ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



燃料電池性能を向上させたセニアカーを参考出品

−スズキ、「MIO(ミオ)」−

2007/10/04(Thu.)

大人の青汁
 スズキ株式会社は、第34回国際福祉機器展H.C.R.2007に、昨年同展示会に出品した燃料電池を搭載したセニアカー「MIO(ミオ)」を改良し、新たなモデルとして参考出品した。

 「MIO」は、市販のハンドル型電動車いすスズキセニアカーのバッテリーを、ダイレクトメタノール型燃料電池に置き換えたセニアカーで、今年参考出品するモデルは、昨年の同モデルの燃料電池性能を向上させ、より長距離の走行を可能とした。

 メタノールを燃料とする「ダイレクトメタノール型燃料電池」を搭載し、4Lのメタノールで60Km以上(昨年の出品モデルは約40Km)の長距離走行を可能とした。また、カセット式の燃料補助ボトルを装備し、外出先でも燃料補給が可能となり、電池切れの不安を解消できる。

 大型のアームレストを装備し、利用者が安心して走行できるようにした。アームレストの両サイドにはLEDランプのウインカー兼ポジションライトを装備し、横方向からの被視認性を向上させた。

 バーハンドルの両端に球形ノブを追加し、ハンドルの操舵角が大きい時でも手首の負担なく操舵できる、高齢者に優しいハンドルデザインとした。

 燃料とバッテリーの残量表示や燃料電池の稼動状態表示の他に、段差や急な坂道を避ける経路を案内するナビゲーション機能を追加。さらに後方のカメラ映像を映し出すバック映像モニターとしても機能する大型液晶パネルを装備した。


セニアカー「MIO」
写真:セニアカー「MIO」


スズキ株式会社概要
  • ホームページ:スズキ
  • 所在地:静岡県浜松市高塚町300
  • 電話:053-440-2061

関連記事

2007/10/04
燃料電池性能を向上させたセニアカーを参考出品−スズキ、「MIO(ミオ)」−

2007/07/06
フレームなどを一新した電動車いすを発売−スズキ、「カインドチェア」を一部改良−

2007/06/22
電動車両「セニアカー」シリーズを一部改良−スズキ、連続走行距離を伸ばすなどの改良を実施−

2007/05/02
「中国国際福祉博覧会」に福祉機器を参考出展−スズキ、セニアカーや電動車いすなどを−

2007/04/23
助手席が回転・スライドする機構を採用した小型乗用車を設定−スズキ、「SX4回転スライドシート車」−

2006/09/28
燃料電池を搭載した電動車いすを開発、国際福祉機器展に参考出品−スズキ、「MIO(ミオ)」−

2006/06/05
電動車いす「セニアカー」の上級タイプ「ET4D」に2色の新色を設定して発売−スズキ、周囲からの被視認性を高める工夫も−

2006/02/03
スズキ、軽ワンボックスタイプの福祉車両3タイプを発売−スズキ、「エブリイワゴン車いす移動車」「エブリイ車いす移動車」「エブリイワゴン昇降シート車」−

