ふくしチャンネル
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ


最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



シニア向けに最適なPCとサポートサービスのセット商品を発売

−富士通、「FMVらくらくパック」−

2008/06/24(Tue.)

大人の青汁
 富士通株式会社は、今後拡大が期待されるシニア層マーケットや、はじめてパソコンを購入する利用者をターゲットに、パソコン本体と訪問パソコンセットアップサービスなどの専用のサポートサービスをセットにしたパック商品「FMVらくらくパック」を、購入相談窓口(電話)と富士通ショッピングサイトWEB MART(WEBサイト)で、2,000台限定で発売する。

 インターネットが普及し、国内一般世帯でのパソコン保有率が85%、インターネット世帯普及率が91%と成熟した市場になっている反面、60代以上のシニアの人のパソコン利用率は50%以下と低く、パソコンは「むずかしい」「分からない」といったイメージにより、購入を踏みとどまっているケースがまだまだ多いのが現状となっている。

 同社は、今までパソコンを使ってみたいと思っても敬遠していた人に、インターネットからの情報収集やメールでのコミュニケーションなど、パソコンを使った豊かな生活環境を提供するため、パソコンは「むずかしい」という思いを払拭する「FMVらくらくパック」を発売する。

 2008年4月22日に発表した2008年夏モデルのFMVパソコンの本体をベースに、パソコンでやってみたい上位3項目の「インターネット閲覧」「メール」「ハガキ作成」(同社調べ)がすぐに始められる専用の「簡単メニュー」を搭載し、パソコンの開梱・設置からインターネットの接続設定、さらには基本操作のレッスンまでを行う訪問パソコンセットアップサービスや、利用者のやりたいことを支援する専用の電話相談窓口を新設するなどの専用サポートサービスをすべてセットにし提供する。

 機種は、オールインワンデスクトップPC「FMV-DESKPOWER EK/A50」「FMV-DESKPOWER EK/A30」か、オールインワンノートPC「FMV-BIBLO NF/A70」の、2シリーズ3モデルから選択できる。また、無料修理期間を通常の1年保証からさらに2年間延長し、安心の3年保証を提供する。

 画面の文字やアイコンをInternet Explorer 7.0のズーム表示に初期設定し、125%表示の大きいサイズで、見やすさに配慮した。やってみたい上位3項目「インターネット閲覧」「メール」「ハガキ作成」が、かんたんに始められる「簡単メニュー」については、大きい文字や画像付きでわかりやすく説明した専用テキストを標準添付している。

 「専用のサポートサービス」では、注文したパソコンが到着後、スタッフが訪問する。パソコンの開梱から設置、Windowsの初期設定、すぐにパソコンを使えるようにキーボード入力やマウスなどの基本操作レッスンも行う。さらに、FMVらくらくパックと同時に、@nifty回線を申し込みした人への特典として、インターネット接続からメール設定、セキュリティ対策、選べるレッスンまたは代行サービスを行う。めんどうな設定や接続は訪問スタッフが行い、利用者がすぐに快適にパソコンを使えるように支援する。

 また、1年間無料で利用できる購入者専用の電話相談窓口を新設した。シニア層や初心者の利用者にとって、わかりやすくやさしい対応のできる専任スタッフを育成し、利用者が緊張せずに楽な気持ちで相談できる専用窓口を目指していく。

 そのほか、シニアの利用者にとって、好感がもてる表現や見やすいデザインなどにこだわった専用ホームページ(「毎日のページ」「困ったときのページ」「学習のページ」)を新設する。そのほか、月1回のメールマガジンや、パソコンのスキルアップを目指す専用学習サービスなど、さまざまな形で購入後もサポートする。


