ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



人材確保が困難な理由は、「給与が低い」と「業務が重労働」

−東京都、「2007年度特別養護老人ホーム等経営実態調査」−

2008/06/20(Fri.)

大人の青汁
 東京都では、都内の特別養護老人ホームと介護老人保健施設の実態や課題を把握し、2009年度に予定されている介護報酬改定に向けた国への提言や人材育成・確保策等の参考とするため、「経営実態調査」を実施した。

 定員規模についてみると、特別養護老人ホームでは「101〜150人」(29.7%)が最も多く、次いで「70〜99人」(28.1%)、「69人以下」(23.6%)の順となっている。老健では、「100人」(37.0%)が最も多く、次いで「101〜150人」(25.9%)、「70〜99人」(17.6%)の順となっている。

 利用者の平均要介護度は、特別養護老人ホームが3.9であるのに対し、老健は3.2となっている。また、要介護度別の構成割合の平均像をみると、特別養護老人ホームでは「要介護5」(34.3%)が最も多く、次いで「要介護4」(33.8%)、「要介護3」(19.6%)の順となっている。老健では、「要介護3」(30.1%)が最も多く、次いで「要介護4」(28.3%)、「要介護2」(20.5%)の順となっている。

 食費の設定についてみると、特別養護老人ホームでは「基準額と同額」が80.8%を占めているのに対し、老健では「基準額より高額」が92.6%を占めている。

 居住費の設定についてみると、特別養護老人ホームでは居室形態に関わらず「基準額と同額」が最も多く、多床室では84.1%、従来型個室では71.8%を占めている。

 いっぽう、老健では、多床室において「基準額より高額」が69.2%、「基準額と同額」が28.0%となっている。老健の従来型個室では、「基準額と同額」が85.6%を占め、「基準額より高額」は7.2%となっている。

 利用者10名あたりの職員数(介護職員と看護職員数の計)をみると、2004年度においては、特別養護老人ホームは「4.50人」、老健は「4.74人」、2006年度においては、特別養護老人ホームは「4.58人」、老健は「4.81人」となっており、いずれも国の人員配置基準(利用者10名に対し3.33人の配置)の約1.4倍の職員を配置している。特別養護老人ホームについては、利用者の平均要介護度が高い施設ほど、利用者10名あたりの職員数が増加する傾向にある。

 求人方法についてみると、特別養護老人ホーム、老健の90%以上が、「ハローワーク(職業安定所)の活用」(特別養護老人ホーム:95.5%、老健:94.4%)と回答。次いで回答として多いのは「学校(福祉専門学校等)との連携」(特別養護老人ホーム:78.0%、老健76.9%)となっている。

 また、特別養護老人ホームは老健と比べ、「福祉人材バンクの活用」、「施設での募集広告の掲示」を求人方法として積極的に活用している。なお、職員採用のための年間費用(人件費を除く)としてどのくらい支出しているかを尋ねたところ、特別養護老人ホームでは平均701,812円、老健では平均1,118,254円だった。

 在職中の職員の平均勤続年数をみると、特別養護老人ホームでは常勤の介護職員が平均5.1年、非常勤の介護職員が平均2.8年、常勤の看護職員が平均5.1年、非常勤の看護職員が平均2.7年となっている。

 いっぽう、老健では常勤の介護職員が平均3.7年、非常勤の介護職員が平均2.1年、常勤の看護職員が平均4.1年、非常勤の看護職員が平均2.6年となっている。また、常勤の介護と看護職員の勤続年数は、特別養護老人ホーム・老健ともに、40%以上が「3年未満」となっている。

 特別養護老人ホームの職員の年齢構成をみると、最も多い年齢層は、常勤の介護職員は「20歳代」(43.5%)、非常勤の介護職員は「30歳代」(22.8%)、常勤の看護職員は「50歳代」(39.9%)、非常勤の看護職員は「60歳以上」(31.3%)となっている。

 いっぽう、老健の職員では、最も多い年齢層は、常勤の介護職員は「20歳代」(44.5%)、非常勤の介護職員は「30歳代」(26.5%)、常勤の看護職員は「50歳代」(30.8%)、非常勤の看護職員は「30歳代」(30.5%)となっている。

