかく練習をする」「アクセルレバーはなるべく片手で操作する」「下り坂では慎重な操作を心がける」「歩道では加害者になる可能性もあるので十分注意する」「自動車などからは見えにくいことを自覚する」「バッテリーの状態を常に把握しておく」などをあげた。

 また、業界への要望としては、「最高速度や車体の大きさが道路交通法の基準を超えているものがあったので、早急な対策を」「着座しないと動かない機構などの安全装備の拡充」「確実に働く緊急停止機構やクラッチを切って手押しする際の制動機構の装備」「誤操作の少ない操作系の開発」「ポール等のオプション装備や車体側面にも反射素材などの装備」「講習の徹底」などをあげた。

 行政への要望としては、電動車いすとして販売されていながら、最高速度や車体の大きさが道路交通法の基準を超えているものがあったので、改善指導を要望した。


独立行政法人国民生活センター概要
関連記事

2008/08/04
「当選商法」に関する注意喚起情報を公表−国民生活センター、「高齢者に送られてくるDMには周囲も注意を」−

2008/06/11
「ロコ・ロンドン取引」について、消費者に対する注意喚起を実施−国民生活センター、相談急増「ロコ・ロンドン取引」−

2008/02/14
電動リクライニングベッドに挟まれて幼児が窒息死した事故について調査−国民生活センター、低価格・高価格の電動リクライニングベッドの安全性を検証−

2008/02/08
「高齢期の生活資金準備と金融商品」の調査結果を公表−国民生活センター、第38回国民生活動向調査−

2008/01/11
「テレビが見られなくなる」というトークに惑わされる高齢者が増加−国民生活センター、ケーブルテレビに関する相談が20%増−

2007/12/11
60歳代以上が狙われているクレジットを利用した販売被害−国民生活センター、「次々販売のトラブル」−

2007/11/21
「海外宝くじ」について、高齢者苦情が多数発生−国民生活センター、「誘いに乗らない、買わないことが肝心」と警鐘−

2007/10/12
高齢者の金融取引に関する相談内容等を公表、平均契約金額は523.9万円−国民生活センター、「高齢者金融取引110番」実施結果−

2007/09/28
生命保険の販売トラブルが高齢者に急増−国民生活センター、子や孫を被保険者とした悪質なケースなどが明らかに−

2007/09/11
補聴器はフィッティングを受けて購入するべき−国民生活センター、「通信販売の補聴器等の安全性や補聴効果」−

2007/04/06
「シニアカー・電動カート」の安全性などについて検証−国民生活センター、モニターテスト「電動3・4輪車の安全性」−

2007/01/22
新手の投資話「ロコ・ロンドン金」のトラブル事例を公表−国民生活センター、「ロコ・ロンドン金取引」の情報提供を開始−

2007/01/12
60歳以上の電話勧誘販売トラブル相談、6年間で3倍に−国民生活センター、「高年層をターゲットにした電話勧誘販売」−

2006/11/07
70歳以上高齢者からの消費生活センターへの相談が約14万件に−国民生活センター、高齢者を狙う悪質商法に関する相談事例−

2006/06/09
高齢者が被害にあっている架空請求の手口を公開−国民生活センター、2005年度の相談内容などを分析−

2006/03/30
有料老人ホームでの契約に関する問題などを明らかに−国民生活センター、「有料老人ホームをめぐる消費者問題に関する調査研究」−

2005/07/29
訪販リフォームに係る消費者トラブル、高齢者などが被害に−国民生活センターが注意喚起を公表−

2005/07/19
「個人年金保険の銀行窓口販売」70歳以上の高齢者とのトラブルが増加−国民生活センター、「高齢者に多い個人年金保険の銀行窓口販売に関するトラブル」−

2005/03/30
認知症高齢者、知的障害者、精神障害者のグループホームにおける消費者問題と権利擁護に関する調査研究を実施−国民生活センター、ホームを対象に行った調査から利用者保護を考察−

2004/05/28
施設で暮らす痴呆性高齢者・知的障害者の金銭的消費者被害を浮き彫りに−国民生活センター、「入所施設とグループホームで暮らす痴呆性高齢者・知的障害者の金銭管理と権利擁護に関する調査研究」−

