ふくしチャンネル 大人の青汁
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ

男性に人気のL-シトルリン600mg配合「大人の青汁」

最新一週間
ニュース検索
 
▲ 過去1ヶ月の最新
ニュースを検索できます



熟年夫婦「夫は一緒に取り組んでいるつもりでも、妻はそう思っていないことも」

明治安田生活福祉研究所、「熟年夫婦の生活に関する意識調査」結果を発表

2008/08/22(Fri.)

大人の青汁
 株式会社明治安田生活福祉研究所は、全国の50・60歳代の熟年層2,806人を対象に、日常生活、家族との関係、地域や友人との交流、就労、住まい、家計など多岐にわたって意識調査を実施した。

 主な結果として8項目をあげており、「夫は“一緒に”取り組んでいるつもりでも、妻はそう思っていないことも」「コミュニケーションが不十分な夫婦の40%が”老後も一緒に暮らすかどうかわからない”」「資金援助はしないつもりでも、援助するのが親ごころ」「経済的には頼らないけど、介助は頼らざるを得ないかも」「年金生活者の4人に1人が”毎月貯蓄”」「引退後も“家事”の担い手はもっぱら妻?」「”妻との対話”を望む夫、”友人や仲間との交流”を望む妻」「妻は“日常的”で個人的な付き合い、夫はイベントなど“非日常的”で集団の付き合い」というキーフレーズが見えた。

 50歳代前半の30%が、夫婦共通の趣味や一緒に取り組んでいることは「特にない」と回答しているが、年齢層が上になるほどその割合が低下、すなわち夫婦で何かしら一緒に取り組んでいる割合が高まる傾向が見られた。「特にない」人の割合には、50歳代の前半と後半で大きな落差が見られた。多くがまだ現役で働いている50歳代後半の段階で、すでに家庭への回帰が進んでいると見ることができる。

 女性は日常的な″s動で、男性は非日常的な″s動で夫婦一緒≠意識しており、男女間で選択率に差の目立つものを抽出したところ、日常″s動といえる「散歩・ウォーキング」や「ガーデニング・家庭菜園」は、女性のほうが選択率が高い。いっぽう、「国内旅行」や「ドライブ・ツーリング」のように計画を立てて行う非日常″s動は、男性のほうが高かった。

 女性のほうが、夫婦で毎日行っているごく日常的な行動を、「夫婦で一緒に取り組んでいる」と意識する傾向がやや強いと言えそうだ。男女差がもっとも大きいのは「特にない」。この差は、夫は一緒に取り組んでいるつもりでも、妻はそう感じていないケースがあることを表しているといえる。

 生活全般に関する満足度には、夫婦共通の趣味や一緒に取り組んでいることの有無によって大きな差が見られ、共通の趣味や取り組みが「ある」人の場合、男女とも3分の2が満足派=i「満足」と「まあ満足」)で、不満派=i「やや不満」と「不満」)は10%強にすぎない。

 いっぽう、「特にない」人では満足派≠ヘ男女とも半数に満たず、不満派≠ェ「ある」人のほぼ2倍に達した。生活全般の満足度には経済面や健康面、生きがいなどさまざまな要素が影響すると考えられるが、夫婦一緒の取り組みの有無による差がかなり目立つ結果となった。

 「夫婦間のコミュニケーションは十分だと思うか」という質問に対する回答に、夫婦共通の趣味・取り組みがある人とない人とで、際立った違いが見られた。共通の趣味・取り組みが「特にない」人の場合、男性の30%、女性の30%と、5分がコミュニケーション不十分派=i「やや不十分」と「不十分」)。特に女性では、十分派=i「十分」と「まあ十分」)と不十分派≠ェ拮抗するほど不十分派≠ェ目立つ結果となった。

 共通の趣味・取り組みが「ある」人では、男女とも4人中3人が十分派≠ナ、不十分派≠ヘ10%に満たないのと対照的。夫婦間のコミュニケーションは、共通の趣味を持つことや、何かに一緒に取り組むことによって深まっていく可能性が高いといえる。

 老後は「夫婦2人で自宅で暮らす」と回答した人の割合は、コミュニケーション十分派≠ヘ男女とも70%前後。コミュニケーションが不十分なほど割合は低下している。コミュニケーションが「不十分」と回答した人の約40%が、老後の住まいを「未定・わからない」と答えている。

