ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



2008年度の年金額は、1人当たり月額66008円

−総務省、2007年度の年金額を据え置きに−

2008/01/31(Thu.)

大人の青汁
 総務省は、2007年平均の全国消費者物価指数(生鮮食品を含む総合指数)の対前年比変動率が0.0%となったことを発表した。2008年度の年金額については、物価の伸びが0.0%であることから、新規裁定者、既裁定者いずれも据え置きとなる。

 新規裁定者の年金額は、本来、賃金の伸びで改定することとされているが、賃金の伸びはマイナス0.4%で、物価の伸びよりも低いため、物価の伸びで改定することとなる。

 なお、2000年度から2002年度のマイナス物価スライド(累積マイナス1.7%)を据え置いていることから、現在の年金額は、本来水準よりも1.7%高い水準の年金額(物価スライド特例水準の年金額)となっている。このため、引き続き、物価スライド特例水準の年金額が支給されることになり、2007年度の年金額を据え置きとする。

 2008年度の年金額(月額)は、国民年金の老齢基礎年金の1人分が66008円(夫婦2人分で132016円)となる。また、厚生年金の夫婦2人分の老齢基礎年金を含む標準的な年金額は232592円となる。厚生年金は、夫が平均的収入(平均標準報酬36.0万円)で40年間就業し、妻がその期間全て専業主婦であった世帯の新規裁定の給付水準として計算した金額。

 2004年改正で導入されたマクロ経済スライドによる調整については、物価スライド特例措置による物価下落率の累積分(1.7%)が解消された後に開始されることとされており、2008年度においては行われない。


総務省概要
関連記事

2008/01/31
2008年度の年金額は、1人当たり月額66008円−総務省、2007年度の年金額を据え置きに−

2006/11/15
65歳以上人口は総人口の20%超、75歳以上人口は約10%、国際的にも最高水準に−総務省、「統計からみた国内の高齢者」−

2006/07/19
65歳以上人口は3.7%上昇し、総人口比21.0%に−総務省、「2005年国勢調査抽出速報集計結果の概要」−

2006/03/07
だれでも使える地方公共団体ホームページの実現に向けたセミナーを全国4箇所で開催−総務省、「ウェブアクセシビリティセミナー」−

2003/01/17
未(ひつじ)年生まれは1001万人、うち72歳になる年男、年女は129万人−総務省、2003年1月1日現在の推計より−

2002/06/28
有料道路料金の障害者割引制度の利用手続緩和に向けて−総務省、国土交通省に対し改善を図るようあっせん−

2002/05/23
聴覚障害者のための電話リレーサービスを開始−アステム、総務省支援のもと事業化−

2002/05/10
人口移動率、年齢とともに低下するが75歳以上では上昇傾向に−総務省、「2000年国勢調査人口移動」−

2002/04/24
介護保険制度の要介護等認定や身体的拘束、保険料の徴収などの問題を指摘−総務省が厚生労働省に勧告「介護保険の運営状況に関する実態調査結果」−

2002/03/15
133億円の未支給助成金など、高齢者雇用対策のムダや不要な制度を指摘−総務省が厚生労働省に勧告「高齢者雇用対策に関する行政評価・監視結果」−

2001/11/07
高齢夫婦世帯は5年で32.5%増加、高齢女性の5.6人に1人は単身者−総務省、2000年国勢調査第1次基本集計結果−

2001/09/17
高齢者の人口2272万人、高い労働力人口比率、家計資産額6562万円−総務省の発表「敬老の日」にちなんで−

2001/07/03
視聴覚障害者向け放送が増加−総務省調査「視聴覚障害者向け放送の現状」−

2001/07/02
65歳以上人口と15歳未満人口が初めて逆転−総務省、国勢調査の抽出速報−

2001/05/07
「こどもの日・こどもの数」27年連続の低下−総務省15歳未満人口推計−

2001/03/06
障害者向けブロードバンドコンテンツ−総務省の実証実験がネットで開始−

2001/02/21
郵便貯金の福祉定期貯金が8度目の延長−総務省、多くの要望を受けて−


年金関連記事

2008/05/29
台湾労工保険局から国民年金システムを受注−NEC、総額約35億円になる国民年金システム構築業務−

2008/01/31
2008年度の年金額は、1人当たり月額66008円−総務省、2007年度の年金額を据え置きに−

2007/09/03
社会保険庁からの発信情報は十分に国民に伝わっていないことが明らかに−NTTレゾナントと三菱総合研究所のgooリサーチ、「年金記録問題と社会保険庁の情報提供に関する3万人の緊急意識調査」−

