ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



人の活動をサポートする「トヨタ・パートナーロボット」の開発概要を発表

−トヨタ、「モビリティロボット」「バイオリン演奏ロボット」−

2007/12/06(Thu.)

大人の青汁
 トヨタ自動車株式会社は、現在開発を進めている、人の活動をサポートする「トヨタ・パートナーロボット」について、将来に向けた取り組みと新たなロボットについて発表した。

 同社では、「パートナーロボット」の役立つ主なフィールドとして「家庭内での家事支援」「介護・医療支援」「製造・モノづくり支援」「近距離のパーソナル移動支援」という4つの領域を考えており、そのための技術開発においては、工場での重い部品の搭載を容易にするアシスト装置のような「人と協調する技術」や、自律して動ける「移動技術」、走ったり跳んだりといった「全身運動能力」、「道具を使う能力」を念頭に開発を進めている。このような状況のもと、今回は新たに「モビリティロボット」「バイオリン演奏ロボット」の2体のロボットを発表した。

 「モビリティロボット」は、「近距離のパーソナル移動支援」を主眼に開発したもので、段差や斜面でも安定した走行が可能で、屋内での自律移動機能や使用者の追従機能も備えている。

 また、「バイオリン演奏ロボット」は、「家庭内での家事支援」「介護・医療支援」を念頭に、「道具を使う」ロボットとして開発したもので、両手・両腕に内蔵した合計17の関節を、高度な制御により協調させ、人間の手や腕の繊細な動きを実現している。

 同社は、未来の豊かな社会づくりのために、「3つのサステイナビリティ」を取り組みのキーワードとして、「研究開発」「モノづくり」「社会貢献」におけるサステイナビリティを追求している。「パートナーロボット」においても、サステイナビリティを念頭に、モビリティ技術や生産技術など、同社のモノづくり技術を応用した開発を進めており、2005年の愛・地球博ではトヨタグループパビリオンのエンタテイメントとして、複数のロボットを出展。さらに、今年は案内ロボットを開発し、現在、トヨタ会館において運用を開始している。

 同社では、今後もこうした「パートナーロボット」の開発を、産官学の連携を一層強化し鋭意進めることにより、2010年代の早い段階での「パートナーロボット」の実用化を目指して、積極的に取り組んでいく方針。


モビリティロボット
写真:モビリティロボット

バイオリン演奏ロボット
写真:バイオリン演奏ロボット


トヨタ自動車株式会社概要
関連記事

2007/12/06
人の活動をサポートする「トヨタ・パートナーロボット」の開発概要を発表−トヨタ、「モビリティロボット」「バイオリン演奏ロボット」−

2007/07/10
ヴォクシーとノアのウェルキャブシリーズに新設定仕様を追加−トヨタ自動車、ヴォクシーとノアをフルモデルチェンジ−

2006/11/30
オートモールと総合福祉展示場をオープン−トヨタとダイハツ、「トヨタウェルモール」−

2006/08/08
ヴォクシーウェルキャブの特別仕様車を発売−トヨタ自動車、特別仕様車Z“煌(きらめき)”−

2006/01/24
高級ミニバン「エスティマ」をフルモデルチェンジし、福祉車両も同時に発売−トヨタ、「サイドリフトアップシート車」「助手席リフトアップシート車」などを設定−

2005/09/16
「第32回国際福祉機器展」に最新の福祉車両、住宅・介護関連機器を共同出展−トヨタ・ダイハツとトヨタグループ関連11社−

2005/06/06
福祉車両に無料で試乗できるイベントを開催−トヨタ、「ウェルキャブドライビングデー」−

2005/02/01
ユニバーサルデザインを取り入れたミディアムクラスの新型ミニバンを発売−トヨタ、「アイシス」−

2004/12/07
「トヨタ環境活動助成プログラム」2004年度の助成対象を決定−トヨタ自動車、開始以来5年間の支援累計は世界26カ国、64件、9億1千万円に−

2004/10/04
「第31回国際福祉機器展」に福祉車両、住宅・介護関連機器を共同出展−トヨタ自動車、ダイハツ工業とトヨタグループ関連17社−

2004/09/29
防犯ブザー機能などを追加した新型PHS端末を発売−トヨタ、「ぴぴっとフォン」−

2004/06/28
民間非営利の団体やグループが行う環境改善・保全事業を助成−トヨタ自動車、2004年度「トヨタ環境活動助成プログラム」−

2004/04/22
国内最大級となるウェルキャブの展示・試乗コーナーをMEGAWEBに設置−トヨタ、新展示場「トヨタユニバーサルデザインショウケース」をオープン−

