ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



デザインと使い勝手を両立した「新たなパブリックレストルーム空間」を提案

−TOTO、「RESTROOM ITEM 01」−

2008/05/21(Wed.)

大人の青汁
 TOTOは、建築の専門家集団と企画から開発まで4年をかけた「新たなパブリックレストルーム空間 RESTROOM ITEM 01」の提案を開始した。

 商品は「統一・調和」「ユニバーサルデザイン」「エコ」をコンセプトに、専門家の人々(建築戦略研究会)とともに、「パブリックレストルームはどうあるべきか」「建築空間との調和とは何か」を徹底的に議論し、製品を抜本的に見つめ直した。また、今まで製品ごとに異なっていたデザインを統一しながらも、使い勝手を損なわない、デザインと使い勝手(ユニバーサルデザイン)の共存を目指した。

 建築空間とトイレ空間の調和や統一を求める設計者の数は多く、建築において「トイレの設計」を重要と考えている。このような要望に応えるために、RESTROOM ITEM 01では「器具と建築空間の統一・調和」を掲げ、空間全体の調和を図るため、商品のデザインを一から見直し、検討を重ねた。

 製品を考えるにあたって、全体のデザインコンセプトを設定している。「それぞれの器具はできるだけ少ない構成要素でデザインする」「目に付きやすい配管や配線は内部に設置」「サイズはできるだけコンパクトに」これらを総称して「主張しないという主張」というコンセプトを設定した。このコンセプトに基づき、それぞれの器具をデザインした。具体的には、モジュールの統一・R形状の統一・素材感の統一などを行っている。

 また、同社では、子供からお年寄りまで一人でも多くの人に使いやすい、ユニバーサルデザインの商品を目指し、日々商品開発を行っている。RESTROOM ITEM 01においてもそのコンセプトを損なうことがないよう、ユニバーサルデザイン研究所において、多くの検証を行った。デザイン性とユニバーサルデザインとの接点を見出し、商品化に努めている。

 特にユニバーサルデザイン配慮が求められる「多目的トイレ」においては、カウンターの高さを全て750mmで統一した。すっきりとした印象を受けるだけではなく、利用者の使い勝手に配慮した高さとなっている。

 同社では、車いすも含めた不特定多数の人(幼児は除く)が使う洗面器高さは750mmをすすめてきた。これは車いすの人の膝が洗面器下部に入りやすく、かつ立位での利用も可能な高さ。今回、この高さは手洗い行為だけでなく、荷物を置く際の肩の動きからも、使いやすさにつながるはず、との仮説をたて、多目的トイレ内のカウンター高さを750mmで統一し検証を実施した。検証の結果、荷物の置きやすさだけでなく、衣類の着脱やリモコン操作など、様々な行為にも良いことがわかった。

 また、大便器、汚物流し、チャームボックス(汚物入れ)など全ての器具が壁掛式。見栄え、清掃性はもちろん、車いすの動きも妨げない配慮を行った。

 オストメイトの人などが使う「オストメイト対応マルチパック」もコンパクト性と使い勝手を向上させている。現在の設備に対し、「腹部が水栓金具の影になって見えづらい」「正面に鏡が欲しい」といった声を受けていたことから、これらの点も反映している。

 小便器コーナーに設置される手すりも、見直しを行っている。現行品手すりの良い部分は取り入れつつ、手すり両サイドは小便器のリムラインと角度をあわせデザインに統一感を持たせた。

 トイレ空間に求められる基本機能である「エコロジー」機能も充実した。「オストメイト対応マルチパック」では、1回の洗浄水量を8Lとし、現状の16Lと比較して50%の節水化を図った。あわせて、汚物を流すため、TOTO独自の防汚技術である「セフィオンテクト」を施し、ネオレストシリーズで好評の、「フチなし形状」と「トルネード洗浄」を採用。汚れがつきにくく落としやすい形状とした。