 平均年齢をみると、特別養護老人ホーム、老健の介護職員は、常勤が30歳代前半で、非常勤が40歳代前半で、看護職員常勤では、非常勤ともに40歳代後半となっている。

 職員の給与平均額をみると、特別養護老人ホームでは、常勤の介護職員が年間387.7万円、常勤の看護職員が年間497.1万円、非常勤の介護職員が時給1,014円、非常勤の看護職員が時給1,605円となっている。

 いっぽう、老健では、常勤の介護職員が年間341.4万円、常勤の看護職員が年間492.4万円、非常勤の介護職員が時給1,063円、非常勤の看護職員が時給1,637円となっている。

 緊急に解決の必要な課題を施設長に尋ねたところ、特別養護老人ホーム、老健ともに70%以上が「人材確保」を挙げている(特別養護老人ホーム:73.3%、老健:72.2%)。次いで多いのは「財務状況」(特別養護老人ホーム:13.2%、老健13.9%)となっている。

 人材確保が困難な理由を施設長にきいたところ、特別養護老人ホーム・老健ともに「給与水準が低い」(特別養護老人ホーム:80.1%、老健:84.6%)が最も多く、次いで「業務内容が重労働である」(特別養護老人ホーム:70.6%、老健73.1%)となっている。

 給与水準が低い理由については、特別養護老人ホーム、老健ともに「介護報酬(施設収入)が低い」(特別養護老人ホーム:98.0%、老健:98.1%)が最も多く、次いで「他の経費が圧迫し介護・看護職員の人件費に回せない」(特別養護老人ホーム:54.6%、老健71.2%)となっている。

 人材育成に係る課題への対応としては、「人事体系の整備・改善」(特別養護老人ホーム:76.0%、老健:76.9%)が最も多く、次いで「長期的・安定的な雇用の提供」(特別養護老人ホーム:59.7%、老健50.9%)となっている。

 利用率についてみると、特別養護老人ホーム・老健ともに95%前後となっている。2004年度と2006年度を比較しても、ほとんど差は見られない。特別区と特甲地では、特別養護老人ホーム併設の短期入所において利用率が100%を超えている。

 収支差額率についてみると、特別養護老人ホーム・老健とも、ほとんどの施設で、2004年度と比べて2006年度は低くなっており、2005年10月と2006年4月の介護報酬改定による収支の悪化をうかがわせる。

 定員規模別にみると、2004年度に比べて2006年度の事業活動収支差額率が高くなっているのは、老健の定員151人以上の施設においてのみ。

 職員人件費比率についてみると、「委託費を含む」、「委託費を含まない」ともに、2004年度と比べて2006年度はほとんどの施設で上昇している。

 「人事交流の有無」について尋ねたところ、特別養護老人ホームでは「ある」が30.7%、「ない」が67.4%、老健では「ある」が30.6%、「ない」が67.6%となっている。

 「人事交流」がある施設についてその期間を尋ねたところ、「短期(1週間程度)の受入れ」が特別養護老人ホーム、老健ともに最も多く、それぞれ59.4%、42.4%となっている。

 また、人事交流が「ない」と回答した施設にその必要性を尋ねたところ、特別養護老人ホームでは人事交流が「必要である」が68.2%、「必要ではない」が27.0%、老健では「必要である」が53.4%、「必要ではない」が39.7%となっており、「必要である」との回答が過半数を超えている。