 熟年層は老後の家族構成がある程度想定できる世代にもかかわらず、こうした回答が多いことは、コミュニケーションが不十分な夫婦のなかには、将来夫婦で一緒に暮らしていくことに自信を持てない人もいることが伺える。

 子どものいる熟年夫婦に一般論として、「子どもはいつ頃までに経済的に自立すべきか」を尋ねたところ、どの年齢層でも「就職して収入が安定したとき」と答えた割合が50%前後で最多となっており、これが現在の親の一般的な意識と捉えることができる。逆に言えば、学校を卒業したからといって、必ずしもすぐに自立する必要はないということ。

 年齢層別に見ると、高年齢層ほど「学校を卒業したとき」という早い時期での自立を望む割合が低く、「結婚したとき」の割合が高い。一般論として尋ねた質問ではあるが、自身の子どもの実態を反映した結果と推察される。

 60歳代後半の人は子ども(長子)の90%がすでに経済的に自立している。そこで子どもが実際に自立した時期を尋ねたところ、「就職して収入が安定したとき」と答えた割合は37.9%で、上述の一般論の場合と比べて12.0ポイント低く、それより遅い「結婚したとき」は23.5%と9.3ポイント高くなっている。

 また「まだ経済的に自立していない」という回答も少数ながら存在する。上述の一般論としての自立時期と比べて、実際のほうが遅いことがわかる。なるべく早く自立して欲しいと願うのが親の気持ちであろうが、実際はそうもいかないことが伺える。

 子どもがいる人を対象に、「結婚した子どもに対してどんな時に資金援助をすると思うか(実際に援助を行った場合にはそれも含む)」を尋ねたところ、いずれの選択肢についても、おおむね年齢層が高いほど選択率が高くなる傾向があり、逆に「援助はしないと思う」「わからない」の割合は低下する。

 年齢層が高いほど、実際に資金援助をした人が多いものと推察される。子どもが未婚のケースが多い50歳代では、結婚したあとまでは「資金援助はしない」と考える人が30%弱に達しているが、これらの人も、実際に子どもが資金を必要とした時には援助をする可能性を示唆している。

 援助の内容で割合が高いのは、「孫の入学金など大きな出費」と「住宅購入資金」の2項目。前者のほうがやや割合が高いが、年齢層が高いほど選択率が上昇する点は共通している。実際に孫が生まれたり、子ども世帯が住宅購入を検討している様子をみて、援助してやりたい気持ちになる(あるいは実際に援助をした)ものと考えられる。

 選択率の高かった2項目について、世帯貯蓄残高による違いを見たところ、「孫の入学金など大きな出費」の援助については大きな差は認められないが、「住宅購入資金」は世帯貯蓄残高が「500万円未満」の人は11.4%であるのに対し、「2,000万円以上」の人では40%を超え、顕著な差が見られた。

 「住宅購入資金」についてはまとまった資金が必要なことが多いため、援助する親自身の経済状況に大きな影響を受ける。いっぽう、孫に関する援助は金額的にさほどではないこともあり、あまり影響を受けないことが伺える。

 子どものいる人に対して、子どもから受ける援助について、経済的な援助≠ニ介助≠ノ分けて集計した。「子どもに経済的な援助を期待するか」という質問に対し、「そう思う」「ややそう思う」と答えた人は、7.7%とごく少数。引退後に子どもに養ってもらう≠ニ考える熟年夫婦はほとんどいない。

 いっぽう、「自分が介助の必要な状態になったときに子どもの介助を期待するか」について尋ねたところ、「そう思う」「ややそう思う」と回答した割合が20%を超えた。また「どちらともいえない」の割合が30%を超えている。状況によっては子どもに頼らざるを得ないという気持ちの表れとみられる。

 経済的には自分で何とかできそうだが、介助≠ノついてはどのような状況に陥るか予想できないため、子どもに頼りたい気持ちが生じたり、その気持ちを捨て切れなかったりすることが伺える。

 配偶者が亡くなって1人になった親がいる人に、その親の介助の要否について尋ねたところ、50歳代の30%、60歳代では50%が「介助が必要」と答えた。

 次に介助の要否別に親との住まい方を見ると、介助が不要な場合の住まい人は、「夫の親」と「妻の親」とで明らかな違いが見られる。「夫の親」とは、「同居または二世帯住宅」の割合が最も高く、50歳代で36.1%、60歳代では45.5%。いっぽう「妻の親」は「兄弟姉妹と同居または近居」の割合が最も高く、50歳代で45.3%、60歳代では48.1%となっている。息子が親と同居し、家を継ぐという慣習がまだ残っていることによるものと推察される。

