ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



団塊世代向け、安全・快適なシニアライフを提案する平屋建て住宅を発売

−パナホーム、「ふたりスタイル」−

2007/09/07(Fri.)

大人の青汁
 パナホーム株式会社は、ワンフロアの生活動線とユニバーサルデザインで、安心・快適なシニアライフを提案する団塊世代向けの平屋建て住宅「ふたりスタイル」を、新発売した。

 現在、国内に団塊世代(昭和22年〜昭和24年生まれ)は677万人おり、うち約半数の349万人が東京・大阪・名古屋の三大都市圏に居住している。また、東京圏に住む団塊の世代の4人に1人が、田舎暮らしや故郷へのUターン、子世帯の近くに移住したいと望むいっぽうで、約半数が「土地購入・建築資金等の経済的理由」が阻害要因となっていると考えている。(日本経済新聞社、株式会社東急住生活研究所調べ)

 こうした中、民間では、住み替えを希望しているシニア(50歳以上)のマイホームを借上げ、賃貸料を保証する非営利の法人として、有限責任中間法人「移住・住みかえ支援機構(JTI)」が2006年4月に設立された。同社は、同法人の協賛会社として参画している。

 同法人のサービスを利用すると、住宅の貸主となる団塊世代にとっては、今所有している住まいを売却することなく安定した収入を得ることができ、いっぽう、借主となる若年世代にとっては、子育て等に必要な住環境を手に入れやすくなる。このサービスは、貸主と借主の双方にメリットをもたらし、今後、団塊世代の移住・住み替えをさらに促進することが期待できる。

 新発売した「ふたりスタイル」は、市場背景や、同社の施主の意見や要望等を反映させて新しく開発。“団塊世代の夫婦”をメインターゲットに、安全・快適で豊かなシニアライフを提案する平屋の住まいとした。

 平屋の「ふたりスタイル」は、生活に必要なスペースをはじめ、くつろぎ・交流のスペースやウッドデッキ等の屋外スペースを、床面積110m2(33坪)程度のワンフロアに配置することで、安全で楽な生活動線を確保。今後高齢化していく体に負担がかかる階段昇降の必要がない。なお、「ふたりスタイル」では、屋根裏にプラスアルファのロフト空間を確保した1.5階建てのプランも用意している。(建築基準法上は2階建てとなる)

 自己実現意欲が高く、アクティブで気兼ねなくくらしたい団塊世代の志向に応え、「夫婦それぞれの自己実現」「夫婦ふたりの生活」「家族や友人との集い」「地域社会とのかかわり」といった生活スタイルを実現するため、夫婦それぞれの書斎や趣味室、寝室をはじめ、SOHO(Small Office / Home Office)や店舗併設のプランを用意。また、地域社会や家族の交流を大切にする志向に応え、子世帯や孫を迎えるゲストルームや、玄関で近所の人と気軽に交流できる土間空間等も用意し、住む人のこだわりやライフスタイルに合わせてさまざまなプラン提案を行う。

 松下グループが推進するユニバーサルデザインを随所に採用。松下グループが設定する「ユニバーサルデザイン基本6要素」を基本として、同社が住まいづくりの観点から、「家族一人ひとりが、いきいきと心豊かにくらせる、やさしい住まい」を目指して、家族が心身ともに健康で末永くくらせる住空間を提案する。

 くらしに必要なエネルギーを全て電気で賄うオール電化仕様。オール電化仕様は火を使わず安全・安心なほか、CO2の発生がなく空気が汚れない。また、水蒸気の発生も少ないので、内装の劣化を低減できる。オール電化仕様では、「IHクッキングヒーター」や、CO2冷媒ヒートポンプ式電気温水器「エコキュート」など、クリーンで安全・安心、省エネ、省コストにも貢献する先進設備を採用。「IHクッキングヒーター」は、火を使わず空気を汚さないほか、手入れも簡単になっている。なお、クリーンな太陽エネルギーの活用で創エネを実現する「ソーラー発電システム」も用意している。

 外壁には、光触媒技術を活用したタイルを採用。このタイルは、「超親水性」と「分解力」により、光と雨を利用したセルフクリーニング効果で美しさを長期間維持し、さらに排気ガス等の有害汚染物質(NOX=窒素酸化物)を分解する「空気浄化」の機能を備えている。光触媒タイルは、優れた防汚効果により、メンテナンスの手間やコストを大幅に節約でき、建物の資産価値を維持することができる。