2006/07/27
過去最高となる8兆9000億円余りの収益を計上−年金積立金管理運用独立行政法人、「2005年度年金資金運用業務概況書」−

2006/03/22
公的年金の第1号未加入者数が前年比27万人減少−社会保険庁、「2004年公的年金加入状況等調査結果速報」−

2006/03/02
「個人年金」に関する調査結果を発表−マイボイスコム、未加入の理由トップは「保険料を支払う金額的な余裕がない」−

2005/12/01
国民年金・厚生年金保険に関する証明書申請の電話受付を開始−社会保険庁、受給者サービス促進の一環として−

2005/11/11
年金相談に関する利用者満足度「おおむね満足」−社会保険庁、「社会保険事務所・年金相談センター利用者満足度アンケート」−

2005/05/11
耳が不自由な人々に配慮した年金相談を実施−社会保険庁、ファクシミリによる年金相談−

2005/03/17
4月から変わる年金制度改正点をホームページにて告知−社会保険庁、国民年金などの年金制度改正−

2004/12/17
東京スター銀行監修、年金額がわかるシミュレーションソフトを発売−ソースネクスト、「ズバリ年金早わかり」−

2004/12/16
厚生年金保険料率変更をわかりやすくまとめたパンフレットを発行−社会保険庁、厚生年金保険料率の引き上げの概要を記載−

2004/04/16
国民年金の保険料の納付窓口をコンビニエンスストアに拡大−社会保険庁、ほとんどのコンビニで納付が可能に−

2004/03/18
年金受給が近づいた58歳到達者に年金加入記録や見込額を送付するサービスを開始−社会保険庁、年金加入記録の事前通知および年金見込額の提供−

2003/07/23
加給年金額の過払い約24億円、振替加算の未払い約300億円−社会保険庁、厚生年金保険等の給付誤りについての情報を公開−

2003/07/03
老後生活設計の中で「ほぼ全面的に公的年金に頼る」人の割合は約30%−内閣府、「公的年金制度に関する世論調査」−

2003/03/06
「年金には期待していない」、主婦600人のアンケート結果−ワオ・コーポレーション、「年金に関するアンケート」結果を発表−

2003/02/27
年金基金ガバナンス関連サービスを強化−朝日監査法人、統合的な年金デューディリジェンスを商品化−

2003/01/15
企業に関する年金コンサルティングの専門チームを組織−朝日監査法人、「統合年金チーム」−

2002/05/24
2025年の厚生年金、国民年金保険料は現行の倍程度に増加−厚生労働省、「新人口推計の厚生年金・国民年金への財政影響」−

2001/05/28
国民年金の未納者265万人−社会保険庁実態調査−

2001/02/09
日英両国の公的年金制度への2重強制加入を防止−日英社会保障協定が発効−

2000/12/19
公的年金の支給額を2000年度と同額に据え置き−政府、年金財政は一段と厳しく−

2000/12/07
農林年金と厚生年金の統合は見送り−政府、公的年金一元化懇談会の協議−

2000/11/29
サラリーマン年金制度の一元化へ向けて−政府、公的年金一元化懇談会−

2000/10/03
会社員の厚生年金保険料引き上げを実施−年金制度改正法により、今月から−

2000/04/10
基礎年金を前倒しで受け取る場合の年金減額率に新基準−厚生省が決定−

2000/03/23
70歳以上と30歳以下、厚生年金の生涯平均受取額格差は6,600万円に−年金改革関連法案成立後の見通し−

2000/02/17
年金の支給開始を60歳から65歳に引き上げ−国会で早期成立を目指している年金制度改正関連法案−

2000/01/24
公的年金の財政さらに悪化―社会保険庁




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。