ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



看護・介護職員の90%が「腰痛経験あり」

−パラマウントベッド、「腰痛の発生と予防の実態に関するアンケート」−

2008/04/18(Fri.)

大人の青汁
 パラマウントベッド株式会社は2007年11月から2008年3月にかけて、全国の病院、社会福祉施設等の看護・介護職員の人々に、腰痛の発生と予防の実態に関するアンケートを実施し、458名から回答を得た。その結果、約60%の人が現在腰痛を抱え、約90%の人に腰痛経験があることがわかった。また、腰痛について医療・介護の現場における現状と予防のためのベッド機能の利用状況についても併せて調査した。

 2008年2月6日に厚生労働省より、「職場における腰痛発生状況の分析について」と題する通達が出された。この通達は腰痛予防指針に則った一層の取組を促すもので、特に発症率の高い社会福祉施設については、適正な介護機器の活用等により介護労働者の負担を一層軽減する作業方法を積極的に取り入れるよう求めている。

 調査は、全国の病院・社会福祉施設等20施設で看護・介護・リハビリ業務に携わる人を対象に、直接アンケートを配布し、その場で回答してもらった。回答者数の割合は業務内容別に看護64%、介護25%、リハビリ11%となっている。また、経験年数をみると新人からベテランまで幅広く分布している。

 現在腰痛があるかどうか、現在の業務についてから腰痛の経験があるかを調査したところ、職員の58%の人が現在腰痛を抱え、また現在の業務についてからこれまでに腰痛の経験がある人は88%に上ることがわかった。

 現在の業務についてから腰痛が原因で仕事を休んだことがあるかを聞いたところ、「ある」は13%、「ない」は87%となっている。

 患者と利用者の支援に関わる14の業務について、腰への負担がどの程度かかるのかを5段階で評価してもらったところ、特に腰への負担を感じるのは、ベッド上でずれた体を頭側に引き上げる介助、ベッドから車いす・ポータブルトイレ(PT)・ストレッチャーへの移乗動作、入浴介助、おむつ交換などだった。

 現在、病院や社会福祉施設には高さ調節機能付きのベッドが多く導入されている。体位交換などベッド上での介助をする際、腰をかがめずに作業ができる高さに調節すると腰への負担が軽減される。

 この機能を実際に活用しているかどうかを、電動ベッドの場合と手動ベッドの場合とで区別して聞いたところ、電動ベッドでは「必ず使う」人が約32%、「時々使う」方を含めて約75%の人が活用しているのに対し、手動ベッドでは、「必ず使う」が約18%、「時々使う」を合わせても約55%となっている。電動ベッドと手動ベッドとでは、活用の程度に違いがあることがわかった。

 電動ベッドでは手元スイッチで簡単に操作できるが、手動ではハンドルを手回しする必要がある。忙しい業務のなかで、時間がかかる、ハンドル操作時に腰をかがめるので操作しにくい、などの理由から、手動ベッドでは活用が少ないと考えられる。

 腰痛予防への関心をたずねたところ、「大いにある」54%、「まあある」31%、「あまりない」3%、「全くない」2%、無回答11%となった。また、腰痛を防ぐことが「ケアの質を高めること」につながるかでは、「強くそう思う」41%、「まあそう思う」38%、「あまり思わない」5%、「全く思わない」0%、無回答15%だった。約80%がケアの質を高めると考えている。

 腰痛予防のために実行していることを自由回答で聞いたところ、「湿布を貼る」「マッサージをする」など対処療法的な回答が多くあった。また、予防のための用具の活用については「よいものがあれば教えてほしい」といった意見も聞かれ、腰痛については現場でも悩みの種となっている実態が明らかになった。

 いっぽう、同社において「ベッド上に寝ている人を頭側に引き上げる介助」を行った際に腰にかかるトルク(負担)を比較調査したところ、床からのマットレス面高さ35cmに比べ同70cmのほうが、約20%少ないという結果が出た。腰痛予防策の一つとしてベッドの高さ調節機能の利用率を上げていくことが望まれる。