 また、リビング・ダイニング等の眺望を大切にしたい1階の出入り口には、光触媒ガラスを採用。光触媒ガラスは、室外側ガラス表面の光触媒膜の「超親水性」により、汚れが付着しにくくなる。日常の手入れは、室外側ガラス面に水道水を霧状に散水するだけで後のカラ拭きは不要。

 「ふたりスタイル」は、大型パネル構造と軽量鉄骨柱・梁ラーメン構造を採用。フリープランで、消費税込の標準本体価格は3.3m2あたり59万円台よりとなっている。北海道を除く全国で販売し、同社では、初年度販売目標を400棟としている。


「ふたりスタイル」外観
写真:「ふたりスタイル」外観


関連リンク

パナホーム株式会社(旧:ナショナル住宅産業株式会社)概要
関連記事

2007/09/07
団塊世代向け、安全・快適なシニアライフを提案する平屋建て住宅を発売−パナホーム、「ふたりスタイル」−

2007/08/23
医療や介護サービスを備えた多機能型の高齢者専用賃貸住宅を発売−パナホーム、住宅業界初、「ケアビレッジ・リビング」−

2006/06/20
介護する人、受ける人の快適共存を実現する在宅介護対応住宅を発売−パナホーム、「パナホームエイジングホーム」−

2005/02/03
住宅業界初、設計・施工・自社運営による複合型介護保険施設を開設−パナホーム、「ケアビレッジ千里・古江台」−

2004/08/19
治療と介護の融合で安定経営を実現するドクター向け複合型医療・介護施設を発売−パナホーム、「ドクター・クアケア」−

2003/12/05
グループホーム等の介護関連施設向けファイナンスプログラム−パナホーム、「ナーシングホームローン」−

2003/10/23
介護保険施設事業者向け融資プログラムが利用可能な複合型介護保険施設を発売−パナホーム、「ケアビレッジ」−

2003/06/24
「介護型有料老人ホーム」事業領域を拡充−パナホーム、かんでんジョイライフと業務提携−

2003/03/17
グループホーム事業で培ったノウハウを盛り込んだ痴呆対応型共同生活用住宅を発売−パナホーム、「パナホームグランマ」−

2002/04/11
ホテル並みのサービスがついたシニア向賃貸住宅を展開−ナショナル住宅産業と松下電工の「サンリスタ」事業−

2000/05/25
施設設立を支援する事業を展開−ナショナル住宅産業が高齢者向け施設事業を強化−


住宅・住宅改修・リバースモーゲージ関連記事

2008/08/05
高齢者向けの仕様・設備を標準装備した平屋タイプの戸建貸家を発売−ミサワホーム、「Belle Lead Cassiya with Motherth(ベル リード カシーヤ ウィズ マザアス)」−

2008/07/11
アクティブシニア向けの平屋住宅を発売−ミサワホーム、SMART STYLE「A」−

2008/02/15
40%超の高齢者が住宅で「困っていることがある」−内閣府、「2005年度高齢者の住宅と生活環境に関する意識調査」−

2007/11/22
ユニバーサルデザインを導入した高級マンションのモデルルームをオープン−住友不動産、「グランドヒルズ成城」−

2007/09/07
団塊世代向け、安全・快適なシニアライフを提案する平屋建て住宅を発売−パナホーム、「ふたりスタイル」−

2007/08/23
医療や介護サービスを備えた多機能型の高齢者専用賃貸住宅を発売−パナホーム、住宅業界初、「ケアビレッジ・リビング」−

2007/08/08
室内バリアフリーを実現し、ゆとりある空間を実現した鉄鋼系平屋建住宅を発売−スズキビジネス、「グランドモダム」−

2007/08/01
「住宅も高齢化」、築年数が上昇する住宅ストック−日本総研、「拡大が期待されるリフォーム需要」調査結果を発表−

2007/07/20
アクティブシニアに向けた「大人を愉しむ」コンセプトの家を発売−ミサワホーム、「GENIUS Link-Age masters」−

2007/05/25
子会社を設立し介護付き高齢者専用賃貸住宅事業を開始−ニチイ学館、株式会社ニチイリビングを設立−

2007/04/17
高級シニア住宅「チャーミング・スクウェア」シリーズのモデルルームをオープン−ゼクスアクティブ・エイジ、チャーミング・スクウェア「白金」・「豊洲」−

