ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



車輪を6輪にして小回りと段差越えを容易にした、水まわり用車いすを発売

−TOTO、「水まわり用車いす6輪タイプ」−

2007/06/11(Mon.)

大人の青汁
 TOTOは、車輪を従来の4輪から6輪にし、住宅内での回転性能、段差越え性能を向上させ、さらに段差乗り越え時の後方転倒を防止する「水まわり用車いす6輪タイプ」を、6月15日(金)より発売する。室内の移動はもちろんのこと、「座ったまま」トイレでウォシュレットが利用でき、浴室へ移動してシャワーを浴びることができるなど、介助が大変な水まわり動作を支援する屋内用の多目的車いすとした。

 同社では、ユニバーサルデザインの製品開発を行っており、高齢化が進む現在では、お年よりや障害を持つ人の生活を支える福祉機器の商品開発にも注力している。今回、在宅で介助が必要な人に末永く水まわりを利用してもらえるよう、「家の中の段差をもっと簡単に越えられたら」「もっと小回りがきいたら」「もっと操作が簡単だったら」といった要望を反映した製品を発売することとなった。

 従来のホイールタイプに比べ、製品幅を551mmから470mmへと、よりコンパクトな設計とすることで、一般的なトイレドア開口である500mmでの通過ができるようにした。

 狭い空間でも快適に使ってもらえるよう、重心近くにφ200mmの後輪を配置。これにより、浴室出入り口や部屋の敷居など70mmまでの段差を乗り越える際の操作性を向上した。また、併せて狭い空間での回転性を向上させ、従来ホイールタイプでは切返しながらの移動が必要だった3/4坪の浴室の洗い場においても、切返すことなく旋回ができるようにした。

 水まわり用車いすは、要介護4、5など多くの介助が必要な人の利用が多い福祉機器。そこで、利用者の身体機能にあわせて、しっかりと体をサポートできるように調整式の背もたれを採用した。また、フットレストは、移乗時に操作しやすい開閉式を採用し、ワンタッチレバーで開閉操作が行えるようにした。さらにフットレストは着脱式であることから、利用用途によって着脱することができる。

 トイレや浴室など狭い空間で、介助の人がかがむことなく、手元でブレーキ操作ができるように配慮した「手元ブレーキロック」を採用。利用者だけでなく介助者の使用勝手も向上した。税込希望小売価格は119,700円。同社では、初年度年間5000台の販売を見込んでいる。