パラマウントベッド株式会社概要
関連記事

2008/07/02
医療施設向けベッドの主力機種をモデルチェンジ−パラマウントベッド、「メーティスシリーズ」−

2008/06/19
日本人の体形にあわせた「コンフォート型」車いすを発売−パラマウントベッド、「ハンディコンフォート」−

2008/04/18
看護・介護職員の90%が「腰痛経験あり」−パラマウントベッド、「腰痛の発生と予防の実態に関するアンケート」−

2007/11/05
介護現場などで活用可能な睡眠状態測定システムを開発−パラマウントベッド、睡眠判定システム「眠りスキャン」(仮称)を開発−

2007/09/27
介護用ベッドのリサイクル・レンタル事業を開始−パラマウントベッド、「PRBパラマウント・リサイクルベッド」−

2007/09/18
自動採尿器「スカットクリーン」を8年ぶりにフルモデルチェンジ−パラマウントベッド、吸引スイッチや脱臭フィルターを装備し、さらに使いやすく改良−

2007/07/26
医療・介護用ベッドの日米トップメーカーが販売提携−パラマウントベッド、米国の医療・介護用ベッド大手「ヒルロム」と−

2006/11/02
くつろぎと安心を提供する家庭向け電動リモコンベッドを発売−パラマウントベッド、「ファーマシリーズベッド」−

2006/10/19
使い勝手や安全性が向上した1モータータイプのアウラ電動ベッドを発売−パラマウントベッド、「アウラ電動ベッド(KQ-1131、KQ-1132)」−

2006/08/24
緊急時に患者等を寝かせたまま搬送できる医療・介護用マットレスを発売−パラマウントベッド、「エバーフィットマットレスRタイプ」−

2006/04/06
体型や身体状況に合わせてきめ細かいフィッティングができる歩行車を発売−パラマウントベッド、「パラウォーク」−

2005/10/06
自立促進を目的とした軽度の介護者向けベッドを発売−パラマウントベッド、「楽匠〜自立促進シリーズ」−

2005/06/28
病院や老人施設など向けにユニバーサルデザインの歩行補助器2機種を発売−パラマウントベッド、「KA-391」と「KA-392」−

2005/02/07
自社製介護用ベッドの再生・再販事業を開始−パラマウントベッド、資源の有効活用を目指す「循環型事業」として−

2004/12/08
介在宅ケアベッド「楽匠(らくしょう)」が「グッドデザイン賞」を受賞−パラマウントベッド、ユニバーサルデザインが評価され−

2004/10/08
介護保険対象電動リフトアップチェアを発売−パラマウントベッド、「SELENE(セレネ)」−

2004/08/02
人の身体に近い弾力性を持つ医療・福祉施設向け介護用マットレスを発売−パラマウントベッド、「エバーフィット」−

2003/11/17
ずり落ちにくい在宅ケアベッドを発売−パラマウントベッド、「楽匠」−

2003/09/03
ユニバーサルデザイングッズ専門店を開設−パラマウントベッド、「パラマウント・ユニバーサルデザイン・ステーション(PUDS)」−

2002/01/17
利用者に合わせて座面の高さなどが調節できる車いすを発売−パラマウントベッド、基本機能「座る・移乗・移動」を重視−

2001/12/11
在宅ケアベッド「ワイドアウラベッド」をフルモデルチェンジ−パラマウントベッド−

2000/05/25
福祉用具の講習会を開催−パラマウントベッド−


ベッド関連記事

2008/07/02
医療施設向けベッドの主力機種をモデルチェンジ−パラマウントベッド、「メーティスシリーズ」−

2008/04/18
看護・介護職員の90%が「腰痛経験あり」−パラマウントベッド、「腰痛の発生と予防の実態に関するアンケート」−

2008/02/14
電動リクライニングベッドに挟まれて幼児が窒息死した事故について調査−国民生活センター、低価格・高価格の電動リクライニングベッドの安全性を検証−

2007/11/07
簡単操作で3モーターベッドの様な動きができるレンタル用2モーターベッドを発売−プラッツ、「ミオレット」−

2007/09/27
介護用ベッドのリサイクル・レンタル事業を開始−パラマウントベッド、「PRBパラマウント・リサイクルベッド」−

2007/05/16
業界最低床クラスを実現した高齢者施設向け電動ケアベッドを発売−松下電工、「ナショナル施設向け電動ケアベッド サンセルフィー」−

2007/04/18
家具インテリアや福祉用具など展示する「広島ショールーム」を開設−フランスベッドとフランスベッドメディカルサービス、グループ最大規模で家具インテリア、介護・福祉用具を展示−

2006/12/18
いびき軽減や床ずれを予防するうつぶせ寝専用ベッドや枕など9品を発売−フランスベッド、「健康うつぶせ寝専用ベッド」など−

2006/11/02
くつろぎと安心を提供する家庭向け電動リモコンベッドを発売−パラマウントベッド、「ファーマシリーズベッド」−

2006/10/19
使い勝手や安全性が向上した1モータータイプのアウラ電動ベッドを発売−パラマウントベッド、「アウラ電動ベッド(KQ-1131、KQ-1132)」−