2007/03/19
「脱施設化」をコンセプトとした高齢者専用賃貸住宅を開設−メッセージ、「Cアミーユ万博公園2」−

2007/03/16
家族の快適性と安全性を高めた外断熱・ユニバーサルデザインの家を発売−住友林業ツーバイフォー、「2×4 GARDENS・楽園(ツーバイフォーガーデンズ・楽園)」−

2007/01/29
団塊世代へ人生の楽しみを広げる平屋を提案住友林業、「MyForest-GRAND LIFE」

2006/12/25
日本レジデンシャルと生活科学運営が「シニア向け住宅」で協働−日本レジデンシャル、「ライフ&シニアハウス港北2」−

2006/12/22
やさしい光で階段を照らして高齢者の夜間の安全性を向上−松下電工、戸建住宅用木質階段にLED「ほたるライト」を標準装備−

2006/11/14
住まいから高齢者の自立支援を行い、終の棲家となりうる住まいを供給−積水化学、高齢者賃貸集合住宅「ハーベストメントIP」を発売−

2006/10/17
「第1回住まいのバリアフリーコンペティション」で住宅金融公庫賞を受賞−長谷工コーポレーションの萩中住宅−

2006/09/25
理想の住宅、70%が「ワンフロアー」に関心、男性は平屋派、女性はマンション派−住環境研究所、「老後の理想の住まいに関するアンケート調査」−

2006/07/13
2008年度から高齢者向けシニア住宅の入居者に教育プログラムを提供−関西大学文学部、社会開発研究センター、アンクラージュなど、日本初の「カレッジリンク型シニア住宅」を創設−

2006/07/07
ユニバーサルデザイン採用の「埼玉県福祉のまちづくり条例」適合証交付予定物件を販売−藤和不動産、「リーデンススクエア谷塚」−

2006/06/20
介護する人、受ける人の快適共存を実現する在宅介護対応住宅を発売−パナホーム、「パナホームエイジングホーム」−

2006/05/26
シニア棟を含む総戸数1,028戸の賃貸マンションを建設−三井不動産など、「芝浦アイランドA3街区プロジェクト(住宅棟)」起工式を挙行−

2006/05/17
シニア世代のケアハウス入居支援で介護施設運営企業3社と営業協力−東京スター銀行、新型リバースモーゲージで自宅からの住み替えを容易に−

2006/04/03
リバースモーゲージ型の新型ローンを取り扱い開始−積水ハウス、りそな銀行と提携しシニア層向け新制度を導入−

2006/03/15
築30年以上の建物で「親の老齢化」をリフォームの理由に挙げる人は12.7%−野村総研、「住まいのリフォームに関するアンケート調査」−

2006/03/13
親子老人ふれあいマンションを大阪府枚方市に5月開業−フランスベッドメディカルサービス、「フラン・スラージュ枚方」−

2005/09/12
60歳以上を対象とした新世代リバースモーゲージの取り扱い開始−東京スター銀行、「充実人生」−

2005/08/30
千葉県松戸市に全室個室55室の介護付高齢者住宅を開発−シーズクリエイトとシーズライフケア、「シーハーツ松戸」−

2005/03/08
3〜5階建有料老人ホームを発売−大和ハウス工業、「ダイワレアンジュソプラ」−

2005/01/13
老後資金を融資する「リバースモーゲージ」の取り扱い開始−中央三井信託銀行と三井住友海上、保険を活用した新たな仕組みを開発−

2004/10/18
マンションのバリアフリー化などに対応した「段差付きPRCスラブ」を開発−長谷工コーポレーション、「段差付きプレストレスト鉄筋コンクリート造スラブ(PRCスラブ)」−