2003/12/08
シエンタにウェルキャブの「車いす仕様車」を設定−トヨタ、コンパクトクラスとして初めて5名+車いす1名の乗車を実現−

2003/08/08
地域に根差した国内外の実践型プロジェクトを助成−トヨタ自動車、「トヨタ環境活動助成プログラム」−

2002/11/15
助手席回転や全自動助手席回転のスライドシート車、フレンドマチック取付用専用車を設定−トヨタ、「カムリ」にウェルキャブシリーズを設定−

2002/09/05
国際福祉機器展に福祉車両、住宅・介護関連機器を共同出展−トヨタ、トヨタグループ12社、ダイハツ−

2002/07/29
「センチュリー」にウェルキャブ後席回転シート仕様を設定−トヨタ、使用性・快適性を充実−

2002/05/16
高齢者や子供向け移動体電話、簡単操作のH”対応端末を共同開発−トヨタとDDIポケットと京セラ、「ぴぴっとフォン」−

2002/01/28
運転席が電動車いすに変わるウェルドライブシステムを採用した福祉車両−トヨタ、エスティマT・エスティマLを発売−

2000/07/12
福祉車両「ウェルキャブ」シリーズを展開−トヨタ自動車の福祉車両販売が好調、事業強化へ−

2000/01/21
第2の人生を考える−トヨタ

1999/12/07
福祉車両の運行管理システム-トヨタ

1999/10/08
トヨタが福岡市に福祉車両展示場−東京・神戸に次いで


ロボット関連記事

2007/12/06
人の活動をサポートする「トヨタ・パートナーロボット」の開発概要を発表−トヨタ、「モビリティロボット」「バイオリン演奏ロボット」−

2007/08/06
介護現場で“やさしく”働く「支援ロボット」の導入を目指し理研と企業が連携センターを開設−理化学研究所と東海ゴム工業、「理研−東海ゴム人間共存ロボット連携センター」−

2007/02/15
住宅や医療・介護施設などで応用できるロボット事業で業務提携−大和ハウスとCYBERDYNE、ロボットスーツ量産化なども目的に合意−

2006/02/15
ロボットとシニア層のビジネス戦略と展望について調査・分析した資料を販売−ネットアンドセキュリティ、「家庭用ロボットの需要調査とシニア層の市場開発に関する調査」−

2005/12/20
建物などから情報をセンサーで取得し自在に移動する「車いすロボット」を開発−清水建設、福岡市ロボット特区の公道で実証実験に成功−

2005/03/28
愛・地球博へ次世代インテリジェント車いすロボットを出展−アイシン精機、「TAO Aicle(タオアイクル)」−

2005/03/25
医療介護分野のリハビリ実習用下肢ロボットの実証実験を実施−大阪産業創造館のロボットラボラトリー、理学療法士を目指している学生を対象に−

2005/01/14
高齢者向けパートナーロボット「よりそいifbot」を発売−ビジネスデザイン研究所、ドリームサプライ、フタバ産業など3社が共同開発−

2004/10/13
重度身障者向けで国内初の本格的な自立支援リフト、来年度早々に販売開始−セコム、要介護者自立支援ロボット「セコムリフト」の試作機が完成−

2003/02/07
高齢者の家族に異常が起きたことを知らせる人型ロボット、留守番や見守りも可能−三菱重工業、ホームユースロボットを開発、イメージモデル「ワカマル」を完成−

2002/10/08
外出先から携帯電話で操作し、要介護者の状況を確認できるホームロボット−富士通研究所、「MARON-1」を開発−

2002/05/30
介護施設向けに会話ができるロボットを開発−山武、個人を認識し、その人の好きな話題でコミュニケーションが可能−

2002/05/01
日本初の食事支援ロボット「マイスプーン」の販売を開始−セコムとセコム医療システム−

2001/01/12
要介護者をベッドなどから抱きかかえれる「介護ロボットアーム」−コーナン電子が「多関節(オフセット回転関節)ロボット」を開発−

2000/08/22
コミニケーション機能搭載のロボットを開発−ATR知能映像通信研究所、「ロボビー」−

2000/05/08
福祉ロボットなどの大会−知能ロボット「パートナーロボット」の全国競技大会が開催−

1999/12/22
仙台で介護ロボットの協議会が産官学で発足




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。