FMV-DESKPOWER EKシリーズ
写真:FMV-DESKPOWER EKシリーズ


FMV-BIBLO NFシリーズ
写真:FMV-BIBLO NFシリーズ


関連リンク

問い合わせ:購入相談窓口
  • 電話:0120-719-242(通話料無料)
  • 受付時間:平日9時〜21時、土・日・祝日9時〜17時


富士通株式会社概要
  • ホームページ:富士通
  • 所在地:東京都千代田区丸の内1-6-1丸の内センタービル
  • 電話:03-3216-3211

関連記事

2008/06/24
シニア向けに最適なPCとサポートサービスのセット商品を発売−富士通、「FMVらくらくパック」−

2006/02/20
IPv6を用い、「在宅ケア支援サービス」の高度化を実証−KDDIと富士通、総務省「IPv6移行実証実験」に参画−

2004/10/12
障害者や高齢者などに適したウェブ・アクセシビリティ支援ツールを発売−富士通、「WebUD」−

2004/09/16
自治体ホームページの利用者に向け、使いやすいウェブサイトの構築を提供−富士通、「ウェブ・ユニバーサルデザイン・ソリューション」−

2004/02/19
視覚障害者などに向けたツール群を無償ダウンロードで提供−富士通、「Fujitsu Accessibility Assistance」−

2003/09/22
障害をもつユーザーへの使いやすさを配慮したWebブラウザーを発売−富士通、「らくらくブラウザ」−

2003/07/24
視覚障害者の人にとっての「ホームページの読みやすさ」を診断するソフトウェアを無償提供開始−富士通、「Web Inspector 2.0」−

2002/02/05
インターネットで要介護者の生活を支援するケア支援システムを発売−富士通、「富士通在宅ケア支援システム/IP」−

2000/10/27
介護業務支援システムをASPで展開−富士通、「WebCare」−

2000/02/17
ケーブルテレビ回線を利用した遠隔在宅介護システム−富士通、双方向高速カラー動画通信が可能に−


ユニバーサルデザイン(情報端末)関連記事

2008/06/24
シニア向けに最適なPCとサポートサービスのセット商品を発売−富士通、「FMVらくらくパック」−

2008/04/23
ユニバーサルデザインに配慮した、ひかり電話専用ホームテレホンを発売−NTT東西、ひかり電話専用ホームテレホン「IPテレホンUD」−

2008/01/16
色弱者に配慮したカラーユニバーサルデザインを支援する24.1型の色覚シミュレーションモニターを発売−ナナオ、「EIZO FlexScan SX2461W-U」−

2007/12/04
肢体不自由者向けキーボード&マウス一体型ヘッド入力デバイスを発売−アクテブライズ、「ノータッチキーボード」−

2007/10/31
ベッドサイド用のアーム式液晶マルチモニターに地上デジタル放送対応の新シリーズを追加−ナナオ、EIZO「FlexView155A(15型)」と「FlexView125A(12.1型)」−

2007/07/25
バリアフリー対応の点字付きCD-Rディスクを発売−三菱化学メディア、点字をディスク表面に印刷−

2007/06/19
高齢者・聴覚障害者に優しい福祉情報システムをリリース−ハーテックと楽笑、「楽笑タイム」バージョン5−

2007/06/13
点字原稿などを立体形状にコピーできる立体コピーシステムを発売−コニカミノルタビジネステクノロジーズ「立体コピーシステム PartnerVision bizhub 360」−

2007/05/14
介護事業での利用を考えた据え置き型のテレビ電話機を発売−NTTドコモ、「かんたんテレビ電話機」−

2006/11/16
自分の手に合わせてサイズ変更可能なユニバーサルデザインの光学式マウスを発売−コクヨS&T、「ユニバーサルデザインマウスJUST ONE(ジャストワン)」−

2006/11/06
身体を動かして機器を操作するのが困難な人々を支援する新技術の原理実験に成功−日立、光トポグラフィを用いたブレイン・マシン・インタフェース−

2006/10/04
カラーユニバーサルデザインを支援する色覚シミュレーションモニターを発売−ナナオ、「EIZO FlexScan L797-U」−

2006/06/13
重度障害者のための意志伝達装置を発売−明電ソフトウエア、「ハートアシスト」−

2006/03/28
銀行として、初の商品パンフレットでのユニバーサルデザインに対応−三井住友銀行、「SPコード」を導入−

2005/11/22
視覚障害者や高齢者が音声で保険の内容を確認できる商品パンフレットを導入−三井住友海上、読み取り装置「スピーチオ」と「SPコード」を保険業界で先駆けて導入−