2004/08/19
治療と介護の融合で安定経営を実現するドクター向け複合型医療・介護施設を発売−パナホーム、「ドクター・クアケア」−

2004/07/14
一時金なし、月額利用料13万5千円の高齢者住宅を開設−萬コーポレーション、「ジュネスライフ」−

2004/07/01
2階建有料老人ホームを発売−大和ハウス、「ダイワレアンジュ」−

2004/02/16
高齢者住宅事業の第一号施設が横浜市に開業−東急不動産、シニア住宅「グランクレールあざみ野」−

2004/01/29
ペット共生型のシニア向け賃貸住宅を柏市にオープン−ハウジング恒産、「ソレイユひばりが丘」−

2004/01/07
バリアフリー、緊急通報設備に加え日常生活を支えるサービスを付加した高齢者向け賃貸住宅−結の会、「プレジール南大沢」−

2003/12/22
高齢者対応バリアフリーマンションを発売−明和地所株式会社、「クリオ西高島平参番館」−

2003/10/23
介護保険施設事業者向け融資プログラムが利用可能な複合型介護保険施設を発売−パナホーム、「ケアビレッジ」−

2003/08/22
介護専用型高齢者住宅の運営経験を活かし、低価格のグループホームを発売−ミサワホーム、グループホームプロトタイプ−

2003/08/07
有料老人ホームなど新規医療事業に参入−ダイナシティ、子会社のメディカルブレインを通じて−

2003/07/09
アクティブシニア向け賃貸マンション2棟を企画、南西諸島への短期移住も提案−ユニマット不動産、「「ユニマットサポートマンション」」−

2003/05/19
空間を広くとった玄関プランなどを用意したユニバーサルデザイン仕様マンション−リクルートコスモス、「セントラルスウィート大宮桜木町」−

2003/04/23
傷・防汚機能等を持った福祉・介護・医療施設向け壁紙−リリカラ、「2003-2007高耐久壁装材」−

2003/04/04
事例解説の介護建築学習用ビデオを無料貸し出し−AB企画開発、介護建築コンサルテイングを開始−

2003/03/17
グループホーム事業で培ったノウハウを盛り込んだ痴呆対応型共同生活用住宅を発売−パナホーム、「パナホームグランマ」−

2003/02/03
シニア用マンションの建設参加者を募集−山陽ライフサービス、ベル建築研究所と浅沼組の協力のもと−

2002/07/08
バリアフリー住宅改修の無料相談サービスを開始−リアライズ、工務店・リフォーム会社向けに−

2002/06/17
東北初の医療介護・終身ライフサポート付分譲マンション−メデカジャパン、「メデカマンション桂」−

2002/06/04
介護保険の住宅改修に関する相談や消費者被害について公表−国民生活センター、「介護が必要な高齢者のための住宅改修」−

2002/05/27
アクティブシニア向け木質系住宅を発売−ミサワホーム、「GENIUS往来の家」−

2002/05/21
シニア世代を含む住まい・リフォームに関する消費者動向調査−シニアコミュニケーションとホームプロ−

2002/04/11
ホテル並みのサービスがついたシニア向賃貸住宅を展開−ナショナル住宅産業と松下電工の「サンリスタ」事業−

2002/02/06
ケアマネジャーの住宅改修の取り組み状況を調査−東京いきいきらいふ推進センター−

2001/08/17
関西で民間第1号のシニア住宅と介護施設の複合施設が完成−神鋼ケアライフ−

2001/05/30
マンション改革「ケアデザインプラン」を全物件に導入−三井不動産が高齢者対応仕様を策定・標準化−

2001/04/06
街を若返らせる施策−兵庫県営住宅が若年世帯を優先して入居募集−

2001/03/15
高齢者向け賃貸マンション「リバーヒルズ」を発売−東建コーポレーション−

2001/01/29
高齢者の家賃を保証−国土交通省の高齢者居住安定確保法案−

2000/08/31
介護付きマンションを10棟、270戸供給−不動産中央情報センター、北九州市で2002年夏までに−

2000/08/11
バリアフリー化された賃貸住宅を5年で10万戸供給−建設省がバリアフリーの賃貸住宅供給拡大に新制度−

2000/06/28
10年で10万戸のケア付き住宅を供給−住宅供給公社が今後の中核業務をケア付き賃貸住宅に転換−

2000/05/23
高齢者の民間賃貸住宅入居に関する調査−日本賃貸住宅管理業協会のまとめ−

2000/05/11
独身寮や社宅などを介護施設に改築−リエイ、「コミュニケア24」−

2000/05/09
介護事業資金と有価証券−ベネッセが不動産証券化により介護施設を展開−

2000/04/28
住環境整備を進める政策の基本的方向を発表−建設省、「総合的な高齢者居住政策の基本的方向」−

2000/04/07
グループホーム建設資金用の新型ローンを取り扱い開始−あさひ銀行、最高で3億円を融資−

2000/03/29
2000年度公共事業額、バリアフリーに4,024億円−建設省、前年度比11%増−

2000/03/22
社会福祉・医療事業団の融資対象にグループホーム運営組織を追加−事業費の70%を上限に−

2000/03/01
自分の持ち家を賃貸物件とし、家賃収入と年金で老人ホームに入居する仕組みを提供−不動産中央情報センター、独り暮らしに不安を抱える高齢者向けに−

1999/10/19
未公開株公開で資金調達し在宅医療の受けられる賃貸マンション建設




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。