ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



補聴器はフィッティングを受けて購入するべき

−国民生活センター、「通信販売の補聴器等の安全性や補聴効果」−

2007/09/11(Tue.)

大人の青汁
 独立行政法人国民生活センターは、販売サービスに関する調査も含めた「通信販売の補聴器等の安全性や補聴効果」についての概要を公表した。

 補聴器は、使用目的、効能または効果を「身体に装着して、難聴者が音を増幅して聞くことを可能とすること」とされる管理医療機器で、高齢化が急速に進展する中で国内の出荷台数は増加傾向にある。

 補聴器を装用して十分な効果を得るためには、個人の難聴の程度や生活環境、使用環境等に合わせた適切なフィッティングが非常に重要とされる。補聴器の販売を行うためには医療機器販売業の届出が必要だが、補聴器のフィッティングに関する専門的な資格はなく、業界の自主的な認定制度等に委ねられている現状。

 いっぽうで、インターネットやカタログ等の通信販売でも、補聴器が数多く販売されている。通信販売で販売される補聴器は難聴者個人に合わせた調整がなされないため、十分な補聴効果が得られなかったり、出力される音が大きすぎる等の理由で耳に悪影響を与える可能性が考えられる。

 また、医療機器ではないが、音を増幅できるとうたった「集音器」、「助聴器」等の名称の商品も通信販売で数多く販売されている。集音器等は難聴者を対象とした商品でないにもかかわらず、形状や機能が補聴器と酷似しており、難聴者が目的等を誤認して使用してしまう可能性がある。

 PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)には、補聴器等についての相談が約5年間で1,403件(2002年4月〜2007年6月30日までの登録分)寄せられている。そのうち515件は「安全・衛生」または「品質・機能」に関する相談で、その多くは「聞こえが悪い」、「耳に合わない」など販売店におけるフィッティングサービスに起因すると思われる内容。販売形態でみると、通信販売で購入したものについて「雑音が入り聞こえない」、「効果が感じられない」、「故障しやすい」等の相談が複数寄せられている。

 そこで、個人に合わせたフィッティングがなされることなく販売される補聴器と集音器等の問題点を明らかにするため、通信販売で販売される安価なものについて、安全性や補聴効果に関するテスト、モニターによる装用テストと表示の調査等を行うこととした。併せて、補聴器販売サービスの実態と問題点を調べるため、補聴器販売店に対するアンケート調査を実施し、消費者に情報提供することとした。

 PIO-NETよせられた相談では、販売購入形態をみると、「店舗購入」が59.1%と最も多かったが、店舗以外での購入も全体の35%程度を占めていた。契約当事者の年齢をみると、70歳代と80歳代で全体の70%近くを占めていた。「安全・衛生」または「品質・機能」に関する相談の内容をみると、「聞こえが悪い」、「耳に合わない」など補聴効果に関する相談が多くみられた。相談内容を販売購入形態別にみると、「店舗購入」した補聴器等については、不十分若しくは不適切なフィッティングが原因の可能性がある相談や形状に関する相談が多くみられた。いっぽう、「通信販売」した補聴器等については、故障や初期不良と思われる相談が店舗購入に比べて多くみられた。

 同センターでは、テスト対象10銘柄を選定し、安全性と補聴効果に関するテストを行った。また、軽度〜中等度難聴者を対象に、実使用の状況を想定したモニターテストを実施し、聞こえ具合を調べた。なお、テストにおいては、集音器等についても、補聴器と同様に補聴器に関する文献等を参考に評価を行った。

 テスト対象銘柄としたのは、通信販売(インターネットやカタログ等)で複数箇所販売されている、比較的安価な、軽度〜中等度難聴者用との表示がある耳あな形(耳の穴に挿入して使用するタイプ)、耳かけ形(耳にかけて使用するタイプ)、ポケット形(本体をポケットに入れイヤホンとコードをつないで使用するタイプ)の補聴器5銘柄と、医療機器ではないが、音を増幅できるとうたった集音器等5銘柄、合計10銘柄。