2005/06/03
障害者・高齢者向け携帯用会話補助装置「トーキングエイド」の軽量・小型版を発売−ナムコ、「トーキングエイドライト」−

2005/04/15
ALS患者向け意志伝達装置「伝の心」貸出機の設置を支援−日立グループ3社がボランティアで支援−

2005/02/22
シニア初心者を対象とした「らくらくパソコン」から春モデルを発売−富士通パーソナルズ、訪問サポートと無料電話サポートをセットに−

2004/11/18
屋外設置に対応しバリアフリー化を実現した情報ターミナルを発売−NECエンジニアリング、「UNIVERSALROBO(ユニバーサルロボ)」−

2004/06/24
初心者や高齢者、指先に障害がある人などに向けたマウス補助具を発売、上級者の疲労軽減にも−アオイ、マスコット付「まうぴぃ」をシリーズに追加−

2004/06/07
シニア向けパソコン「FMVらくらくパソコン」2004夏モデルを発売−富士通パーソナルズ、パソコンと「2回の訪問サポート」「90日間の電話/電子メールサポート」をセットで販売−

2004/04/13
携帯電話等を使い健康維持管理ができるシステムを開発、安否確認にも応用−アニー・デザインオフィス「アニーウォーキングシステム」−

2003/12/09
ユニバーサルデザインの斬新な形状を採用した光学式ワイヤレスマウスを発売−コクヨ、「ザ・フィットマウス<手の匠>」−

2003/12/02
シニア層などに向けたインターネット環境とテレビ電話システムを販売開始−ジェイ・ピイ・エス・エス、「家族と話そう、テレビ電話システム」−

2003/11/11
介護・医療向けの12.1型アーム式液晶マルチモニターを発売−ナナオ、12.1型アーム式液晶マルチモニターFlexView 121A−

2003/11/06
音声読み上げガイド機能を強化した身体障害者向け意志伝達装置を発売−日立製作所、「伝の心」−

2003/10/17
電子メールや電話対応機能を搭載した携帯型意思伝達装置を発売−ナムコ、「トーキングエイドIT」−

2003/05/23
福祉テレビ電話などを使った施設と家庭を繋ぐ意思疎通システムを発売−ハーテック、「楽笑タイム」と「楽笑タイムLite」−

2003/05/08
タブレットPCを用いた障害者/高齢者支援システム分野での共同研究を行うことに同意−日本福祉大学、NEC、マイクロソフト、聴覚障害者受講支援システムなどを研究−

2003/04/02
手話と文字の表示により胃部X線検査の受診を容易に−日立製作所、胃部X線検査用の聴覚障害者向け情報提供システムを開発−

2003/01/24
シニアの声を活かしたオリジナルパソコンを発売−パソコン教室のホーム・コンピューティング・ネットワーク−

2002/11/19
発達障害児向けアセスメントCD-ROMを発売−DIK教育出版、「心の理論課題CD-ROM」−

2002/11/05
音声でテレビやエアコンなどの操作ができる環境制御装置を発売−旭化成テクノシステム「ライフタクト」−

2002/07/02
高齢者福祉施設などのベッドサイド液晶カラーテレビを発売−ナナオ、「FlexView 81A・81AL」−

2002/01/07
病院での療養生活や介護用途のベッドサイド用テレビを発売−ナナオ、院内情報のIT化支援も提供−

2001/12/27
イヤホンサイズの端末から「いま、ここで、欲しい情報が聞こえてくる」−産業技術総合研究所のサイバーアシスト研究センターのグループ−

2001/10/29
シニア向け、インターネットを手軽に楽しめるサービスを開始−NTTコム−

2001/10/10
高齢者向け携帯電話メールサービス「やわらぎ」開始−HAテレコム−

2001/10/04
視覚障害者の自立に貢献する遠隔支援システムを開発−産業技術総合研究所と東京都心身障害者福祉センター−

2001/01/11
聴覚・言語障害者からの通報を受ける電子メール110番が開設−滋賀県警と山形県警に次いで、大阪府警と香川県警−

2000/10/19
高齢者などでも利用可能な「CPコード」応用端末−アイコニックス、光学入力装置の研究開発に着手−

2000/10/05
画面を触覚で伝える体感マウス−ロジクール、「アイフィールマウス」と「アイフィールマウスマン」−

2000/06/21
ノート型パソコンにバリアフリー設計を採用−日本IBM、「シンクパッド」シリーズ−

2000/05/18
ユニバーサルデザイン準拠の統一ブランド「トライポッド」事業を開始−シチズン時計、エース、月星化成、トライポッド・デザイン−

2000/05/15
障害者向け、脳波を検出して端末を操作する入力機器の海外販売を拡充−テクノスジャパン、「マクトス」−

1999/12/03
在宅の重度障害者の自立支援システム−3月まで特別価格で提供




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。