ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



「読みやすさが普及の課題」シニア世代における電子書籍

−ネットエイジア、「シニア世代の電子書籍に関する実態調査」−

2008/06/06(Fri.)

大人の青汁
 「リサーチTV」を展開するネットエイジア株式会社は、「シニア世代における電子書籍(パソコン)に関する実態調査」を全編Flash型ネットリサーチ「リサーチTV」により実施した。

 電子書籍は、インターネットの通信環境が進むとともに普及が期待され、シニア層での利用にも関心が持たれている。このような点に着目し、男女50歳〜79歳のシニア層に対して調査を実施し、500名(男性:250名、女性:250名)の回答を得た。

 電子書籍の利用経験と認知について尋ねたところ、「有料の電子書籍を利用したことがある」が3.0%、「無料の電子書籍を利用したことがある」19.6%、「有料・無料のどちらも利用したことがある」2.0%となっており、合わせて24.6%の回答者が電子書籍を利用した経験のあることがわかった。男女別に見ると男性での利用が多く、「有料の電子書籍を利用したことがある」4.8%、「無料の電子書籍を利用したことがある」22.8%、「有料・無料のどちらも利用したことがある」3.2%で、30.8%の利用経験となっている。

 電子書籍の利用経験者に対し、電子書籍の利用満足度について聞いたところ、「非常に満足」は0.8%、「まあ満足」が24.4%で、「満足派」は25.2%だった。いっぽう、「非常に不満」は3.3%、「やや不満」は21.1%で「不満足派」は24.4%となり、「どちらともいえない」との回答が50.4%となっている。「不満足派」に不満理由を複数回答で聞いたところ、最も多かったのが「読みにくい・見づらい」で53.3%、次いで「利用料金が高い」が40.0%と多くなっている。この他、「書籍の検索が面倒」26.7%、「自分の好きなジャンルが少ない」23.3%という回答が多かった。

 電子書籍の利用経験者に読んでいる(読んだことのある)ジャンルを複数回答で聞くと、全体では「小説」が最も多く54.5%、次いで「コミック」が39.0%、「写真集」10.6%となっている。男女別に見るとやや傾向が異なり、男性は、「小説」58.4%、「コミック」27.3%の順だが、女性は逆に「コミック」が最も多く58.7%、「小説」が47.8%となっている。

 今後の電子書籍の利用について尋ねたところ、「とても利用したい」との回答は全体で2.2%、「まあ利用したい」が16.8%で利用に積極的な回答は合わせて19.0%だった。男性では16.0%、女性で22.0%と女性での利用意向が高くなっている。

 利用消極派に対し、利用したくない理由を複数回答で聞いたところ、「本で読むほうがすきだから」との回答が48.7%、次いで「読みにくい」が42.3%となっている。書籍が見やすいソフトも出ているが、シニア世代にとって電子書籍はまだ読みにくいイメージが強いようだ。この他、「画面が見にくい」22.8%、「読んだ気がしない」22.2%、「探すのが面倒」19.0%、「閲覧ソフトのダウンロードなどが面倒」18.0%といった回答が多かった。

 電子書籍についての要望を自由回答形式で聞いたところ、「さしあたって、歴史資料や古地図、諸図鑑など、個人で所有しにくいものを中心に、図書公開などで開示して欲しい。そのほか小説、評論などは書籍で所有したいと思う」「PCの文字を長時間見ていると目がちかちかして疲れるので、そのような点に配慮した電子書籍なら購入してみようかと思う」「ある程度の慣れが必要ではないかと思っている。ニュースに関しては、新聞で読むよりもパソコンの画面上で読むことの人が多くなり、誌面でなくても抵抗がなくなってきた。書籍に関しても同様のことがいえるのではないだろうか」といった意見が挙がっている。