 テストの結果、出力される最大音が業界の出荷基準である120dBを超える銘柄が7銘柄あり安全上問題であると考えられた。また、最大音の平均値が軽度〜中等度難聴者にとって聴覚保護上十分安全だとされる110dB以下だったのは1銘柄のみだった

 補聴効果については、会話音を増幅する能力が小さく、十分な補聴効果を得られない可能性がある銘柄が3銘柄あった。また、会話音の聞き取りに適さない周波数特性を持つ銘柄が7銘柄あった。8銘柄は、モニターが使用しているフィッティングを受けて購入した補聴器に比べて十分な補聴効果が得られなかった。

 電池の寿命については、連続使用した場合、24時間程度で電池が消耗し、高額な電池代が必要となる銘柄が2銘柄あった。表示については、薬事法に基づく表示に不備のある銘柄が1銘柄あり、問題があった。また、集音器等の中に、誤認を与える可能性があるような表示がなされた銘柄があった。

 「認定補聴器専門店(認定店)と、認定店を除く日本補聴器販売店協会加盟店(認定店以外の加盟店)、認定店・加盟店以外の販売店(そのほかの販売店)」の3種類に分類した補聴器販売店に対してアンケートを行ったところ、販売店の約40%が「そのほかの販売店」で、これらの販売店では資格を持たない従業員が補聴器販売業務に従事していた。

 簡単な聴力検査設備はほとんどの販売店にあったが、詳細な聴力検査や補聴器の調整に用いられる設備・機器の有無には販売店の種類によって大きな差があった。設備、機器の有無は販売店の種類によって差があったにもかかわらず、販売時、販売後のサービス内容についての回答はほぼ同じで、矛盾していた。医療機関との連携体制は販売店の種類によって異なり、「そのほかの販売店」の52%は医師との連携を全くもっていなかった

 同センターでは、消費者へ向けたアドバイスとして、「フィッティングを受けて補聴器を購入するように」「補聴器を購入する際は、業界の認定制度の下で一定の基準を満たした販売店で購入するように」「難聴者は、集音器等を使用しないように」といった項目をあげている。


独立行政法人国民生活センター概要
関連記事

2008/08/04
「当選商法」に関する注意喚起情報を公表−国民生活センター、「高齢者に送られてくるDMには周囲も注意を」−

2008/06/11
「ロコ・ロンドン取引」について、消費者に対する注意喚起を実施−国民生活センター、相談急増「ロコ・ロンドン取引」−

2008/02/14
電動リクライニングベッドに挟まれて幼児が窒息死した事故について調査−国民生活センター、低価格・高価格の電動リクライニングベッドの安全性を検証−

