ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



認知症予防・介護予防を総合的に支援する介護予防支援ASPサービスの提供を開始

−テルウェル東日本とNTTアイティ、ASPサービス「はつらつ製造器」−

2007/07/11(Wed.)

大人の青汁
 テルウェル東日本株式会社とNTTアイティ株式会社は、自治体と介護事業者などの介護予防を行なう利用者に予防コンテンツを映像配信する介護予防支援ASPサービス「はつらつ製造器」を2006年4月から提供しているが、今回新たに認知症予防と低栄養予防プログラムの機能を加え、総合的介護予防サービスとして提供を開始した。

 同サービスは、従来、指導が難しかった認知症予防・低栄養予防をサポートすることにより、自治体が行う地域支援事業や有料老人ホームをはじめ、多くの介護施設と病院に入院している人々の健康増進に役立てることができる。

 テルウェル東日本では、他に先駆けて、自治体と介護事業者向けに、多地点TV会議と映像配信を組み合わせた介護予防支援ASPサービス「はつらつ製造器」として、転倒骨折や尿失禁さらには口腔機能向上やフットケアを中心にしたプログラムを提供・販売してきた。

 利用者より、指導が難しい「認知症予防プログラム」や「低栄養予防プログラム」の追加の要望があったことから、システム開発を担当するNTTアイティと東京都老人総合研究所は、最新の知見に基づく認知症予防と低栄養予防プログラムを共同開発し、介護予防支援ASPサービス「はつらつ製造器」に機能追加した。

 これまで利用されているデイサービスセンタなどに加え、今後活性化が期待される自治体の地域支援事業における介護予防教室や、元気な高齢者が入居している有料老人ホーム等、より多くの人に利用してもらうことができる。

 介護予防プログラムは東京都老人総合研究所の専門家の監修を受けて制作された信頼性の高い内容で、自治体や介護事業者は、同サービスを利用することで、経験の少ない職員でも十分に対応することができる。

 従来より提供している転倒骨折予防、尿失禁予防のプログラムは、運動主体のプログラムだが、今回提供開始する低栄養予防、認知症予防プログラムは、映像による予防法の解説を中心とし、脳を鍛えるトレーニング等も追加されており、介護予防を包括的に実施することができる。

 「認知症予防プログラム」では、認知症を起こす原因や症状を解説し、予防するための方策として、エピソード記憶、注意分割機能、計画力(または企画力)の3つの脳の機能をトレーニングする方法を提示する。また、認知症予防に効果があると言われている有酸素運動の1つとしてウォーキングの行い方も紹介する。エピソード記憶と注意分割機能については実際にトレーニングするための映像を用意している。

 「低栄養予防プログラム」では、高齢者がどのようにして低栄養になってしまうのか解説し、その予防法を提示する。多くの食品を摂取できるように、食品摂取多様性スコアまたはCook10を利用した、食事がバランスよくとれているかチェックする方法について解説している。また、栄養をとる上で重要な噛む力を鍛える方法や、食欲を増進させるための方策について紹介している。

 介護予防を必要とするデイサービスセンタや有料老人ホームなどの介護事業者と、保健福祉センタなどの自治体での利用を想定しており、税別価格は月額49,800円と、これまでの料金の据え置きとした。


認知症予防プログラム
画像:認知症予防プログラム


低栄養予防プログラム
画像:低栄養予防プログラム


関連リンク

テルウェル東日本株式会社概要
関連記事

2007/07/11
認知症予防・介護予防を総合的に支援する介護予防支援ASPサービスの提供を開始−テルウェル東日本とNTTアイティ、ASPサービス「はつらつ製造器」−

2006/10/26
映像配信により介護予防を支援するのASPサービスを開始−テルウェル東日本、「はつらつ製造器」−

2006/03/27
介護予防システムを利用した介護予防トライアルの結果を公表−テルウェル東日本など3社、参加者の運動機能向上を確認−

2006/03/03
介護保険改正に対応した介護予防支援ASPサービスを開始−テルウェル東日本など、運動機能の向上、栄養改善、口腔機能向上などのメニューを提供−

2006/01/19
NTT研究所開発のシステムを活用した介護予防センターを開設−テルウェル東日本、「テルウェル世田谷介護予防センター」−

2005/08/12
映像ストリーミングや多地点テレビ会議を組み合わせた介護予防システム−NTTなど6社、ブロードバンドを活用した介護予防事業トライアルを開始−


介護予防・運動関連記事

2008/02/05
50歳以上限定のフィットネスクラブと、機能訓練に特化したデイサービスを開始−OMG、イオンモール羽生に「GENKI NEXT」を開設−

2007/07/11
認知症予防・介護予防を総合的に支援する介護予防支援ASPサービスの提供を開始−テルウェル東日本とNTTアイティ、ASPサービス「はつらつ製造器」−

2007/07/02
膝に負担をかけず運動ができる「膝らく運動」方式採用の健脚フィットネス機器を発売−松下電器産業、「らくらくウォーク」−

2006/11/28
温熱シートによる加温と軽い運動の筋肉への効果を検討、介護予防にも期待−花王と豊橋創造大学リハビリテーション学部、筋力・筋肉量増加を確認−

2006/10/26
映像配信により介護予防を支援するのASPサービスを開始−テルウェル東日本、「はつらつ製造器」−

2006/09/19
介護予防に関する調査を実施−グラファージ、「介護保険法改正後、約半年を経過して」−

2006/07/11
高齢者の転倒予防と生活の質の向上を主目的とする振動刺激トレーニング装置を発売−エルクコーポレーション、「G-Flex」−

2006/03/27
介護予防システムを利用した介護予防トライアルの結果を公表−テルウェル東日本など3社、参加者の運動機能向上を確認−

2006/03/03
介護保険改正に対応した介護予防支援ASPサービスを開始−テルウェル東日本など、運動機能の向上、栄養改善、口腔機能向上などのメニューを提供−

2006/01/31
高齢者に優しい他動性トレーニング・マシンを発売−コンビウェルネス、「新モタサイズ」シリーズ−

2005/12/12
高齢者の転倒防止、歩行の改善に効果が期待できる健康器具を発売−日本テレビサービス、「ヒラオカ式健康・運動用補助具 足もとくん」−

2005/09/13
リハビリ・介護予防専門店「ラオックス・グラファージショップ」をオープン−ラオックス、グラファージ、シグマスタッフの3社−

2005/08/12
映像ストリーミングや多地点テレビ会議を組み合わせた介護予防システム−NTTなど6社、ブロードバンドを活用した介護予防事業トライアルを開始−

2005/08/02
ITと電話介入を活用した介護予防サービス−安全センター、「すこやか生活」−

2005/05/09
シニア住宅「グランクレールあざみ野」で介護予防プログラムを提供−東急不動産など、「予防重視型」介護保険制度改革に先駆け−

2005/04/08
介護予防サービスを本格的に開始−安全センター、東京都高齢者研究・福祉財団東京都老人総合研究所と提携−

2005/03/10
高齢者向け筋力向上トレーニング用具を発売−羽立工業、「毎日10分間筋力向上トレーニング」用具−

2004/11/11
介護施設へのインストラクター派遣で業務提携−メデカジャパンとセントラルスポーツ、介護予防事業として展開−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。