 税抜希望小売価格は、大便器が443,600円〜596,660円、小便器が243.800円、洗面器が173,700円〜746,000円、多目的トイレパックが1,880,000円〜3,070,000円となっている。


カウンターの高さを全て750mmで統一
写真:カウンターの高さを全て750mmで統一


車いすから、どこでも荷物が置きやすい
写真:車いすから、どこでも荷物が置きやすい


カウンターが邪魔にならず、衣服の着脱が容易
写真:カウンターが邪魔にならず、衣服の着脱が容易


上肢に力が入りにくい人でも、カウンターに手をついてリモコンが操作できる
写真:上肢に力が入りにくい人でも、カウンターに手をついてリモコンが操作できる


車椅子の動きも妨げない壁掛式の器具
写真:車椅子の動きも妨げない壁掛式の器具


コンパクトでありながら、使い勝手に配慮した汚物流し
写真:コンパクトでありながら、使い勝手に配慮した汚物流し


TOTO株式会社概要
関連記事

2008/05/21
デザインと使い勝手を両立した「新たなパブリックレストルーム空間」を提案TOTO、「RESTROOM ITEM 01」

2007/09/13
コンパクトサイズのパブリックトイレ向け「オストメイト対応トイレパック」を発売−TOTO、狭いトイレでもオストメイト配慮が対応可能に−

2007/06/11
車輪を6輪にして小回りと段差越えを容易にした、水まわり用車いすを発売−TOTO、「水まわり用車いす6輪タイプ」−

2004/10/15
戸建て住宅浴室用壁掛け後付けタイプの暖房機を発売−TOTO「三乾王浴室暖房機」、温度のバリアフリーを実現−

2002/10/31
高齢者施設の水まわり提案書を無料で配布−TOTO、「バリアフリーブック(高齢者施設の水まわり編)」−

2002/09/06
入浴や排泄の自立と介護を支援する商品、パブリックトイレや高齢者施設の水まわり器具などを展示−TOTO、「第29回国際福祉機器展」に出展−

2002/05/28
座ったままの姿勢で全身シャワー浴がおこなえる製品を発売−TOTO、「楽&楽シャワー」−

2001/12/12
手洗いから消毒までが1台で完了する非接触型の「自動消毒手洗器」−HACCPに対応、TOTOより発売−

2001/10/01
バリアフリーブック(パブリックトイレ編・住まいの水まわり編)を発行−TOTO、希望の人に無料で送付−

2001/08/02
オストメイトの人が使用するパウチやしびんが洗浄しやすい器具発売−TOTO、業界初、後付け可能なパブリック向け大便器設置用水栓器具−

2001/07/25
操作レバーの取り付け位置が選択可能な車いす使用者用洗面化粧台−TOTO、フェアリーシリーズ新発売−

2001/07/19
狭い和式トイレでも腰掛便器に改修、介護保険の住宅改修費支給対象商品−TOTO「コンパクトリモデル便器(コーナータイプ)」新発売−

2001/06/26
光エネルギーを使った脱臭機−TOTO、福祉施設・病院用の光触媒脱臭機を発売−

2001/06/01
ユニバーサルデザイン採用の集合住宅用ユニットバス−業界初、TOTOの「低床スリムシリーズ・ステップ付浴槽タイプ」−

2001/05/23
「レブリス」改め「楽&楽計画」−TOTOが新ブランドで13点を新発売−

2001/05/08
障害者トイレからだれでもトイレへ−TOTOがバリアフリートイレセミナーを開催−

2000/12/19
「水まわり車いすシャワー用低座面タイプ」を発売−TOTO−

2000/07/19
介護施設向けトイレを開発−TOTOと三健設備工業−

2000/03/23
新入浴システムを発売−TOTO−

2000/02/14
ニチイ学館が在宅介護大手を傘下に介護事業展開

2000/02/07
TOTOとニチイ学館が高齢者向住宅改修で提携

1999/12/14
車いす用洗面カウンター新発売 TOTO

1999/09/30
ベネッセやTOTOを表彰 介護や育児休業制度運用などで