2008/02/08
「高齢期の生活資金準備と金融商品」の調査結果を公表−国民生活センター、第38回国民生活動向調査−

2008/01/11
「テレビが見られなくなる」というトークに惑わされる高齢者が増加−国民生活センター、ケーブルテレビに関する相談が20%増−

2007/12/11
60歳代以上が狙われているクレジットを利用した販売被害−国民生活センター、「次々販売のトラブル」−

2007/11/21
「海外宝くじ」について、高齢者苦情が多数発生−国民生活センター、「誘いに乗らない、買わないことが肝心」と警鐘−

2007/10/12
高齢者の金融取引に関する相談内容等を公表、平均契約金額は523.9万円−国民生活センター、「高齢者金融取引110番」実施結果−

2007/09/28
生命保険の販売トラブルが高齢者に急増−国民生活センター、子や孫を被保険者とした悪質なケースなどが明らかに−

2007/09/11
補聴器はフィッティングを受けて購入するべき−国民生活センター、「通信販売の補聴器等の安全性や補聴効果」−

2007/04/06
「シニアカー・電動カート」の安全性などについて検証−国民生活センター、モニターテスト「電動3・4輪車の安全性」−

2007/01/22
新手の投資話「ロコ・ロンドン金」のトラブル事例を公表−国民生活センター、「ロコ・ロンドン金取引」の情報提供を開始−

2007/01/12
60歳以上の電話勧誘販売トラブル相談、6年間で3倍に−国民生活センター、「高年層をターゲットにした電話勧誘販売」−

2006/11/07
70歳以上高齢者からの消費生活センターへの相談が約14万件に−国民生活センター、高齢者を狙う悪質商法に関する相談事例−

2006/06/09
高齢者が被害にあっている架空請求の手口を公開−国民生活センター、2005年度の相談内容などを分析−

2006/03/30
有料老人ホームでの契約に関する問題などを明らかに−国民生活センター、「有料老人ホームをめぐる消費者問題に関する調査研究」−

2005/07/29
訪販リフォームに係る消費者トラブル、高齢者などが被害に−国民生活センターが注意喚起を公表−

2005/07/19
「個人年金保険の銀行窓口販売」70歳以上の高齢者とのトラブルが増加−国民生活センター、「高齢者に多い個人年金保険の銀行窓口販売に関するトラブル」−

2005/03/30
認知症高齢者、知的障害者、精神障害者のグループホームにおける消費者問題と権利擁護に関する調査研究を実施−国民生活センター、ホームを対象に行った調査から利用者保護を考察−

2004/05/28
施設で暮らす痴呆性高齢者・知的障害者の金銭的消費者被害を浮き彫りに−国民生活センター、「入所施設とグループホームで暮らす痴呆性高齢者・知的障害者の金銭管理と権利擁護に関する調査研究」−

2003/11/25
高齢者の消費者トラブル、70歳以上の平均契約金額は約98万円−国民生活センター、「深刻な高齢者の消費者トラブル−狙われる70歳以上−」−

2003/10/07
高齢者の家庭内事故4,176件を分析−国民生活センター、「危害情報からみた高齢者の家庭内事故」−

2003/10/01
悪徳商法被害に遭った障害者・痴呆性高齢者の相談が5年間で2.6倍−国民生活センター、「知的障害者、精神障害者、痴呆性高齢者の消費者被害と権利擁護に関する調査研究」−

2003/02/13
高齢者等が利用する歩行補助車についてテストを実施−国民生活センター、「歩行補助車の安全を考える」−

2002/10/10
自走式手動車いすの走行耐久性、安全性などをテスト−国民生活センター、「自走用手動車いすの安全性を考える」−

2002/07/17
尿の吸収量表示に問題があった失禁ケア用品について調査−国民生活センター、失禁パンツや失禁パッドなどを対象に−

2002/06/04
介護保険の住宅改修に関する相談や消費者被害について公表−国民生活センター、「介護が必要な高齢者のための住宅改修」−

2002/02/14
「やわらかく食べやすい」ことをうたった食品をテスト−国民生活センターが調査、やわらかさには好評価、利用意欲は低い−

2002/01/22
高齢者の消費者トラブル「次々販売」が増加−国民生活センターが警笛−

2002/01/16
車いすを利用していての事故情報を公開−国民生活センター−

2000/11/08
介護サービスの問題点はお金と質−国民生活センターが「介護契約にかかわる相談の実態」を発表−

1999/08/17
介護サービスの契約書 不備多数発覚-国民生活センター


補聴器関連記事

2008/05/20
聴こえやすいコンパクトなイヤホンタイプとシンプルなハンディタイプの補聴器を発売−シナノケンシ、プレクスター「美聴だんらん」「美聴ハンディ」−