2006/04/19
介護ベッドとポータブルトイレの新シリーズを発売−アイシン精機、「ジャストベルグランド」と「ベルレット」シリーズ−

2006/04/17
廉価版の在宅向け3モーター電動ベッドを発売−ネットケア、「ネセスケア電動3モーターベッド」−

2006/03/31
介護保険制度改正に伴い保険の対象外になる人が、購入しやすい商品と販売システムを開発−フランスベッドメディカルサービス、介護ベッド「生活応援ベッドDSX-01」−

2006/02/01
「起きあがり」と「立ちあがり」をアシストし、自立を維持するためのベッドを発売−シーホネンス、自立アシストシリーズ「ケプロコア810/811」−

2005/10/06
自立促進を目的とした軽度の介護者向けベッドを発売−パラマウントベッド、「楽匠〜自立促進シリーズ」−

2005/02/07
自社製介護用ベッドの再生・再販事業を開始−パラマウントベッド、資源の有効活用を目指す「循環型事業」として−

2005/01/26
背上げ・脚上げリクライニング搭載など4機種から選べるベッドを発売−フランスベッド、「エゼックス」シリーズ−

2004/12/16
業界最低床クラス、設置場所を確保しやすい垂直昇降方式の電動ケアベッドの販売・レンタルを開始−松下電工、ナショナル電動ケアベッド「Soi-ne」−

2004/12/08
介在宅ケアベッド「楽匠(らくしょう)」が「グッドデザイン賞」を受賞−パラマウントベッド、ユニバーサルデザインが評価され−

2004/03/08
利用者の危険な状況をセンサーで感知し、徘徊行動なども予防可能な電動介護ベッドを発売−フランスベッド、「危険予防装置付き電動介護ベッド」−

2003/11/27
寝返り、起上がりがラクな幅広サイズの電動ケアベッドとマットレスを発売−松下電工、「NAIS電動ケアベッドRR-Wide」「NAIS快眠マットレスラクマット」−

2003/11/17
ずり落ちにくい在宅ケアベッドを発売−パラマウントベッド、「楽匠」−

2003/11/13
ベッドからの転落事故やサイドレールへ身体を挟み込む危険をなくすケアベッドを発売シーホネンス、病院用・介護施設用「フォレシー・シリーズ」

2003/02/28
医療・福祉施設向けベッドや介護用品を提案するスペースをオープン−シーホネンス、「プレゼンテーションホール」−

2003/01/16
長期使用に備える個人購入向け「生活支援ベッド」を発売−シーホネンス「ケプロコア850シリーズ」38種類をラインアップ−

2002/10/09
上質な眠りを提供する体位変換介護ベッド−三洋電機バイオメディカ、「hist」−

2002/09/12
在宅・介護施設向けにコンパクトな介護ベッドを発売−アイシン精機、「BELLGRAND(ベルグランド)SX」−

2001/12/11
在宅ケアベッド「ワイドアウラベッド」をフルモデルチェンジ−パラマウントベッド−

2001/11/19
ヒューマンケアベッドFBNシリーズがSGマーク取得−フランスベッドメディカルサービス−

2001/09/03
在宅介護用ベッド「NAIS電動ケアベッドRR」がSGマーク取得−松下電工、工場登録・型式確認で業界初−

2001/07/18
業界初、電動介護用ベッドのSGマークを取得−日立製作所ホームベッド「元気でいて寝」−

2001/06/20
電動介護ベッドと電動快適ベッドを同時発売−ナショナル自転車工業が介護ベッド市場に本格参入−

2000/09/28
介護者ひとりでも殆どの介護作業を可能に−ケアーライフジャパンが自動介護ベッドシステムを開発−

2000/08/25
新機構を搭載した電動介護ベッドを開発−フランスベッド、「ヒューマンケアベッドFBN-シリーズ」−

2000/05/24
電動式ホームベッドを発売−日立製作所、「元気でいて寝」−

2000/05/08
乗り降りが楽な高さに調節可能な介護用ベッドを発売−シロキ工業、「ひまわりベッド」−

2000/02/25
介護ベッド2種を発売−アイシン精機、「ベルグランド」−

1999/12/28
リラクゼーションを追求したベッド−松下精工

1999/12/24
日立製作所、電動ベッドを発売

1999/12/10
ベッドと車いすが合体−多機能介護ベッド--村田機械




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。