ネットエイジア株式会社概要
関連記事

2008/07/25
お酒を飲む頻度、シニア男性では「ほぼ毎日」が1/3以上−ネットエイジア、「シニア世代におけるお酒の嗜好と実態」−

2008/06/27
シニアの健康意識、健康状態に60%が不安−ネットエイジア、男女50歳〜79歳対象の「シニアの健康意識調査」−

2008/06/06
「読みやすさが普及の課題」シニア世代における電子書籍−ネットエイジア、「シニア世代の電子書籍に関する実態調査」−

2008/05/02
シニア女性のテレビ視聴時間は、平日4.3時間、休日5時間−ネットエイジア、「シニア世代におけるテレビ視聴に関する実態調査」−

2008/04/25
シニア層の外食する頻度・内容等を調査「ランチの外食、女性で贅沢感」−ネットエイジア、「シニア世代における外食に関する実態調査」−

2008/03/14
シニア女性を対象に冷凍食品に関する意識調査を実施−ネットエイジア、71.2%が「購入する頻度が減った」−


書籍・電子書籍・DVD・ビデオ関連記事

2008/06/06
「読みやすさが普及の課題」シニア世代における電子書籍−ネットエイジア、「シニア世代の電子書籍に関する実態調査」−

2006/12/20
「障害のある方への接遇マニュアル」の改訂版(第2版)を発行−東京都心身障害者福祉センター、都民情報ルームにて販売−

2006/11/29
視覚障害者向けデジタル録音図書読書機の実用化へ向け実証実験を開始−シナノケンシと日本点字図書館、日本ライトハウスなどが共同で実施、「プレクストーク」−

2006/10/03
介護福祉士国家試験の筆記試験受験対策問題集を無料で毎週配布−ケアビズネット、ケアビズ流「介護福祉士試験問題集」−

2006/07/20
介護支援専門員試験対策標準問題集を携帯電子書籍サービスで提供−MCJグループ、学習教材配信サイト「スタディショップ」にて−

2006/05/31
福祉ビデオ「ホスピス」の貸し出しをスタート−NHK厚生文化事業団、一般から専門職の人までがホスピスケアについて学べる内容で制作−

2006/04/14
介護予防・老化防止に役立つDVD・ビデオを発売−グラファージ、「ボールトレーニング初級編」「ゴムバンドトレーニング初級編」−

2006/04/07
シニア層向け、大きな活字で目にやさしいタイトル136冊をすべて20〜30%値下げ−コンテンツワークス、「講談社オンデマンドブックス」−

2006/02/10
介護福祉職を目指す人、現職の人に向けたコラム本を発売−円水社、「ここがポイントヘルパー心得帳」−

2006/01/24
「ホスピス」「緩和ケア」について、わかりやすく解説したビデオを無料貸し出し−NHK厚生文化事業団、福祉ビデオ「ホスピス」−

2005/12/21
視覚に障害を持つ人も読むことができる「ライオン製品情報SPコード付大活字版」を発行−ライオン、「大きな活字」と「音声コード」を採用−

2005/11/22
大きな活字で目にやさしい、シニア層・弱視者向けサービスを「BookPark」で販売開始−コンテンツワークス、「講談社オンデマンドブックス」−

2005/11/18
シニア・主婦層向けインターネット副業支援テキストを発売パソナグループ、「ブログにはまってプチ稼ぎ」

2005/11/08
悪徳商法などの相談窓口も掲載した一般・福祉実務者等向けハンドブックを発行−東京都、2005年版「社会福祉の手引」−

2005/03/28
高齢者虐待が深刻化する前に防ぐ手立てとしてパンフレットを発行−東京都、「高齢者虐待防止」パンフレット−

2005/03/09
日本ではじめての補助犬に関するジャーナルを発行−日本聴導犬協会、「補助犬研究」−

2005/03/02
「中高年からの介護予防読本」を発行−東京都、高齢者層に無料配布、一般向け販売も−

2005/02/10
福祉系の就職を考える学生向け福祉読本を発刊−採用戦略、サイト登録者に無料配布−

2004/12/17
痴呆をテーマとした映画、2作品のDVDとVHSビデオ、同監督の著書を発売−エッセン・コミュニケーションズ、「折り梅」と「ユキエ」−

2004/10/29
ケアマネージャー等に向け介護給付費単位数サービスコード表を発売−タニシ企画印刷「ポケット判2003年改訂版 介護給付費単位数サービスコード表(合計単位数付)」−

