ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



聴導犬の総解説書を発行、送料のみで送付

−日本聴導犬協会、「マンガと解説で知る『人生でもっとも幸せ』聴導犬と出会うために」−

2007/04/16(Mon.)

大人の青汁
 社会福祉法人日本聴導犬協会は、独立行政法人福祉医療機構の助成を得て、聴導犬の解説として、解説書「マンガと解説で知る『人生でもっとも幸せ』聴導犬と出会うために」を発行した。これまでにない、マンガと解説文で、楽しく、わかりやすく聴導犬について説明している。総解説書は無料で、送料300円のみで送付を行う。

 これまでは、聴導犬に関する本格的な解説書がなかったため、日本聴導犬協会が毎月恒例で行っている「補助犬相談室」(品川)に寄せられる相談でも、多くの聴覚障がい者の人から「聴導犬がほしいが、どこに頼べばいいか、わからなくて困っていた」「団地にも一緒に住めるし、電車やバスに乗れるとは知らなかった」「ペットと同じように、簡単に買えるのかと思った」「2週間の合同訓練が必要だとは知らなかった」など、聴導犬に関する情報の少なさが指摘されてきた。

 今回の解説書では、聴導犬貸与に必要なすべての内容をマンガと解説文で紹介している。聴導犬の新しい役割であるリスクコミニュケーターから、申込方法、育成団体の選び方、訓練、認定試験、認定後のユーザーの義務などを解説している。

 総解説「マンガと解説で知る『人生でもっとも幸せ』聴導犬と出会うために」は、64ページで、総企画と解説文は日本聴導犬協会会長有馬もと氏による執筆で、マンガは聴覚障害者の総合情報誌「いくお〜る」に連載中の上原麻実氏となっている。

 申し込みは、日本聴導犬協会あてに、ファックスか、手紙、メールにて「解説書希望」と明記の上、氏名・住所・ファックス・電話・メールアドレスを記入する。送料300円(300円分の切手でも可)のみ必要で、事前に送付するか、解説書の送付の際に同封される振込用紙にて送金を行うことが必要となる。

 また、日本聴導犬協会は、「タッチ&スマイル」「あしながおじさん」サポーターを募集している。「タッチ&スマイル」サポーターは、年間4,000円。協会犬の「あしながおじさん」サポーターは、毎月3,000円以上か、年間36,000円以上のサポーターとなっている。協会では、これらの支援で、聴覚障がい者数・約35万人、肢体障がい者数・約175万人の一部の人々に、聴導犬・介助犬の無料貸与、無料アフターケアを実現している。


マンガと解説で知る『人生でもっとも幸せ』聴導犬と出会うために
写真:マンガと解説で知る『人生でもっとも幸せ』聴導犬と出会うために


社会福祉法人日本聴導犬協会概要
関連記事

2007/04/16
聴導犬の総解説書を発行、送料のみで送付−日本聴導犬協会、「マンガと解説で知る『人生でもっとも幸せ』聴導犬と出会うために」−

2005/03/09
日本ではじめての補助犬に関するジャーナルを発行−日本聴導犬協会、「補助犬研究」−

2004/05/21
補助犬とともに生活する人々との交流フォーラムを開催−日本聴導犬協会とNHK厚生文化事業団「NHKハート・フォーラム ニッポンの子供たちと補助犬ユーザーとのあったか討論会」−

2003/03/14
世界で初めて介助犬を生み出したボニー・バーゲン博士が来日−日本聴導犬協会、講演会・介助犬トレーニングの実践セミナーを開催−

2003/03/04
日本聴導犬協会の活動をピーシーエー生命が支援−3月3日”耳の日”、発表セレモニーを開催−

2002/10/16
盲導犬・介助犬・聴導犬などの補助犬普及への取り組みについて講演−日本聴導犬協会、「国際アシスタンス・ドッグ協会前会長ロビン・ディクソン招日講演会」−

2002/04/30
「身体障害者補助犬法案」成立により、聴導犬育成団体の業務に影響−「NPO法人日本聴導犬協会を社会福祉法人に推進する会」が発足−


補助犬・介助犬・CAPP犬・聴導犬・盲導犬関連記事

2007/11/13
補助犬専用トイレ施設をホテル敷地内に設置−京王プラザホテル、利用者の声に応えホテル業界初の取り組みを実施−

2007/04/16
聴導犬の総解説書を発行、送料のみで送付−日本聴導犬協会、「マンガと解説で知る『人生でもっとも幸せ』聴導犬と出会うために」−

2006/11/01
日本補助犬協会への協賛活動で、補助犬の育成に貢献−東陽レックス、継続契約を締結−

2004/01/14
盲導犬育成支援のオンライン募金サイトを開設−エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ、「JOLLY'S magazine盲導犬の育成をみんなで支えよう」−

2003/03/04
日本聴導犬協会の活動をピーシーエー生命が支援−3月3日”耳の日”、発表セレモニーを開催−

2002/12/02
盲導犬のほかに介助犬・聴導犬同伴でも買物が可能に−イオン、「身体障害者補助犬法」による義務付け実施に先駆けて−

2002/04/30
「身体障害者補助犬法案」成立により、聴導犬育成団体の業務に影響−「NPO法人日本聴導犬協会を社会福祉法人に推進する会」が発足−

2001/07/16
日本盲導犬協会へ動物用医薬品を無償提供−ファイザー製薬、盲導犬支援−

2001/06/18
捨て犬を介助犬に、全国初の取り組み−介助犬をそだてる会−

2000/06/29
介助犬を推進する議員の会と日本介助犬アカデミーが介助犬の定義・基準を発表−介助犬の公的認知に関する検討会の初会合も開催−

2000/05/29
飛行機の客室にCAPP犬、聴導犬の搭乗を許可−日本エアシステム、国内の航空会社では初めて−

1999/09/15
阪急百貨店全店で介助犬受け入れ




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。