2008/05/01
ノイズを抑えたデジタル補聴器23機種を発売−パナソニック四国エレクトロニクスなど、デジタル補聴器「ONWA(おんわ)」−

2008/03/19
ボリューム調整に「リモコン」採用の補聴器最上位機種を発売−リオン、「リオネットルーク」−

2007/09/11
補聴器はフィッティングを受けて購入するべき−国民生活センター、「通信販売の補聴器等の安全性や補聴効果」−

2007/05/15
高度・重度難聴の人々に向け、スーパーパワー耳かけ形補聴器を発売−リオン、リオネット耳かけ形補聴器「HB-G4PE」−

2007/04/10
音のこもりやひびき感を軽減した耳あな形オーダーメイド補聴器を発売−リオン、「デジタリアンLシリーズ」−

2007/03/02
「隠す」補聴器から「魅せる」補聴器への変革−リオン、耳かけ形補聴器「リオネットロコ」を発売−

2006/10/30
日本初となるメガネ形骨導補聴器を発売−スターキージャパン、「F229Dデジタル骨導補聴器」−

2006/09/06
機能性やデザイン性向上を行ったデジタル式耳あな形オーダーメイド補聴器3機種を発売−リオン、リオネット補聴器デジタリアンシリーズの主力機種−

2006/08/21
高度・重度難聴向けに高出力の補聴器を発売−リオン、リオネット耳かけ形補聴器HB-G4P−

2006/06/07
世界初の防水型デジタルオーダーメイド補聴器の後継機種を発売−リオン、「HI-G4WU」−

2006/04/26
32バンドデジタル信号処理搭載のデジタルオーダーメイドの耳あな型補聴器を発売−松下電器産業、「AYA PASSION」6機種−

2006/02/14
周辺の音環境に対応し、自動的に常に聴きやすい音を提供する補聴器3機種を発売−リオン、リオネットデジタル補聴器「デジタリアンAシリーズ」−

2006/01/18
「初めて使う・気軽に使うデジタル補聴器」を開発コンセプトとした補聴器を発売−松下電器産業、デジタルレディメイド耳あな型補聴器「こみみ」−

2005/05/20
水に濡れても大丈夫なデジタルオーダーメイド補聴器を発売−リオン、世界初の防水型デジタルオーダーメイド補聴器「HI-G4WE」−

2004/12/09
32バンドディジタル信号処理搭載、オーダーメイドディジタル耳あな形補聴器を発売−松下電器産業ヘルスケア社など、「AYAPROシリーズ」6機種−

2004/11/24
駅や人込みの中の騒音を抑えた快適な会話に配慮した補聴器を発売−リオン、耳かけ形デジタル補聴器「HB-D7シリーズ」から2機種をラインアップ−

2004/10/05
オーダーメイド補聴器、カナールエイド、耳かけ形補聴器の3機種を発売−リオン、「デジタリアンSシリーズ」−

2004/08/06
より自然な聴こえを実現するデジタル補聴器3機種を発売−リオン、「NEWジョイトーン」−

2004/06/10
東京・御茶ノ水に「パナソニック補聴器プラザ」を開設−パナソニック補聴器が神尾記念病院と業務提携−

2004/06/01
難聴者が気軽にミュージカルを観劇できる赤外線補聴システム−ジャトー、宝塚大劇場に納入−

2004/01/09
オーダーメイド補聴器のシェル自動生産システムを開発、春より生産開始−リオン、「リオネット夢耳工房」−

2003/11/04
世界初の補聴器のブランド契約締結−ベネトンジャパンとワイデックス、「Bravo(ブラボー)」シリーズ−

2002/11/13
軽度から中等度の老人性難聴者向け高性能ポケット型補聴器を発売−昭栄、「美聴(びちょう)」(ASH-2000)−

2002/09/25
耳あな形のフルデジタル補聴器を6種類発売−松下通信工業、「クリオネデジタル補聴器シリーズ」−

2002/08/28
低価格・超小型サイズを実現したデジタル補聴器を発売−リオン、「JOYTON HI-D8E」−

2002/08/08
超小型・高出力のオーダーメイドフルデジタル補聴器4機種を発売−リオン、新「デジタリアンVシリーズ」−

2002/04/08
ミニチュアコンピュータが人の声を自動認識する補聴器を発売−「世界6大補聴器メーカー」の日本法人オーティコン−

2002/03/22
初心者向け耳あな形補聴器「HI-70」を発売−リオン、小型で手軽な仕様を実現−

2002/01/29
快適でクリアな聞こえのデジタル補聴器「ジョイトーン」3機種を発売−リオン−

2001/09/12
従来困難だった日常生活に即した聴き取り能力測定法を開発−NTTと東北大学−

2001/08/16
中等度から重度難聴向けフルデジタル補聴器発売−リオン、デジタリアンVシリーズ−

2001/06/08
補聴器の耳あか詰まり問題を解消する新製品−オムロンイヤメイト「AK-04」補聴器−

2000/04/20
デジタル補聴器2機種を同時発売−ニコン・エシロール、イズムND-C1とND-C2−

2000/04/11
「補聴器の日」を制定−全国補聴器販売協会と全国補聴器メーカー協議会−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。