2004/06/11
介護者に向けた介護のコミュニティ誌を創刊−ラ・ヴィータ、「ケアテイカー」−

2004/05/13
精神障害者ホームヘルパーの体験をもとにした初めての本を出版−全国精神障害者家族会連合会、「心にとどくホームヘルプ」−

2004/03/31
福祉施設向けリスクマネージメント実務書2冊を出版−インターリスク総研、「かんたん!福祉施設のおけるリスクマネジメント60のポイント」と「福祉施設における危険予知訓練(KYT)かんたんガイド」−

2004/03/15
障害年金など福祉制度を使いこなすための「てびき」を発行−全国精神障害者家族会連合会、「精神障害者が使える福祉制度のてびき2004」−

2004/02/24
在宅介護のための介護保険活用読本を発行−東京都、約45万人の介護保険利用者等に無料配布−

2004/01/21
介護予防事業に取り組む専門職をサポートする介護予防実務指南書を刊行−東京都高齢者研究・福祉振興財団、「指導者のための介護予防完全マニュアル」−

2002/10/31
高齢者施設の水まわり提案書を無料で配布−TOTO、「バリアフリーブック(高齢者施設の水まわり編)」−

2002/10/25
中高年層向けカタログを発行開始−ファミリーマート、「リビン'マート」−

2002/06/25
アクティブシニアのための「生涯現役応援情報誌」を創刊−日経BP、「日経マスターズ」−

2002/04/19
福祉住環境にフォーカスした生活情報誌「すまいりんぐ」を創刊−リアライズ、介護福祉・建築・医療を横断的に結ぶメディアとして−

2001/10/01
バリアフリーブック(パブリックトイレ編・住まいの水まわり編)を発行−TOTO、希望の人に無料で送付−

2001/06/13
ドライバー向け障害理解の為の小冊子を作成、四輪販社に配布−ホンダの小冊子「トラフィック・バリアフリー」−

2001/06/12
オンライン書店bk1が「介護保険の本フェア」を実施−様々な角度から関連書籍を紹介−

2001/05/18
高位頚髄損傷者・脊髄損傷患者に関する小冊子を無料配布−特定非営利活動法人の日本せきずい基金−

2001/03/14
障害者アートバンク所属アーティストの絵本チャリティ販売−キヤノンが販売収益金の全額を国際教育支援団体に寄付−

2001/03/05
2つの介護関連調査資料を発売−シード・プランニング、情報システム関連分析など−

2001/02/28
バリアフリーガイドブックの出版記念フォーラム「PO・NPO・Nフォーラム2001」を開催−伊勢ばりふり団、「おでかけチェアウォーカー」が完成−

2001/01/22
日本オリンピック委員会のスポーツ情報誌を音訳−三菱地所の音訳ボランティアサークル−

2000/12/04
小倉昌男の福祉革命 〜障害者「月給1万円」からの脱出〜を出版−元ヤマト運輸会長小倉昌男氏のルポルタージュ作品を建野友保氏が執筆−

2000/11/22
車いす利用者のガイドブック発行に向けて展開−三重の伊勢ばりふり団−

2000/11/06
ウェブページ上から介護・福祉関連の本の検索・購入が可能に−ふくしチャンネルとオンラインブックストアbk1が提携−

2000/10/23
高齢者向けユニバーサルBOOKサービスを開始−ブッキングがオンデマンド出版で−

1999/10/26
「癒しの医療 いたわりの介護」を出版−広島市の医師が医療の現状と課題の本を出版−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。