 親の介助が必要になったらという質問に対し、「親は介護施設に入居」が最多で、「夫の親」の場合、介助が不要なときと比較すると、「同居または二世帯住宅」の割合は低下し、50歳代で26.4%、60歳代では23.5%。特に60歳代での選択率の低下が著しく、その分「介護施設等に入居」の割合が44.1%と際立って高くなっている。

 いっぽう「妻の親」の場合には、「同居または二世帯住宅」の割合は不変だが、「兄弟姉妹と同居または近居」の割合が大きく低下し、「介護施設等に入居」の割合が大幅に高まる。親が元気なうちはいいが、介助が必要になると、家庭でケアをすることには限界があると考えていることが伺える。

 男性の有業者(正規と非正規就労者)に、仕事に満足しているかを尋ねたところ、満足派=i「そう思う」と「ややそう思う」)の割合は、50歳代前半は56.3%、60歳代後半では73.0%と、年齢とともに高まっている。

 前項の満足派≠フ人に、仕事に満足している理由を尋ねたところ、「仕事の内容」を挙げる割合は、60歳代のほうが50歳代よりも5ポイントほど高い結果。年齢の高まりとともに「就労時間」を挙げた人が増え、60歳代後半では40%近くにのぼった。その理由として、非正規就労者の割合の増加と、その労働日数が少ないことが挙げられる。

 50歳代前半の有業者のうち非正規就労者は4.8%にすぎないが、60歳代前半では31.0%、同じく後半では62.0%に上昇。そして、非正規就労者の労働日数は「週に5日以上」が50.8%、「週に3、4日」が33.8%と、3人に1人が労働日数の少ない勤務形態であった。

 自由時間を十分確保できることや、体力的に無理なく働けることに満足感を感じる人が多いようだった。なお、「収入」「雇用の安定性」は年齢とともに低下するが、生活費のすべてを就労による所得で賄う必要がなくなることと関係していると推察される。

 満足派≠フ人に、働く主な目的を尋ねたところ、60歳代で大きく低下するのは「生活のため」。公的年金の受給が始まり、生活費のすべてを仕事で得る収入で賄わなくても済むため、収入を得るという目的は相対的に低下したと推察される。

 いっぽう、60歳代になると「健康のため」を筆頭に、「生きがいを得るため」「人との関わりを持つため」「無為に過ごしたくない」の割合が上昇。年金収入を得ながら週に3、4日働き、相応の収入も得て、残りの日は好きなことを十分楽しむ。仕事は健康維持や社会との関わりを持ち続けるのにも有効≠ニ、仕事偏重の50歳代までと様変わりのワークライフバランスの状態にあるのが、60歳代就労男性の一つの典型的なタイプといえる。

 どの程度、定期的に貯蓄を行っているかを尋ねたところ、年齢層別に見ると、50歳代は60%ほどの人が「毎月している」と回答。60歳代は、前半の人の44.6%、後半の人の37.8%が「毎月している」という結果。ちなみに、60歳代後半の就労率(正規と非正規の合計)は23.3%。貯蓄を「毎月している」人の割合(37.8%)はこれを上回る結果だった。引退した人が多い60歳代でも毎月貯蓄をしている人は少なくない。

 60歳代男性で無業の人の貯蓄頻度を見たところ、分析対象の半数弱が「以前はしていたが今はしていない」と回答。いっぽう、「毎月貯蓄」という回答が27.0%。年金生活を送る人の4人に1人は毎月貯蓄をしているという結果だった。

 勤めを引退した60歳代の男女に、睡眠や食事など以外に多くの時間をかけていることを尋ねたところ、男性のトップは「テレビ・ラジオの視聴」で、半数の人が挙げた。「新聞・雑誌」の選択率も40%と高く、男性は家の中でマスメディアとの接触に費やす時間が多いようだった。女性は「家事」がトップで70%弱。「家事」を挙げた男性は10.7%にとどまり、男女差は56.3ポイント。引退後も男性の家事参加率は低く、家事はもっぱら妻に委ねられている家庭が多いことが伺える。