1999/08/30
家庭用の尿糖検査機発売 TOTO-病院用と同等機能


トイレ・トイレ付きの製品関連記事

2008/06/13
介護用ポータブルトイレに新システムが登場−日本セイフティー、災害備蓄用トイレ「ラップポン・トレッカー」−

2008/05/21
デザインと使い勝手を両立した「新たなパブリックレストルーム空間」を提案TOTO、「RESTROOM ITEM 01」

2007/09/13
コンパクトサイズのパブリックトイレ向け「オストメイト対応トイレパック」を発売−TOTO、狭いトイレでもオストメイト配慮が対応可能に−

2007/04/05
温水洗浄便座搭載の家具調ポータブルトイレを発売−松下電工子会社、「座楽 シャワポットLS」−

2006/09/22
コンパクトな家具調ポータブルトイレを発売−松下電工子会社、「座楽」KEX型シリーズ−

2006/04/19
介護ベッドとポータブルトイレの新シリーズを発売−アイシン精機、「ジャストベルグランド」と「ベルレット」シリーズ−

2006/02/07
排泄物をラップで包み込む方式の介護用トイレ「ラップポン」を開発−日本セイフティーと東京工業大学が産学連携による次号機開発を開始−

2005/10/17
着座時のショックやお尻の圧迫痛を和らげるソフト便座と超厚カバー付き介護用トイレチェアを発売−コンビウェルネス、「優福CP328」−

2005/05/13
介護時のトイレ負担を軽減する世界初自己完結型ポータブル水洗トイレ「リソレット」を発売−リソレット、販売代理店の募集も開始−

2004/10/22
家具調の腰掛用便座4機種を発売−コンビウェルネス、「優福DXシリーズ」−

2004/06/15
在宅介護、トイレの不安は「後始末」と「ニオイ」−バイオセレント、ポータブルトイレについての調査を実施−

2004/03/05
在宅介護用の家具調ポータブルトイレを発売−松下電工、「ウィンポット」−

2003/12/22
介護用品事業拡大で家具調トイレ座楽電動昇降タイプを発売−積水ライフテック、多くの品揃えを強化−

2003/09/24
足への負担を約60%軽減、腰への負担を約20%軽減できる水洗便器用アームレストを発売−松下電工、「アームレスト(肘掛け)付き水洗便器」−

2003/04/14
身体状況などにきめ細かく対応が可能な介護保険対象の腰掛用便座を発売−コンビ、腰掛用便座「優福」−

2002/07/26
はね上げ式手すり付の本格的なポータブルトイレを発売−INAX、「シャワートイレ付ポータブルトイレ」−

2002/06/07
利用者や介助者に配慮したポータブルトイレ−アロン化成、「安寿ポータブルトイレKX-SD」−

2002/04/17
在宅介護用ポータブルトイレに、高機能タイプ温水洗浄便座を搭載−松下電工と積水ライフテックが共同開発−

2001/10/25
介護保険対象商品の腰掛用便座「暖房ルームレットW680」を発売−コンビウェルネス、座ると暖かくて快適な介護用トイレ−

2001/08/02
オストメイトの人が使用するパウチやしびんが洗浄しやすい器具発売−TOTO、業界初、後付け可能なパブリック向け大便器設置用水栓器具−

2001/07/19
狭い和式トイレでも腰掛便器に改修、介護保険の住宅改修費支給対象商品−TOTO「コンパクトリモデル便器(コーナータイプ)」新発売−

2001/07/10
業界最高の99%脱臭効率を実現した便座−松下電器産業、爽快脱臭「ビューティ・トワレ」を発売−

2001/03/16
排泄物を完全に消滅−サンバイオの介護用携帯トイレ−

2000/07/19
介護施設向けトイレを開発−TOTOと三健設備工業−

2000/02/29
移動式の車いす用トイレユニットを開発−日本オートキャンプ協会が日本小型自動車振興会の補助金で製作−

2000/01/24
バイオトイレの普及版発売―正和電工




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。