東京都概要
関連記事

2008/07/04
利用者・登録者が少なく、事業所の約3分の2が赤字経営−東京都、小規模多機能型居宅介護事業所の調査結果−

2008/06/20
人材確保が困難な理由は、「給与が低い」と「業務が重労働」−東京都、「2007年度特別養護老人ホーム等経営実態調査」−

2008/05/30
都内の高次脳機能障害者は、60歳以上の人が67.2%−東京都、「高次脳機能障害者実態調査」−

2007/12/18
東京都の2006年出生数が101,674人で1995年以降最多に−東京都、「2006年東京都人口動態統計年報(確定数)」−

2007/12/14
児童・高齢者虐待の防止策は「身近な地域で見守る仕組みを作る」がトップ−東京都、2006年度東京都福祉保健基礎調査「都民の生活実態と意識」−

2007/10/16
新しい建築物がバリアフリー化されていて利用しやすくなったと感じる人は50%−東京都、アンケート結果「福祉のまちづくりについて」−

2007/04/13
児童・高齢者虐待を見聞きした場合「公的機関に連絡する」と答えた人が80%−東京都、2006年度東京都福祉保健基礎調査「都民の生活実態と意識」の結果速報−

2007/03/20
高齢者虐待防止・養護者支援法の施行を「知っている」60%超−東京都、インターネット福祉保健改革モニター2006年度第3回アンケート結果−

2007/03/01
施設管理者・ユニットリーダー研修を開催−東京都、「2007年度前期ユニットケア研修」−

2007/02/23
精神障害者のバス運賃が半額に−東京都、東京バス協会、バス運賃割引制度を適用−

2007/01/30
福祉業界セミナーと介護事業者などが参加する大規模就職面接会を開催−東京都など、「ふくしワーク就職フェア」−

2007/01/19
障害者ケアマネジメント研修に代わる相談支援従事者研修を実施−東京都、「2006年度東京都相談支援従事者研修」−

2007/01/09
東京都の出生統計、35〜44歳の母の出産数増加で晩産化傾向−東京都、「2005年東京都人口動態統計年報」−

2006/12/26
障害者自立支援法の施行に伴う状況調査の結果を公表−東京都、「報酬算定の日額化に伴う激変緩和措置の強化等に関する緊急要望」を国に提出−

2006/12/15
ボランティア活動や福祉の推進に功績のあった個人・団体に知事感謝状を贈呈−東京都、「第55回東京都社会福祉大会」−

2006/11/07
障害福祉サービス管理責任者の養成を行う研修を開催−東京都、「2006年度東京都サービス管理責任者研修」−

2006/10/30
認知症に対する地域における支援について考えるキャンペーンを開始−東京都、「認知症の人が安心して暮らせるまち・東京キャンペーン」−

2006/10/20
ケアマネジメントのスペシャリストとなる主任介護支援専門員を養成−東京都、「主任介護支援専門員研修」−

2006/09/19
成年後見制度のための後見人の裾野を拡げるための事業を実施−東京都、「社会貢献型後見人を目指す人のための基礎講習」−

2006/09/08
セミナー「障害者の社会参加に向けて」を開催−東京都、「第9回東京の新しい福祉保健を考えるセミナー」−

2006/08/07
有料老人ホーム事業者が福祉サービス第三者評価を積極的に受審できるよう支援−東京都、「東京都有料老人ホーム第三者評価受審費補助事業」−

2006/08/02
障害者の都庁内職場体験実習を実施−東京都、障害者の一般就労に向けた支援として−

2006/07/14
介護支援専門員として実務に携わっている人を対象とした研修を実施−東京都、「2006年度東京都介護支援専門員実務従事者基礎研修・専門研修」−

2006/07/12
東京都が発行している墨字刊行物の点字本、録音刊行物版を配布−東京都、「2006年度東京都点字録音刊行物作成配布事業」−

2006/06/22
「だれでもトイレ」に望むのは「数」と「わかりやすい表示」−東京都、インターネット福祉改革モニター第7回アンケート結果−

2006/06/01
認知症を学び、地域で支えるための無料セミナーを開催−東京都、「知っていますか認知症のこと〜第8回東京の新しい福祉保健を考えるセミナー」−

2006/05/25
「第7回東京都障害者スポーツ大会」を開催−東京都、トリノパラリンピックの表彰式も同時に−

2006/05/18
「認知症高齢者グループホーム整備費補助制度の説明会」を開催−東京都、グループホーム事業に関心のある人を対象に−

2006/05/10
施設・事業所等で指導的立場にある人を対象とした認知症介護実践に関する研修を実施−東京都、「2006年度東京都認知症介護実践リーダー研修(第1回)」−