2005/10/18
屋外走行にも適した身体障害者用電動車いすを開発−スズキ、「ジョイモービル」−

2005/10/05
小型乗用車「ソリオ」に福祉車両「昇降シート車」を設定−スズキ、「ソリオ昇降シート車」−

2005/01/28
新型小型車「スイフト」に福祉車両「回転スライドシート車」を設定−スズキ、前後に最大230mmスライドする機構を採用−

2005/01/06
新型「アルト」の福祉車両「回転スライドシート車」を発売−スズキ、「アルト」(Gタイプ)をベースに−

2004/10/14
市街地での使用に配慮した新型電動車いす「タウンカート」を開発−スズキ、試作電動車いす「アリシア」も同時に発表−

2004/05/26
新デザインの高齢者など向け電動車いすを開発−スズキ、コンセプトモデル「TM-30C」−

2004/02/05
快適性、使いやすさを向上し、車両価格の値下げを実施した福祉車両を発売−スズキ、「ワゴンR車いす移動車」−

2003/04/07
ワゴンRの福祉車両「車いす送迎車」を一部改良、値下げ−スズキ、「ワゴンR車いす送迎車」−

2003/03/03
シンプル装備、軽量、低価格の4輪セニアカーを発売−スズキ、電動車いす「セニアカー ET4E」−

2002/12/10
足腰の不自由な人の乗り降りに配慮した「助手席回転シート車」を発売−スズキ、「アルト ラパン」「アルト バン」に設定−

2002/10/28
福祉車両を一部改良、4タイプを発売−スズキ、「ワゴンR助手席リフトアップ車」「ワゴンR助手席回転シート車」−

2002/07/04
助手席を電動で回転・昇降し、車いすからの乗り移りが容易に−スズキ、「MRワゴン助手席リフトアップ車」−

2002/03/29
高齢者向け電動車両「セニアカー」の上級仕様「ET-4G」を発売−スズキ、累計12万台の人気シリーズに投入−

2002/02/13
足腰の不自由な人に配慮、助手席回転シート装備の軽乗用車を発売−スズキ、「ワゴンR」「MRワゴン」「エリオ」の3車種に設定−

2001/05/24
電動福祉車両「セニアカー」をOEM供給−スズキとナショナル自転車工業の提携−

2001/04/10
シールドバッテリー搭載の電動車いす−スズキ−

2001/03/30
手動車いすに後付け可能な電動ユニット−スズキ「カインドチェア」−

2001/02/06
助手席リフトアップ車の4WDバージョンを発売−スズキ、ワゴンRに−


電動カー関連記事

2007/10/04
燃料電池性能を向上させたセニアカーを参考出品−スズキ、「MIO(ミオ)」−

2007/06/22
電動車両「セニアカー」シリーズを一部改良−スズキ、連続走行距離を伸ばすなどの改良を実施−

2007/05/02
「中国国際福祉博覧会」に福祉機器を参考出展−スズキ、セニアカーや電動車いすなどを−

2007/04/06
「シニアカー・電動カート」の安全性などについて検証−国民生活センター、モニターテスト「電動3・4輪車の安全性」−

2007/03/15
新機能追加したハンドル型電動車いすを発売−ヤマハ発動機、「マイメイト(YM-12)」−

2006/09/28
燃料電池を搭載した電動車いすを開発、国際福祉機器展に参考出品−スズキ、「MIO(ミオ)」−

2006/06/05
電動車いす「セニアカー」の上級タイプ「ET4D」に2色の新色を設定して発売−スズキ、周囲からの被視認性を高める工夫も−

2006/05/25
国内初、車いすのまま介助者といっしょに利用できる電動乗用ビークルを発売−ワイズギア、「楽楽(らら)」−

2005/10/18
屋外走行にも適した身体障害者用電動車いすを開発−スズキ、「ジョイモービル」−

2003/09/05
公共交通機関でのハンドル形電動車いすについての報告書を公表−国土交通省の交通バリアフリー技術規格調査研究委員会が取りまとめ−

2003/05/28
電動車いすの安全利用に関するマニュアルを作成−警察庁、指導者用と利用者用の2種類を用意−

2003/04/30
ハンドル型電動車いす「マイメイト」に新色追加−ヤマハ発動機、「マイメイト四輪タイプオプションカラー」−

2003/03/11
ハンドル型電動車いすのヤマハ「マイメイト」に三輪タイプを追加−ヤマハ発動機、四輪タイプもマイナーチェンジし新色追加−

2003/03/03
シンプル装備、軽量、低価格の4輪セニアカーを発売−スズキ、電動車いす「セニアカー ET4E」−

2002/12/03
電動四輪車「エブリデー」をマイナーチェンジ−アラコ、多くの改良を実施し価格は据え置き−

2002/10/25
電動四輪車いす「モンパルML100」を一部改良、値下げ−ホンダ、「モンパルML100」−

2002/03/29
高齢者向け電動車両「セニアカー」の上級仕様「ET-4G」を発売−スズキ、累計12万台の人気シリーズに投入−

2001/10/18
電動四輪カートが、2001年度グッドデザイン賞を受賞−三菱自動車エンジニアリング「ハーティパル」−

2001/05/15
介助者が運転できる自走・介助兼用仕様の電動カート−三菱自動車エンジニアリングの電動四輪カート−

2000/10/02
電動カートで初めて四輪独立サスペンションを採用−松下電工、NAIS電動カートを発売−

2000/09/27
電動四輪車「エブリデータイプ4」を発売−アラコ、電動三輪車・四輪車としては3タイプ目−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。