製品使用例
写真:製品使用例


問合せ先:利用者相談室
  • TEL:0120-03-1010


TOTO株式会社概要
関連記事

2008/05/21
デザインと使い勝手を両立した「新たなパブリックレストルーム空間」を提案TOTO、「RESTROOM ITEM 01」

2007/09/13
コンパクトサイズのパブリックトイレ向け「オストメイト対応トイレパック」を発売−TOTO、狭いトイレでもオストメイト配慮が対応可能に−

2007/06/11
車輪を6輪にして小回りと段差越えを容易にした、水まわり用車いすを発売−TOTO、「水まわり用車いす6輪タイプ」−

2004/10/15
戸建て住宅浴室用壁掛け後付けタイプの暖房機を発売−TOTO「三乾王浴室暖房機」、温度のバリアフリーを実現−

2002/10/31
高齢者施設の水まわり提案書を無料で配布−TOTO、「バリアフリーブック(高齢者施設の水まわり編)」−

2002/09/06
入浴や排泄の自立と介護を支援する商品、パブリックトイレや高齢者施設の水まわり器具などを展示−TOTO、「第29回国際福祉機器展」に出展−

2002/05/28
座ったままの姿勢で全身シャワー浴がおこなえる製品を発売−TOTO、「楽&楽シャワー」−

2001/12/12
手洗いから消毒までが1台で完了する非接触型の「自動消毒手洗器」−HACCPに対応、TOTOより発売−

2001/10/01
バリアフリーブック(パブリックトイレ編・住まいの水まわり編)を発行−TOTO、希望の人に無料で送付−

2001/08/02
オストメイトの人が使用するパウチやしびんが洗浄しやすい器具発売−TOTO、業界初、後付け可能なパブリック向け大便器設置用水栓器具−

2001/07/25
操作レバーの取り付け位置が選択可能な車いす使用者用洗面化粧台−TOTO、フェアリーシリーズ新発売−

2001/07/19
狭い和式トイレでも腰掛便器に改修、介護保険の住宅改修費支給対象商品−TOTO「コンパクトリモデル便器(コーナータイプ)」新発売−

2001/06/26
光エネルギーを使った脱臭機−TOTO、福祉施設・病院用の光触媒脱臭機を発売−

2001/06/01
ユニバーサルデザイン採用の集合住宅用ユニットバス−業界初、TOTOの「低床スリムシリーズ・ステップ付浴槽タイプ」−

2001/05/23
「レブリス」改め「楽&楽計画」−TOTOが新ブランドで13点を新発売−

2001/05/08
障害者トイレからだれでもトイレへ−TOTOがバリアフリートイレセミナーを開催−

2000/12/19
「水まわり車いすシャワー用低座面タイプ」を発売−TOTO−

2000/07/19
介護施設向けトイレを開発−TOTOと三健設備工業−

2000/03/23
新入浴システムを発売−TOTO−

2000/02/14
ニチイ学館が在宅介護大手を傘下に介護事業展開

2000/02/07
TOTOとニチイ学館が高齢者向住宅改修で提携

1999/12/14
車いす用洗面カウンター新発売 TOTO

1999/09/30
ベネッセやTOTOを表彰 介護や育児休業制度運用などで

1999/08/30
家庭用の尿糖検査機発売 TOTO-病院用と同等機能


車いす・移動・入浴関連記事

2008/06/19
日本人の体形にあわせた「コンフォート型」車いすを発売−パラマウントベッド、「ハンディコンフォート」−

2007/10/02
立ち上がりを支援する座面電動昇降機能付き車いすを新発売−日進医療器とリョービが共同開発、「ハッピーメイト」−

2007/07/06
フレームなどを一新した電動車いすを発売−スズキ、「カインドチェア」を一部改良−

2007/06/11
車輪を6輪にして小回りと段差越えを容易にした、水まわり用車いすを発売−TOTO、「水まわり用車いす6輪タイプ」−

2007/03/22
空港や航空機内での移動に適した車いすを開発−松下電工、空港配備用の新型車いすをANA国内線全50空港に納入−

2006/10/10
最新の画像センシング技術を用いたインテリジェント電動車いすを開発−産業技術総合研究所、安心・安全な電動車いすを実現−

2006/01/11
環境に優しい自動車シートを使った介助式車いすを発表−ウィズ会宝、「トレジャーケア(介助式車いす)」−

2005/10/07
車いすに後付け可能な歩行器ユニットと新方式リクライニングの車いすを開発−カワムラサイクル、「車いす歩行器ユニットW&Wシリーズ」と「新方式リクライニング標準型KPFシリーズ」−

2004/11/01
小回りしやすいコンパクトサイズの室内専用車いす2品種を発売−松下電工、「ナショナル室内用車いすリラクターン」−

2004/10/14
市街地での使用に配慮した新型電動車いす「タウンカート」を開発−スズキ、試作電動車いす「アリシア」も同時に発表−

2004/06/29
車いす利用者の自立と生活を支援する世界初のハンドル駆動型三輪車いす−フランスベッド、「リハビリ三輪車いすGF-01」−

2004/05/31
2003年の電動車いすによる交通事故の発生件数は231件−警察庁、「電動車いすに係る交通事故情勢等」−

2004/05/26
新デザインの高齢者など向け電動車いすを開発−スズキ、コンセプトモデル「TM-30C」−

2004/04/01
16インチホイールの軽量型電動車いすを発売−ヤマハ発動機、「タウニィジョイ」−

2003/11/21
部位サイズの調節がその場で可能で介助者の負担を軽減する車いすを発売−松下電工、「flexy(フレキシー)」−

2003/11/14
これまでの2倍の走行距離を実現した簡易電動車いすを発売−アイシン精機、「TAO-LightII(タオライトツー)」−

2003/10/16
ユーザーの走行をサポートする「マニュアルアシスト」機能搭載の車いすを発売−ジョンソン・エンド・ジョンソン、「INDEPENDENCE iGLIDE マニュアルアシスト車いす」−

2002/11/14
電動車いすの事故や利用実態を調査−警察庁、「高齢者の安全・快適なモビリティの確保に関する調査研究」−

2002/10/10
自走式手動車いすの走行耐久性、安全性などをテスト−国民生活センター、「自走用手動車いすの安全性を考える」−

2002/04/26
世界初、スヌーピー柄の子ども用車いす−丸石自転車、川村グループとの提携により実現−

2002/01/31
雪道走行ができる四輪駆動型電動車いすを開発、国内初、純北海道産で−北海道電力、北海道大学、クピド・フェアが共同研究−

2002/01/17
利用者に合わせて座面の高さなどが調節できる車いすを発売−パラマウントベッド、基本機能「座る・移乗・移動」を重視−

2002/01/16
車いすを利用していての事故情報を公開−国民生活センター−

2001/10/19
高齢者向けハンドル型電動車いすを発売−ヤマハ発動機「マイメイト」−

2001/07/04
折り畳むとスーツケース型の携帯用車いすを発売−化粧品のカネボウが車いす市場に参入−

2001/06/21
座面の上下動が簡単な室内用電動車いすを発売−ナショナル自転車の「リラクルチェア」−

2001/05/21
重量約7.5kgの軽量携帯車いす「夢キャリー2」−岡谷鋼機とフジワラ−

2001/04/10
シールドバッテリー搭載の電動車いす−スズキ−

2001/04/02
165度リクライニング式の車いす−丸石自転車「楽ちんくん」−

2001/03/22
リクライニングする低価格車いす−丸石自転車の「しなやかさん」−

2001/02/27
自転車メーカーのサスペンション付き車いす−ブリヂストンサイクル「ブリヂストンF-LINE」−

2000/12/19
「水まわり車いすシャワー用低座面タイプ」を発売−TOTO−

2000/10/20
乗せかえ装置付きの車いすを発売−いうら、「HS-300」−

2000/09/29
電動アシスト付き車いすを開発−ヤマハ、「ヤマハタウニィパス」−

2000/08/18
手元のスイッチでいすの高さを自由に変えられる「昇降式車いす」−テックイチ、バッテリー駆動で椅子部分を上下に調整−

2000/07/04
車いす、月産500台を目標に−メーコー工業九州事業所、福祉関連機器生産を拡充−

2000/06/07
「自走式移動機器」を開発−有薗製作所と九州工業大学情報工学部−

2000/06/06
格安フルオーダー車いすの販売を開始−カワムラサイクル、11万円前後で提供−

2000/05/22
昇降機機能をもつ車いすを開発−金藤工業、リクライニング式車いす「里美さん」−

2000/04/05
新しいタイプの電動車いすを開発−神奈川工科大、段差越えが可能−

2000/03/06
要介護者搬送システムを発売−タカノと米国のバートン・メディカル−

2000/03/03
回転シートなどを装備した新電動車いすを発売−ヤマハ発動機、「JW-III」−

1999/10/19
日進医療器の電動車いす−1回の充電で21キロ走行可能

1999/08/01
車いすのクレジット販売開始 日進医療器-専業メーカー初




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。