2006/04/07
「成年後見人になってみたい」約40%−東京都、インターネット福祉改革モニター「第6回アンケート結果」−

2006/03/20
インターネット福祉保健モニターを募集−東京都、福祉保健施策に反映−

2006/03/09
4つのクラスを設定した、中途失聴者・難聴者のための手話講習会を開催−東京都、2006年度前期「中途失聴者・難聴者手話講習会」−

2006/02/08
身体拘束ゼロ運動を推進する施設名を公表−東京都、「身体拘束ゼロ運動推進施設ポスター」の掲示を行う施設を対象に−

2006/02/03
福祉事業所における成年後見制度の活用についてのシンポジウムを開催−東京都、「福祉事業所における成年後見制度の普及、活用を考えるシンポジウム」−

2006/01/20
介護福祉関連約90社が参加する大規模な就職面接会を開催−東京都、「ふくしワーク就職フェアTOKYO2006」−

2006/01/10
社会貢献的な精神で後見業務に携わる人を育成する講習を実施−東京都、「社会貢献型後見人」基礎講習−

2005/12/21
コンサートに都内在住障害者など1400人を招待−東京都、「第22回障害者のためのふれあいコンサート」を開催−

2005/12/13
重症心身障害児施設を開設−東京都、「東京都立東部療育センター」−

2005/11/29
2005年度障害者週間記念の集い「ふれあいフェスティバル」などを開催−東京都、障害者週間にちなんだ5つの取り組みを実施−

2005/11/10
「介護サービス情報の公表制度」指定調査機関候補者を募集−東京都、公正な調査が行える法人を募集−

2005/11/08
悪徳商法などの相談窓口も掲載した一般・福祉実務者等向けハンドブックを発行−東京都、2005年版「社会福祉の手引」−

2005/09/29
福祉の仕事に関心のある人に向けた職場説明会を開催−東京都、「ふくしのしごとガイダンス」−

2005/08/19
介護予防のためのシンポジウムと高齢者自主グループが共演する参加型イベントを開催−東京都、「介護予防大作戦in東京」−

2005/08/09
20周年記念事業「夢〜美術館」を開催−東京都、「第20回東京都障害者総合美術展」−

2005/06/29
外出時の移動の際にバリアを感じている人「60%」−東京都、2004年度東京都社会福祉基礎調査「福祉のまちづくりに関する都民の意識」−

2005/03/28
高齢者虐待が深刻化する前に防ぐ手立てとしてパンフレットを発行−東京都、「高齢者虐待防止」パンフレット−

2005/03/02
「中高年からの介護予防読本」を発行−東京都、高齢者層に無料配布、一般向け販売も−

2004/07/21
家族が痴呆になった場合、「グループホームを利用したい」は70%以上−東京都、インターネット福祉改革モニター第4回アンケート結果−

2004/06/23
「社会福祉の手引2004」に掲載する広告を募集−東京都、35,000部を配布予定−

2004/06/15
NGO・NPOや市民グループが行う留学生等支援事業の経費を助成−東京都、「2004年度留学生支援助成事業」−

2004/06/03
ケアマネジャー業務、2人に1人がヘルパーなどと掛け持ち−東京都、都内のケアマネジャー等の実態調査結果を公表−

2004/05/20
身体拘束廃止に向けた4日間の研修を無料で開催−東京都、「2004年度東京都身体拘束廃止推進員研修」−

2004/05/14
整備率の低い地域の補助率を引き上げ、説明会を開催−東京都「痴呆性高齢者グループホーム緊急整備3か年事業」−

2004/05/06
市民レベルでの国際的な市民協力事業を支援−東京都生活文化局、「2004年度東京都市民協力事業助成」−

2004/04/28
老化の早期発見・予防についてアドバイスする介護予防健診を開催−東京都、「おたっしゃ21」−

2004/04/07
痴呆性高齢者や知的障害者のグループホームの大増設を目指して−東京都、福祉局グループホーム設置促進事業本部を設置−

2004/03/12
東京都の福祉サービス第三者評価を「よく知っている・聞いたことがある」70%−東京都、インターネット福祉改革モニター第2回アンケート結果−

2004/02/24
在宅介護のための介護保険活用読本を発行−東京都、約45万人の介護保険利用者等に無料配布−

2004/02/10
介護サービス利用料の自己負担については95%が認知、財源については40〜70%程度−東京都、「インターネット福祉改革モニター第1回アンケート結果 介護保険制度について」−