 現在勤めている50歳代の人を対象に、引退後に取り組みたいことを尋ねたところ、男性のほうが女性より高割合で、差が大きな項目は「夫婦の対話」「地域活動への参加・近所づきあい」。いっぽう、女性のほうが高割合の項目は「友人や仲間との交流」「趣味を持つこと」。男女の差を見ると、「夫婦の対話」は男性のほうが12.2ポイント高く、「友人や仲間との交流」は女性のほうが21.6ポイント高い。「妻との対話」を望む夫に対し、「友人や仲間との交流」を望む妻という男女の意識差が見られた。

 男女ともに「健康維持・増進」の割合は70%超と高割合。健康に関しては、熟年世代の男女に共通した関心事であることが伺えた。

 「現在どのような人との交流が多いか」を尋ねたところ、就労率が90%を超える50歳代の男性の場合、約70%の人が「職場の人」を挙げている。しかし、年齢が高まり就労率が低下するとともに、この割合も低下。60歳代後半の男性では25%にとどまった。女性の場合、就労率が男性ほど高くないため、男性ほど顕著ではないが、年齢が高まるにつれて「職場の人」の割合は低下している。

 年齢の高まりとともに「近隣の人」「趣味・スポーツを通じての友人・知人」という主に地域の人との交流割合が高まっている。男性の場合、50歳代前半の人と60歳代後半の人を比べると、「近隣の人」「趣味・スポーツを通じての友人・知人」との交流割合は、60歳代後半の人のほうが約2倍になっている。女性の場合、年齢層による差は男性ほど顕著ではないが、年齢とともに地域の人との交流割合は高まっている。年齢の高まりとともに、交流関係が職域≠ゥら地域≠ノ移っていく様子が伺える。

 年齢の高まり、すなわち就労率が低くなるほど「家への行き来をする」割合が上昇し、近隣や地域の人々との付き合いが深まっている。逆に「ほとんど付き合いがない」の選択率は低下している。年齢の高まりとともに、近隣や地域の人との付き合いが深まっている様子がわかる。

 各年齢層において、女性は「家への行き来をする」割合のほうが「祭りなど地域でのイベントを共にする」を上回っている。逆に、男性は「祭りなど地域でのイベントを共にする」割合のほうが高い。近隣や地域との付き合いとして、妻は隣近所との行き来≠ニいった日常的で個人的な付き合いを意識し、夫は地域の祭り≠ネど非日常的で集団活動への参加を想定する傾向が見られる。

 現在、どのような地域活動に参加しているかを尋ねたところ、多くの項目で、年齢の高まりとともに参加率が上昇している。引退により自由な時間が生まれ、地域活動への参加率が上昇する様子が伺える。各年齢層とも参加率が高いのは「町内会・自治会」活動。

 また、町内会・自治会活動の一環として行われることの多い「祭などの地域行事」「地域の防犯・防災」も上位に挙げられている。参加率の上位項目は、義務的性格を持つ活動だった。スポーツや趣味などのサークル♀動の参加率も60歳代では上位項目となっている。特に「趣味などのサークル」には、女性の3人に1人が参加している。

 「今後、地域のどのような活動に参加したいか」に対する回答を見ると、「参加したいとは思わない」の割合はほぼ1桁台で、地域活動に積極的に参加したい人が多い。特に「趣味などのサークル」活動は男性で30%台、女性は40%台の人が挙げており、現状と比べると50歳代では男女とも25ポイント近く増加している。

 いっぽうで、男性は「町内会・自治会」、女性は「町内会・自治会」「祭などの地域行事」は今後の参加意向の割合のほうが現状より低い。義務的な性格を持ち、相手を自由に選べないことや活動日時が決められていること等が敬遠される一因といえる。

 「自分の知識や技能が活かせるなら分野は問わない」を選択した割合も20%超で少なくなかった。自分が役に立てれば、自分の存在意義を確認できることから、地域活動に積極的な人々が少なからずいることが伺えた。


株式会社明治安田生活福祉研究所概要
関連記事

2008/08/22
熟年夫婦「夫は一緒に取り組んでいるつもりでも、妻はそう思っていないことも」明治安田生活福祉研究所、「熟年夫婦の生活に関する意識調査」結果を発表