2003/11/25
高齢者の消費者トラブル、70歳以上の平均契約金額は約98万円−国民生活センター、「深刻な高齢者の消費者トラブル−狙われる70歳以上−」−

2003/10/07
高齢者の家庭内事故4,176件を分析−国民生活センター、「危害情報からみた高齢者の家庭内事故」−

2003/10/01
悪徳商法被害に遭った障害者・痴呆性高齢者の相談が5年間で2.6倍−国民生活センター、「知的障害者、精神障害者、痴呆性高齢者の消費者被害と権利擁護に関する調査研究」−

2003/02/13
高齢者等が利用する歩行補助車についてテストを実施−国民生活センター、「歩行補助車の安全を考える」−

2002/10/10
自走式手動車いすの走行耐久性、安全性などをテスト−国民生活センター、「自走用手動車いすの安全性を考える」−

2002/07/17
尿の吸収量表示に問題があった失禁ケア用品について調査−国民生活センター、失禁パンツや失禁パッドなどを対象に−

2002/06/04
介護保険の住宅改修に関する相談や消費者被害について公表−国民生活センター、「介護が必要な高齢者のための住宅改修」−

2002/02/14
「やわらかく食べやすい」ことをうたった食品をテスト−国民生活センターが調査、やわらかさには好評価、利用意欲は低い−

2002/01/22
高齢者の消費者トラブル「次々販売」が増加−国民生活センターが警笛−

2002/01/16
車いすを利用していての事故情報を公開−国民生活センター−

2000/11/08
介護サービスの問題点はお金と質−国民生活センターが「介護契約にかかわる相談の実態」を発表−

1999/08/17
介護サービスの契約書 不備多数発覚-国民生活センター


電動カー関連記事

2007/10/04
燃料電池性能を向上させたセニアカーを参考出品−スズキ、「MIO(ミオ)」−

2007/06/22
電動車両「セニアカー」シリーズを一部改良−スズキ、連続走行距離を伸ばすなどの改良を実施−

2007/05/02
「中国国際福祉博覧会」に福祉機器を参考出展−スズキ、セニアカーや電動車いすなどを−

2007/04/06
「シニアカー・電動カート」の安全性などについて検証−国民生活センター、モニターテスト「電動3・4輪車の安全性」−

2007/03/15
新機能追加したハンドル型電動車いすを発売−ヤマハ発動機、「マイメイト(YM-12)」−

2006/09/28
燃料電池を搭載した電動車いすを開発、国際福祉機器展に参考出品−スズキ、「MIO(ミオ)」−

2006/06/05
電動車いす「セニアカー」の上級タイプ「ET4D」に2色の新色を設定して発売−スズキ、周囲からの被視認性を高める工夫も−

2006/05/25
国内初、車いすのまま介助者といっしょに利用できる電動乗用ビークルを発売−ワイズギア、「楽楽(らら)」−

2005/10/18
屋外走行にも適した身体障害者用電動車いすを開発−スズキ、「ジョイモービル」−

2003/09/05
公共交通機関でのハンドル形電動車いすについての報告書を公表−国土交通省の交通バリアフリー技術規格調査研究委員会が取りまとめ−

2003/05/28
電動車いすの安全利用に関するマニュアルを作成−警察庁、指導者用と利用者用の2種類を用意−

2003/04/30
ハンドル型電動車いす「マイメイト」に新色追加−ヤマハ発動機、「マイメイト四輪タイプオプションカラー」−

2003/03/11
ハンドル型電動車いすのヤマハ「マイメイト」に三輪タイプを追加−ヤマハ発動機、四輪タイプもマイナーチェンジし新色追加−

2003/03/03
シンプル装備、軽量、低価格の4輪セニアカーを発売−スズキ、電動車いす「セニアカー ET4E」−

2002/12/03
電動四輪車「エブリデー」をマイナーチェンジ−アラコ、多くの改良を実施し価格は据え置き−

2002/10/25
電動四輪車いす「モンパルML100」を一部改良、値下げ−ホンダ、「モンパルML100」−

2002/03/29
高齢者向け電動車両「セニアカー」の上級仕様「ET-4G」を発売−スズキ、累計12万台の人気シリーズに投入−

2001/10/18
電動四輪カートが、2001年度グッドデザイン賞を受賞−三菱自動車エンジニアリング「ハーティパル」−

2001/05/15
介助者が運転できる自走・介助兼用仕様の電動カート−三菱自動車エンジニアリングの電動四輪カート−

2000/10/02
電動カートで初めて四輪独立サスペンションを採用−松下電工、NAIS電動カートを発売−

2000/09/27
電動四輪車「エブリデータイプ4」を発売−アラコ、電動三輪車・四輪車としては3タイプ目−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。