2004/02/03
視覚障害者の移動介護(ガイドヘルプ)の研修受講者を募集−東京都、「視覚障害者移動介護従業者養成研修(第3回)」−

2004/01/30
「バリアフリーからユニバーサルデザインへ」福祉のあり方を考える−東京都、第3回「東京の新しい福祉を考えるセミナー」−

2004/01/23
福祉職場への就職を希望する求職者と社会福祉施設等の求人者をマッチングするフェアを開催−東京都など、「ふくしワーク就職フェアTOKYO2004」−

2003/12/24
都有地を借り受け、グループホーム等を設置・運営する事業者を募集−東京都、「都有地活用による地域の福祉インフラ整備事業」−

2003/12/18
「第52回東京都社会福祉大会」を開催、スワンベーカリーなどを表彰−東京都、東京都社会福祉協議会、東京都共同募金会、東京善意銀行など−

2003/12/11
東京電力が銀座ショールームの展示家電を福祉施設に寄贈−東京都が児童福祉施設等15か所に配分−

2003/12/02
障害者週間に関する取り組みを実施−東京都、障害者の人権110番やポスター、ホームページ、特集TV番組など展開−

2003/11/13
障害者芸術・文化祭東京大会を開催−厚生労働省と東京都、日本チャリティ協会など−

2003/10/27
東京都福祉サービス第三者評価機関の認証を取得−富士総合研究所、福祉サービス第三者評価事業を本格展開−

2003/10/08
インターネット福祉改革モニターを募集−東京都、一般公募で100名を募集−

2003/09/04
都内在住の留学生等に関する活動を行う非営利団体の支援先を募集−東京都、2003年度留学生支援助成事業−

2003/08/25
NGO・NPOや市民グループが行う国際的な市民協力事業等を助成−「東京都、2003年度東京都民間国際事業助成」−

2003/07/16
グループホーム用に都有地を提供−東京都、「都有地活用による地域の福祉インフラ整備事業」を開始−


医療施設・社会福祉施設に関する調査関連記事

2008/06/20
人材確保が困難な理由は、「給与が低い」と「業務が重労働」−東京都、「2007年度特別養護老人ホーム等経営実態調査」−

2007/03/09
有料老人ホーム施設数、介護保険法施行後の6年間で約4.7倍に−厚生労働省、2005年「社会福祉施設等調査結果の概況」−

2006/03/30
有料老人ホームでの契約に関する問題などを明らかに−国民生活センター、「有料老人ホームをめぐる消費者問題に関する調査研究」−

2004/07/21
家族が痴呆になった場合、「グループホームを利用したい」は70%以上−東京都、インターネット福祉改革モニター第4回アンケート結果−

2004/01/28
療養病床等を有する病院が前年比7.1%増加、一般診療所は4.1%増加−厚生労働省、「2002年医療施設(静態・動態)調査・病院報告」−

2003/09/29
全国の社会福祉施設等の数、在所者、従事者の状況等を調査−厚生労働省、「2002年社会福祉施設等調査の概況」−

2003/03/14
全国の社会福祉施設の総数は79,140施設、前年比4.3%増−厚生労働省、「2001年社会福祉施設等調査」−

2001/11/05
全国の社会福祉施設数は75,875施設、前年比10%増加−厚生労働省、2000年社会福祉施設等調査−

2001/06/12
介護型医療施設のベッド数の整備、目標19万床を大きく下回る12万床−厚生労働省、介護療養型医療施設の指定状況を公開−

2001/03/14
介護保険施行前の患者状況(後編)−1999年患者調査−

2001/03/13
介護保険施行前の患者状況(前編)−1999年患者調査−




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。