高齢者の生活・高齢者世帯調査関連記事

2008/08/22
熟年夫婦「夫は一緒に取り組んでいるつもりでも、妻はそう思っていないことも」明治安田生活福祉研究所、「熟年夫婦の生活に関する意識調査」結果を発表

2008/07/25
お酒を飲む頻度、シニア男性では「ほぼ毎日」が1/3以上−ネットエイジア、「シニア世代におけるお酒の嗜好と実態」−

2008/05/02
シニア女性のテレビ視聴時間は、平日4.3時間、休日5時間−ネットエイジア、「シニア世代におけるテレビ視聴に関する実態調査」−

2008/04/25
シニア層の外食する頻度・内容等を調査「ランチの外食、女性で贅沢感」−ネットエイジア、「シニア世代における外食に関する実態調査」−

2008/03/21
「高齢者も社会の支え手・担い手の側にまわるべき」に88.5%の支持−内閣府、「高齢社会対策に関する特別世論調査」−

2008/02/22
高齢者の心配ごと、約35%が「自分が病気または介護を必要」をあげる−内閣府、「世帯類型に応じた高齢者の生活実態等に関する意識調査」−

2007/12/27
中高年者世代の健康・就業・社会活動についての調査結果を公表−厚生労働省、「第2回中高年者縦断調査(中高年者の生活に関する継続調査)」−

2007/12/14
児童・高齢者虐待の防止策は「身近な地域で見守る仕組みを作る」がトップ−東京都、2006年度東京都福祉保健基礎調査「都民の生活実態と意識」−

2007/05/30
日本の高齢者は1兆8,000億円超の経済貢献をしていることが明らかに−HSBCグループ、21か国の40〜79才を対象にした調査「退職後の生活」を発表−

2007/04/13
児童・高齢者虐待を見聞きした場合「公的機関に連絡する」と答えた人が80%−東京都、2006年度東京都福祉保健基礎調査「都民の生活実態と意識」の結果速報−

2007/04/02
日本・アメリカ・韓国・ドイツ・フランスの高齢者を対象とした生活意識調査の結果−内閣府、「第6回高齢者の生活と意識に関する国際比較調査結果」−

2007/02/26
シニア世代のインターネット利用はレジャー関連で増える見込み−日経リサーチ、「50〜60代のインターネット利用」に関する調査結果を発表−

2007/01/24
高齢者の心配ごとや、家計、健康と福祉などに関する実態・意識を調査−内閣府、「2005年度世帯類型に応じた高齢者の生活実態等に関する意識調査」−

2006/12/27
中高年者の生活に関する継続調査の結果を公表−厚生労働省、「第1回中高年者縦断調査」−

2006/11/22
最後のボーナスの使い道、団塊男性は「旅行」・団塊女性は「貯蓄」−ハートフォード生命、団塊世代を中心にセカンドライフに関する調査結果を発表−

2006/11/15
65歳以上人口は総人口の20%超、75歳以上人口は約10%、国際的にも最高水準に−総務省、「統計からみた国内の高齢者」−

2006/09/20
2007年団塊世代退職市場攻略に向けた調査レポートを発表−電通、「退職後のリアル・ライフII」−

2006/04/28
日本人の5人に3人が「老後の生活は政府に依存せず自助努力で」−HSBCグループ、世界20カ国・地域で実施した「退職後の生活」の意識調査結果を発表−

2006/03/16
団塊世代が重点をおきたい出費は「自分の楽しみや趣味のための出費」−凸版印刷、「団塊世代・シニア世代の情報コミュニケーションに関する調査」結果を発表−

