ふくしチャンネル 大人の青汁
ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 http://www.fukushi.com/
HOMEHP検索ニュース検索看護と介護の求人案内サイトマップ

男性に人気のL-シトルリン600mg配合「大人の青汁」

特集
ふくしチャンネルスタッフが
取材にお伺いしました

ふくしチャンネルレポート
第33回国際福祉機器展 H.C.R.2006
第7回西日本国際福祉機器展 PPC2005
第32回国際福祉機器展 H.C.R.2005
排泄のお悩み相談、受け付け中 〜排泄総合サイト「まるナビ」〜
ちょっと待って!そのリフォーム!! 〜住宅改修の前に見直してほしいポイント〜
排泄ケアのトラブル解消 オムツフィッター
介護保険制度改革のポイント
歌を歌って、若さを保ちませんか?
ゲームで遊んで介護予防
第31回国際福祉機器展 H.C.R.2004
料理をお助け! あると便利なキッチングッズ 〜秋の味覚を堪能しながら健康づくり〜
夏バテ解消は「食べること」が一番! 〜おいしく食べて、元気に乗り切ろう〜
車いすがくれるもの 〜もう一度走りたい 犬の世界にも広がるQOL〜
コンパニオンアニマルの世界も高齢化が進行中
DIYでからだもくらしも生き生き!
むつき庵オープン記念セミナー
第5回西日本国際福祉機器展 PPC2003
第30回国際福祉機器展 H.C.R.2003
第1回福祉用具総合セミナー

ふくしチャンネルレポート

ふくしチャンネルレポート
第33回国際福祉機器展 H.C.R.2006
  2006年9月27日〜29日 東京ビッグサイトにて

2006年9月27日から29日の三日間、東京・有明ビックサイトにて第33回国際福祉機器展が開催されました。
国内554社・海外16ヵ国78社と今年も多数の企業が参加。延べ約13万人の方が来場されたそうです。
今年は、従来から使われている機器の中でも、特に珍しい工夫がされていて注目されていた製品をご紹介します。


移動方向の制約をしない手摺『ジュピター』
移動方向の制約をしない手摺
『ジュピター』

実演による商品紹介の時間には、特に混雑していた(株)ホクメイのブース。

そこで紹介されていたのがこベストポジションバーシリーズの『ジュピター』という手摺。ハンドルのような形をしたこの手摺は、ベッドサイドに取り付けることを想定して作られたものだそうです。

円形なので、好きな方向から握れ、そのままベッドサイドの簡易トイレ等に向きを変えて移動することが可能。抱きかかえるような体勢での使用も可能なので、しっかりと体を支えることができます。

また、天井と床に軸となるバーを突っ張らせることで好きな場所に固定ができ、手摺の取り付け高さも自由に変えられるそう。寝ている状態(側臥位)からの立ち上がりにも対応できます。

他にも、H型・跳ね上げ式等、設置場所や使用目的に応じたタイプが用意されているので、組み合わせて使用することで家庭内の殆どの動作をサポートしてくれます。


電力不要のパワーアシストドア『AIDoor』
電力不要のパワーアシストドア
『AIDoor』

「実際に触って動かしてみてください」と案内され、ドアの軽さにびっくり。手で10cmほど扉を開けると、あとはすーっと自動的にドアは全開。

社員全員が福祉住環境コーディネーターの資格取得者という(株)アイスリー。商品の特徴もとてもわかり易く説明したいただきました。

この『AIDoor』は、少しの力を加えるだけで引き戸の開閉が可能になる補助装置。閉める場合も同様に、少し閉めれば後は自動でゆっくりと静かに閉まります。

新設の扉だけでなく、既存の扉にも取り付け可能だそう。

床レールがないので車椅子使用の方やお年寄りにも使い易く、また、開閉補助装置では世界初の電力不要。人にも地球にも優しい商品です。


ユニークな形の介護用トイレ『ラップポン』
ユニークな形の介護用トイレ
『ラップポン』

新デザインのポータブルトイレ『ラップポン』を発表して注目されていた、日本セイフティー(株)のブース。今までに見たことないようなたデザイン性の高いポータブルトイレに、みな興味深々。

出展されていたのは、たまごをイメージしたという有機的な形の『オーブ(右)』と、バレリーナを連想させるような優雅な動きのある形の『プリマ(左)』。

『オーブ』は樹脂製でポップな色使い。『プリマ』は木製で高級感があり、使用する人や場所にあわせて選べるデザインでした。

従来通り、ワンプッシュで排泄物をラップで完全密閉し臭いを漏らさないという機能も兼ね備えています。


出展者セミナー『排泄用品の特徴と選び方のポイント』
出展者セミナー
『排泄用品の特徴と
選び方のポイント』

ふくしチャンネルも運営に関わっている【排泄総合サイト】まるnaviは、今回初出展。
また、『排泄用品の特徴と選び方のポイント』というテーマにて、出展者セミナーも開催しました。

サイト発起人でもある排泄総合研究所(むつき庵)の浜田きよ子先生に、“排泄障害が生じた際、症状を把握した上でどのように適切な用品を活用・選択していくべきか”について、オムツを用いた実演を交えながら分かりやすくお話いただきました。

福祉用品専門相談員、介護従事者の方を中心に多くの方にご参加いただき、立ち見が出るほどの盛況ぶりでした。


従来製品が、機能向上だけでなくデザイン性の進歩も加わり、年々身近になり続けている福祉機器。
来年はもっと、親しみやすい、生活空間に馴染みやすい製品が生まれてくるのではないでしょうか。

次回の開催予定は2007年10月3日(水)〜5日(金)ということです。


HOME広告掲載プレスリリース各種登録方法リンクの貼り方個人情報保護方針お問合せ このページの上部へ
「ふくしチャンネル」−福祉と介護の総合サイト−
copyright(C)1998-2011 株式会社 ウイッツジャパン
掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
[an error occurred while processing this directive]