2005/11/28
80%以上が「公的年金だけでは足りない」と不安−マニュライフ生命、「セカンドライフと年金に関する調査」結果を発表−

2005/09/20
シニアが選んだ“理想のシニア”1位は「小泉純一郎」−日本通信教育連盟、「2005年度シニア世代の意識調査」結果−

2005/03/07
中小企業経営者を対象に「退職後の暮らし」などのアンケート調査結果を発表−アクサ生命、「社長さん白書SpecialEdition」−

2004/12/01
50代の人が憧れる、上手に歳を重ねている著名人は「加山雄三」と「森光子」−楽天・インフォシーク、「老後」に関するアンケート調査結果を発表−

2004/09/02
「60歳以上の家出」全体の15.3%−警察庁、「2003年中における家出の概要」−

2004/07/28
ほとんど毎日出かける高齢者は51%−内閣府、「高齢者の地域社会への参加に関する意識調査結果の概要」−

2004/07/23
高齢者世帯は全世帯の15.8%、65歳以上の人のいる世帯は37.7%−厚生労働省、「2003年国民生活基礎調査の概況」−

2003/10/15
最近の高齢者層の消費・貯蓄について発表−三菱総合研究所の経済研究チーム−

2003/08/08
高齢者の一人暮らし、50%が介護状態になることへの不安を持つ−内閣府、「一人暮らし高齢者に関する意識調査」−

2003/07/11
中高年のデジカメ購買ポイントは「重さ」と「大きさ」−マミオン、中高年のデジカメの購入・利用実態調査結果−

2003/06/02
「高齢者世帯」は全世帯の15.6%、718万2千世帯−厚生労働省、「2002年国民生活基礎調査」−

2002/12/11
妻の働きに評価、熟年夫婦の通信簿−シニアコミュニケーション、熟年世代の夫婦関係に関する調査−

2002/10/24
シニア世代に人気「ルーブル美術館・夏目漱石・ビートルズ」−シニアコミュニケーション、文化の日に関するアンケート調査−

2002/10/04
高齢者が使いやすいIT機器の基礎データを研究−経済産業省、「高齢者のIT利用特性データベース構築等基盤設備整備事業に関する調査研究」−

2002/09/11
高齢者世帯は665万4千世帯で全世帯の14.6%、著しい増加傾向−厚生労働省、2001年国民生活基礎調査の概況−

2002/07/05
中高年の商品購入のきっかけは「新聞」−ヒューマンエナジー研究所、「中高年の趣味や関心」−

2002/07/01
女性の単身高齢者、2020年には361万人に−内閣府、「2001年度男女共同参画社会の形成の状況に関する年次報告」−

2002/06/11
老後の生活や介護に必要な金額などをアンケート調査−東京海上火災保険と三井住友海上火災保険が共同実施−

2002/05/31
シニア層がスーパーや駅ビルに求めるもの−C-NEWS/インフォプラントの調査−

2002/05/13
シニア層のモバイルや情報通信機器に関しての研究−マックス・ヴァルト研究所、アンケートデータ集「シニアとモバイル」−

2002/05/10
人口移動率、年齢とともに低下するが75歳以上では上昇傾向に−総務省、「2000年国勢調査人口移動」−

2002/04/18
全国で「60歳からの男の基本料理教室」を開催−ベターホーム協会、同時にシニア男性の料理に対する意識調査結果も公開−

2002/03/15
シニア世代の結婚生活への意識、配偶者は「不可欠」男性60%、女性30%−C-NEWS/インフォプラントの調査−

2002/03/05
10年後のシニアは「デジタル化」「グローバル化」が進展−電通、「団塊の世代の特性分析と10年後の60代シニア像予測」を発表−

2002/01/11
シニアが「特別なとき」に飲むお酒はビール−C-NEWS/インフォプラントの調査−

2001/12/07
高齢者の恋愛「いいことだと思う」80%−C-NEWS/インフォプラントの調査−

2001/08/31
米、伊、独、典などの社会保障情勢をレポート−厚生労働省「2000〜2001年海外情勢報告」−

2001/08/28
高齢者生活の意識を国際比較、日、米、韓など−内閣府「高齢者の生活と意識に関する国際比較調査結果」−

2001/08/24
人気のプレゼントを調査「敬老の日の贈り物」−イーコール、贈り物専門サイトNetDearがアンケート実施−

2001/08/23
シニアのクルマへの意識と生活観を調査−日本自動車工業会「2010年 シニアユーザーとクルマ」−

2001/08/20
アクティブシニアの「ケータイ」所有率は41%−NTTドコモ「アクティブシニアにおける携帯電話調査」−

2001/06/08
高齢者は健康、「高齢者の生活実態」の結果速報−2000年度東京都社会福祉基礎調査−

2001/05/22
全世帯中約7%が独居老人世帯で、そのうち約8割が女性−2000年度国民生活基礎調査の概況−

2000/05/17
2015年の50歳以上の消費支出は127.2兆円に拡大−電通が「シニアマーケット規模将来推計」を発表−

1999/12/27
厚生省が介護サービス世帯調査

1999/07/18
65歳以上の高齢者3世帯に1世帯




HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。